Staff Diary

  • 2009.05.07 えがお。
  • 2009.05.07
    えがお。

    2009年05月07日

    えがお。

    ワタナベだす。

    福岡、大阪を終え、四国。

    そして来週は、東京。

    ツアーは続く。ちゃっちゃかと。

    福岡の2日目終了後、メンバー・スタッフ全員集まっての食事会が開かれました。

    ツアー中は、メンバーがその場所に泊まっていても、スタッフの誰かが、次の会場の機材準備に追われていたりと、なかなか全員が揃う機会がありません。

    そんな大勢の細かい移動スケジュールを、夢番地のナイスなスタッフ達が、ぱきぱきっと組んで行くわけです。

    新たなファンの方々のために。

    夢番地とは、関西・中国・四国を中心に、数多くのコンサートを取り仕切っている会社です。

    RADWIMPSの所属事務所社長、善木さんが立ち上げた会社です。

    いい名前だから、タイトルに使わせてもらってもいいですか?と、洋次郎が善木さんに伝え、「RADWIMPS4〜おかずのごはん〜」に収録された「夢番地」が生まれました。

    (興味がないかもしれませんが、ワタナベとは、レコード会社でRADWIMPSを担当しているヤツです。)

    「まだ一度も食事会を出来てないから。」と、善木さんの発案で、スタッフ総勢ウン十名が集結。

    「ツアーも、ほぼ3分の1が終わりました。残り20本、よろしくお願いします!」と、塚原マネージャーの挨拶で乾杯。(ホントはもっとカッコいい挨拶でしたが。すんません要約。)

    様々なテーブルをみんなが回りながら、ニコニコと会話をしています。

    笑い声が絶えないテーブル、より良いライブを目指して、仕事の話をしているテーブル。

    お刺身、煮物。鍋、お寿司・・・。

    何度も繰り返される、乾杯と握手。

    笑顔の次に、また笑顔。

    「今まで、いいライブが出来た。今後も良いものにしよう。」の、笑顔連鎖。

    都会で観るオーロラのように、それは美しかったす。

    こうやって、ツアーが続いて行くんだなあ。

    ライブ。LIVE.

    名前のとおり、生き物なんだなあ。

    今更だけどそんな事を思いながら、笑顔のご返杯をしていました。

    初めてRADWIMPSを観る人、初めてのライブがRADWIMPSだと言う人も多いようです。

    体調に気をつけて、むごおおおおっと楽しんでください。

    今回は、観られない!と言う皆様。

    書き込みやなんちゃらパワーに、みんなで元気をもらっています。

    いつかきっと、お会いしましょうね。

    今までも、これからも。

    ものすごおおおく、ありがとー。

    19:03 | Comments(322)

  • 2009.04.28 あめ。
  • 2009.04.28
    あめ。

    2009年04月28日

    あめ。

    ワタナベです。

    メッセも、終わりました。

    凄い雨でした。

    さすが、雨音子。

    関係者受付は寒く、会場内は熱気がばきゅん。

    ヤバかったです。

    笑顔や歓声に、元気をもらいました。

    会場の床が、ぐわんぐわんと揺れていました。

    メンバーも、天井から吊ったスピーカーが揺れていて、驚いたそうです。

    会場外からの、なんちゃらパワーも受け取りました。

    ありがとうございました。

    終演後、もんじゃ焼きを食べに行きました。

    塚原マネージャーの、必殺の味付け&手さばきが、心に染みました。

    焼き方によって、どきゅんどきゅんと味が違うんですね。

    美味しかった。

    お疲れ様でした。

    次は、福岡。

    全31公演の、ちょうど10本目と11本目になります。

    また、カバンをコロコロさせて、向かいます。

    前回のブログで、多くの方にご指摘を頂きました。

    コロコロするトランクは、カートではなく、キャリー。

    キャリーケース、キャリーバック。

    そうそう。

    そうでした。

    カートは、スーパーやデパートで使うやつ?

    重い荷物が、片手ですうううっと動く。

    無重力みたいで、楽しい。

    重力を超えて、俺は野菜売り場の旅をする。

    春は、ホントに野菜が美味しいですね。

    毎日、ニコニコ食べています。

    おっと、いつもの脱線。

    みんな、元気です。

    各地、暖かく迎えてもらって、喜んでいます。

    いつも笑顔で。

    だんけしぇーん。

    15:57 | Comments(485)

  • 2009.04.21 カート?
  • 2009.04.21
    カート?

    2009年04月21日

    カート?

    ワタナベどす。

    ツアー、ばきゅんばきゅんと続いています。

    熱い歓声にこちらも、ばきゅんばきゅんとしています。

    ありがとうございます。

    「バンドの原点を見つめられたアルバムだから、バンドの原点であるライブハウスでやりたい。」

    そんなメンバーの意向で始まったツアー。

    ライブハウスでのRADWIMPSを観ていると、インディーの頃も思い出し、スタッフとしても原点に戻れたような気がします。

    (ツアー中だと言うのに、このあとは、またまたRADWIMPSと関係ない事が続きます。すみません。)

    長旅は、荷物も多くなります。

    そんな時、欠かせないのは、あれです。

    荷物が入るケースにローラーがついていて、コロコロ転がるやつ。

    何て言うんだろう。カートでいいのかな。

    以前、ローラーシューズが欲しい!と書いたりしましたが。

    自分、ローラーのついてるものが、大好きであります!

    ローラーがついてる椅子とか。

    誰かが台車で荷物運んでると、そこに乗ってしまうのであります!

    こほん。

    新潟への移動中、駅で思わず足を止めた出来事がありました。

    オジサンが、両手にカートを持って、歩いていたのです。

    小さめなカートをふたつ。

    歩く時は、交互に手を振りますね。

    それに合わせて、カートが前後していたのです。

    想像してみて下さい。その姿を。

    色がシルバーだった事もあって、「合体ロボ」みたいだったのです。

    カートが前後してなかったら、スターウオーズの「R2D2」みたいだったのです。

    すげえと思った。

    まいりました。

    カートを使った事がある人なら、わかるかもしれないけれど。

    (俺だけかもしれないけれど。)

    右手でカートを引いて歩いていると、右足が良くカートにぶつかります。

    コロコロと気持ち良い流れが、ど、かっかっ。と中断されてしまう。

    この場合の「ど、」は、足にカートがぶつかった音で、「かっかっ」は、カートが横にねじれて引きずられてしまう音ですね。

    ひとつ荷物を転がすだけでも、しょっちゅうこんな苦労をしています。

    それを両手でやるとは、相当な達人とお見受けしました。

    すげえ。

    と言うか、面白すぎる。

    しばらく見とれていました。

    なんで、小さめのカートをふたつ。なんだろう。

    大きめのカートをひとつじゃ、満ち足りなかったのかな。

    もしかして、誰かのカートを預かっているのではと、遠くなるまで見守っていましたが、最後まで「合体ロボ」のままでした。

    気をつけて。

    良い旅を。

    次は、幕張メッセ。

    福岡、大阪を経て、四国に突入します。

    遠くから来る人は、気をつけて良い旅にして下さい。

    背の高い人は、後ろの人が観やすいように、優しくしてあげて下さい。

    体調の悪そうな人がいたら、守ってあげて下さい。

    会場に足を運べない皆様、なんちゃらパワーで応戦して下さい。

    いつも、ありがとうございます。

    感謝です。ほんと感謝です。

    ありがとー。

    16:16 | Comments(242)

  • 2009.04.09 TAXI
  • 2009.04.09
    TAXI

    2009年04月09日

    TAXI

    ワタナベです。

    ツアーが、始まりました。

    札幌、無事終了しました。

    暖かく熱く、迎えてくれて、ありがとうございました。

    メンバー全員、とっても感謝していました。

    そしてそして。

    お客さんではない人も、暖かく迎えてくれたのです。

    (ここから先は、RADWIMPSと関係ない事が続きます。すみません。)

    本番当日、僕はやる事もあって、午前中に会場に入りました。

    ホテルからタクシーに乗って。

    「Zeppまでお願いします。」

    「はい、わかりました。今日はコンサートですか?」

    「はい、そうなんです。」

    「だけど、夜でしょ?やるのは。随分早くから行くんですねえ。」

    「準備がありますからねえ。」

    なんて言いながら、会場へ到着。

    運転手さんが、

    「お待たせしました。頑張って、いいコンサートにしてくださいね!」

    と、チカラ強く送り出してくれました。

    ありがとう。

    ありが10。

    うれしかった。

    運転手さんまでも、応援してくれた。

    料金メーターは、1050円。

    感謝の気持ちを込め、1100円を渡し、「おつりは結構です。」と伝えた。

    (まあ、50円玉を持っていなかった事もあったけれども…。)

    今は、100年に一度と言われる、大不況。

    通貨が順調に流通すれば、経済は活性化する。

    そのために、保有する資産を、バラ巻く俺。

    大勢の幸せのために、自らを投げ打ち、鮮血を流し続ける俺。

    札幌の、いや、北海道全土の経済復興に、大いなる貢献を果たした俺。

    「おつりは結構です。」

    もう一度、言おう。

    「おつりは結構です。」

    「おつりは、結構です。」

    なんて、ゆとりと愛に充ち満ちた言葉なのでしょうか。

    北海道の皆様に、お礼が出来て良かった。

    これから出会う地域の皆様。

    会場に足を運べない皆様。

    いつも、応援や笑顔を届けてくれて、ありがとう。

    ホントに感謝しています。

    元気をもらっています。

    おかげで、頑張れます。

    今後とも、よろしくお願い致します。


    16:45 | Comments(216)

  • 2009.03.31 叫べ
  • 2009.03.31
    叫べ

    2009年03月31日

    叫べ

    ワタナベです。

    ツアーリハーサルが、始まっています。

    それにともない、あれやこれやと準備が続いています。

    6月まで続く、旅。

    いろいろな事があって、素敵な出会いがある。

    楽しみにしています。

    チケットを取れなかった皆様、ごめんなさい。

    チケットを確保した皆様、どんと来い。

    殆どの方が、スタンディングで観る事になると思います。

    体調には、お互い気をつけて。

    背の高い人は、後ろに観えない!と言う感じの人がいたら、ゆずってあげましょうね。

    遠い場所まで行く人たちも、気をつけて。

    誰かがイヤな思いをしないように、願っています。

    4人を観るために、多くの人が動いてくれます。

    なんだか、びっくりです。

    ありがたい事です。

    2年間、音楽を作る事しかしていなかった、RADWIMPS。

    3ヶ月間、音楽を演奏する事に専念するわけです。

    暖かい、ご声援を。

    チケットを取れなかった!動いてるラッドが観たい!と、叫んでいる皆様。

    「おしゃかしゃま」「タユタ」に続き、もう一本ビデオを作りました。

    曲は、「叫べ」です。

     主に登場するのは、「パジャマ」「メガネ」「スーツ」です。

    (なんだ、そりゃ。)

    ツアーが始まる4月6日から、オンエアーされます。

    お楽しみに。

    楽しんでください。

    楽しんでってください。

    いつも、笑顔で。

    愛と勇気とRADWIMPS。

    (もいっかい。なんだ、そりゃ。)

    15:18 | Comments(263)

    • 2006.08.29 滑る?続く?
    • 2006.08.29
      滑る?続く?

      2006年08月29日

      滑る?続く?

      「ういんぷすレポ」や「野田洋次郎日記」が大好評です。
       けれど時には途切れがち。何故なんでしょう。なんで?なんでなのよ。アタシと仕事と、どっちが大事なの?
       どっちも大事なんですが、レコーディング中なんです。ものすご~く集中して、頑張ってるんです。えーーーーーっ!と言う名曲が生まれているんです。
       新曲を待つ間、スタッフが盛り上げてやろうじゃねいか。結構出来るってとこを見せてやろうじぇねいか。(無理かもしれないけど。滑って終わったらごめんなさい。)
       なんつって、このブログを始める事にしたんです。

       こんにちは。東芝でラッドの宣伝を担当しているワタナベです。ラッドが大好きです。美味しいもの食べて、お酒飲んでヘラヘラするのも好きです。
       ヘラヘラしながらお店の試聴機で、インディーの「もしも」を聴いたんです。その後ファーストアルバムも買って。
       そりゃーもう、ビックリしました。「何だ、これは?」と思って。毎日聴いてました。きっと皆さんもそうだと思うんだけれど。
       そんなとこから始まって、ここまで来てしまいました。もう、彼らと出会って4年目に突入しました。(ああ、俺とラッドの美しい4年間を2行で処理してしまった。男は黙って背中で語るもんよ。ふっ。)

       でもまだ語ります。
       我が家の近所には、サンボマスターの山口さんと全く同じ顔したオバサンが住んでいます。たまにすれ違うと、俺は今日もロックンロールしてるだろうかと、緊張します。
       いつか写真を撮りたいのですが、話しかける方法がなくて悩んでいます。どうしたら良いでしょう。

       写真と言えば。ブログにある2枚の写真は、ラッドの会社(有)ボクチン社長・善木さんです。何かの打ち上げで、「どっかのなんかの誰か」が持っていた帽子とメガネをつけたところです。
       シャイな人なので普段はこーゆー事はしません。確か、その場のみんなが持ち回りで装着したはずです。
       ちゃんと2枚連続で撮影されているところがスゴイ。こう言う鋭い技を決めて来るのは、マネージャーの塚ちゃんではないかと思います。(違ったらごめん。彼はいつもしっかりしているので、とても頼りになります。)

       ラッドの周りには、いろいろと素敵な人がいます。そんな人達で、このブログを続けていこうと思います。感想、励ましをお待ちしております。
       すげい長くなりましたが、始まりのご挨拶でございます。ぺこり。

      15:49 | Comments(67)