Staff Diary

  • 2009.05.28 10。
  • 2009.05.28
    10。

    2009年05月28日

    10。

    ワタナベどす。

    まだ気づいていない方のために。

    久々に、WIMP’S REPOが更新されています。

    先に、そちらをどーぞ。

    多くの書き込みを頂いていますが、RADLOCKS! (ラジオ番組:SCHOOL OF LOCK!の中のコーナー)が、無期休講に入りました。

    全国ネットで、メンバーの声を届けられて、嬉しかったです。

    聴いてくれた皆様、ありがとうございました。

    収録は、とても楽しい雰囲気で進んでいきます。

    最初の打ち合わせから、笑い声が絶えません。

    収録が進んで流れが出来てくると、極端に台本が簡素化されていきます。

    「・・・と、楽しい雰囲気で受けて、愉快なフリートーク。」みたいな。

    「台本がフリートークばかりで、手抜きなんじゃないの?(笑)」

    と、メンバーがスタッフをからかうと、

    「うん、いや、うん・・・。信じてるから。」

    なんて言って、また爆笑しています。

    もちろん手抜きではなく、メンバーが喋りやすいように、細かい配慮があるわけですが。

    パーソナリティの校長と教頭をはじめ、番組スタッフとメンバーが、ホントに仲良く楽しい時間を過ごせました。

    ありがとうございました。

    ツアーも、3分の2が終了しました。

    九州、名古屋を経て、京都から中国地区に突入します。

    「初めてウチらのライブを観る人、観るのが最後かもしれない人、そんな人たちにも、RADWIMPSってこんなバンドです。と言えるように、一日のうち22時間を、本番の2時間のために使いたい。」

    と、ツアー前のインタビューで語っていました。

    そんなツアー生活を続け、もう21本のライブが行われました。

    2年間の制作作業を終えて完成した、「アルトコロニーの定理」

    4月6日から始まった「イルトコロニーTOUR 09」も、あと10本。

    いろんなものが終わって行くけれど、どんな方向かわからないけれど、またいろいろ始まって行くんだと思います。

    レコーディングが終わり、ツアーが始まったように。

    昼食を消化し、夕食が恋しくなったように。あれ。

    来てくれた皆様、これから来てくれる皆様、来られないけど応援してくれる皆様。

    感謝しております。

    みんなのおかげで、昨日から今日へ、たすきが繋がっていきます。

    ありがとー。

    17:52 | Comments(220)

  • 2009.05.20 祝。
  • 2009.05.20
    祝。

    2009年05月20日

    祝。

    ワタナベです。

    また楽屋周辺のお話です。

    ツアーが続くと、2〜3週間は家に帰らない時もあります。

    RADWIMPSのメンバーの荷物も、自然と増えていくわけです。

    ステージで使うメンバーの衣装や小物は、機材と一緒にトラックで運ばれ、常に楽屋の前に置かれています。

    タンスくらいの大きさのハードケース。まわりを金属で補強した丈夫なものです。

    (マジックなどで中に人を入れて、剣を刺す箱みたいな。)

    箱の真ん中が縦に割れて、開くと衣装や靴などが出てきます。

    ライブスタッフが、「移動中にでも読んでね。」と差し入れた(?)マンガなども出てきます。

    下半分は引き出しになっていて、それぞれ「野田BOX」「桑原BOX」と紙が貼ってあり、私物も入れられるよう配慮されています。

    前の「春巻き」ツアーでは、味噌汁’SのTシャツやメガネもこのケースに入っていました。

    その時は、一緒にナゾの器具も入っていて、「何だろう?これ。」と思っていたら、ちょうど武田が通りかかってくれました。

    「ねえ武田、これ何?」

    「これは、アタマをマッサージするの。やってあげるよ、ほら。」

    「おおー!気持ちいい!すげー!」

    「でしょー?」

    そこにスタッフが通りかかり、

    「何やってんすか、二人で。」

    「すごいんだよ、これ。こうやるの。」

    「おおー!気持ちいいー!」

    「でしょー?」

    2回目の「でしょー?」は、武田とふたりで、うれしそうな顔で言ってた。

    ああ、間抜けな感じの俺。

    何やってんだ、俺。

    本番前なのに付き合ってくれて、ありがとう、武田。

    優しい人だ。

    もうすぐ、誕生日ですね。

    メンバーと一緒に移動するような、全ての会場に関係するスタッフは、赤いリボンのカードパスを首からさげています。

    カードの表には、「アルトコロニーの定理」のジャケットがあり、その下には「AAA(トリプルエー)」と印刷されています。

    裏には、ツアーの全スケジュールが載っています。

    5月21日 熊本・BATTLE STAGE

    5月23日 長崎・NCC&スタジオ

    と言う具合に。

    その下には、

    5月24日 武田・祐介生誕24周年

    の1行が、高らかに記されています。

    おめでとう。おめでとう。

    出会った頃は、18か19歳だった。

    まだインディーの頃で、ライブが終わると、メンバーがCDやグッズを売ってたりしました。

    千円のタオルを、武田から買ったのを良く覚えています。

    ツアーが終わったら、また遊んでください。(なんだそれ。なんなんだ、おれ。)

    おめでとー。

    20:57 | Comments(359)

  • 2009.05.12 ごはん。
  • 2009.05.12
    ごはん。

    2009年05月12日

    ごはん。

    ワタナベどす。

    こないだ、食事会の話をしたので、その続き。また、食べる話です。

    ライブ当日も、やはりご飯は大切。

    例の(例のって、何よ。)夢番地のスタッフが、楽屋周辺に食事を用意してくれます。

    お弁当だったり、鍋が持ち込まれて温かい料理があったり。

    ゆっくり食べてる暇がない!と言うスタッフのために、おにぎりがおいてある時も。

    トースターだって、あるんだぜ。(エバってどうする。)

    食パンを焼いて、ハムをのせて。マヨやケチャップもお好みで。

    ポットには、コーヒーが。クーラーボックスには、ポカリやコーラが冷えています。

    インスタント味噌汁やお茶を飲みたい人のために、お湯が入ったポットも用意されています。

    その横には、簡単なお菓子、飴。ウエットティッシュ。

    壁には、当日のタイムテーブルや、明日の移動などの連絡事項を書いた紙が貼ってあります。

    (こう書くと、すごく豪華に感じるかもしれませんが。廊下に長テーブルを出して、そこに置いてあるんすけどね。)

    そう言ったものは、セットになって運ばれています。

    連日のツアーで、メンバーやスタッフが疲れないように、「日常」が移動してきて各会場で再現されます。

    楽屋周辺には、そんな気配りや優しさがあり、大げさだけど神聖な空気を感じます。

    土足でドカドカ入り込んではいけないような空気。

    良いライブをするためだけに、準備された空間だからなんでしょうねぇ。

    メンバーも会場入りしてから、「今日のご飯は、何かな。」といろいろチェックを始めています。

    演奏に集中するために、あまり多くは食べられないようですが。

    ちょこちょことつまみながら、打ち合わせをしたりしています。

    ライブ以外の食事では。

    過去の撮影などで、お弁当が用意される時は、圧倒的に「鶏の唐揚げ弁当」が多かったように思えます。

    メンバーのひとりに、「大好物はね、鶏の唐揚げ」と声を大にして訴える人がいるものですから。

    (野田家の鶏のアンかけ。ご馳走になった事がありますが、秒殺の美味しさです。おかずのごはんのスコアブックに、レシピが掲載されています。興味のある方は、作ってみてください。)

    「鶏の唐揚げさえ食べさせておけば、深夜まで撮影してもダイジョブだろう。」的な発想は、正解ですが、人間はそんなにシンプルなものではありませんね。

    最近は、それぞれのスタッフが趣向をこらしてくれていますので、ご心配なく。

    明日からは、Zepp Tokyo.

    九州、名古屋、京都・・・。と、旅は続きます。

    参戦される方は、しっかり食事をとって、体調に気をつけて下さい。

    参戦されない方も、しっかり食事をとって、次に備えて下さいね。

    どちらさまも、引き続き。

    よろしくお願いしますー。

    12:52 | Comments(229)

  • 2009.05.07 えがお。
  • 2009.05.07
    えがお。

    2009年05月07日

    えがお。

    ワタナベだす。

    福岡、大阪を終え、四国。

    そして来週は、東京。

    ツアーは続く。ちゃっちゃかと。

    福岡の2日目終了後、メンバー・スタッフ全員集まっての食事会が開かれました。

    ツアー中は、メンバーがその場所に泊まっていても、スタッフの誰かが、次の会場の機材準備に追われていたりと、なかなか全員が揃う機会がありません。

    そんな大勢の細かい移動スケジュールを、夢番地のナイスなスタッフ達が、ぱきぱきっと組んで行くわけです。

    新たなファンの方々のために。

    夢番地とは、関西・中国・四国を中心に、数多くのコンサートを取り仕切っている会社です。

    RADWIMPSの所属事務所社長、善木さんが立ち上げた会社です。

    いい名前だから、タイトルに使わせてもらってもいいですか?と、洋次郎が善木さんに伝え、「RADWIMPS4〜おかずのごはん〜」に収録された「夢番地」が生まれました。

    (興味がないかもしれませんが、ワタナベとは、レコード会社でRADWIMPSを担当しているヤツです。)

    「まだ一度も食事会を出来てないから。」と、善木さんの発案で、スタッフ総勢ウン十名が集結。

    「ツアーも、ほぼ3分の1が終わりました。残り20本、よろしくお願いします!」と、塚原マネージャーの挨拶で乾杯。(ホントはもっとカッコいい挨拶でしたが。すんません要約。)

    様々なテーブルをみんなが回りながら、ニコニコと会話をしています。

    笑い声が絶えないテーブル、より良いライブを目指して、仕事の話をしているテーブル。

    お刺身、煮物。鍋、お寿司・・・。

    何度も繰り返される、乾杯と握手。

    笑顔の次に、また笑顔。

    「今まで、いいライブが出来た。今後も良いものにしよう。」の、笑顔連鎖。

    都会で観るオーロラのように、それは美しかったす。

    こうやって、ツアーが続いて行くんだなあ。

    ライブ。LIVE.

    名前のとおり、生き物なんだなあ。

    今更だけどそんな事を思いながら、笑顔のご返杯をしていました。

    初めてRADWIMPSを観る人、初めてのライブがRADWIMPSだと言う人も多いようです。

    体調に気をつけて、むごおおおおっと楽しんでください。

    今回は、観られない!と言う皆様。

    書き込みやなんちゃらパワーに、みんなで元気をもらっています。

    いつかきっと、お会いしましょうね。

    今までも、これからも。

    ものすごおおおく、ありがとー。

    19:03 | Comments(322)

  • 2009.04.28 あめ。
  • 2009.04.28
    あめ。

    2009年04月28日

    あめ。

    ワタナベです。

    メッセも、終わりました。

    凄い雨でした。

    さすが、雨音子。

    関係者受付は寒く、会場内は熱気がばきゅん。

    ヤバかったです。

    笑顔や歓声に、元気をもらいました。

    会場の床が、ぐわんぐわんと揺れていました。

    メンバーも、天井から吊ったスピーカーが揺れていて、驚いたそうです。

    会場外からの、なんちゃらパワーも受け取りました。

    ありがとうございました。

    終演後、もんじゃ焼きを食べに行きました。

    塚原マネージャーの、必殺の味付け&手さばきが、心に染みました。

    焼き方によって、どきゅんどきゅんと味が違うんですね。

    美味しかった。

    お疲れ様でした。

    次は、福岡。

    全31公演の、ちょうど10本目と11本目になります。

    また、カバンをコロコロさせて、向かいます。

    前回のブログで、多くの方にご指摘を頂きました。

    コロコロするトランクは、カートではなく、キャリー。

    キャリーケース、キャリーバック。

    そうそう。

    そうでした。

    カートは、スーパーやデパートで使うやつ?

    重い荷物が、片手ですうううっと動く。

    無重力みたいで、楽しい。

    重力を超えて、俺は野菜売り場の旅をする。

    春は、ホントに野菜が美味しいですね。

    毎日、ニコニコ食べています。

    おっと、いつもの脱線。

    みんな、元気です。

    各地、暖かく迎えてもらって、喜んでいます。

    いつも笑顔で。

    だんけしぇーん。

    15:57 | Comments(485)

    お探しのコンテンツを見つけられませんでした。検索をお試しください。

    Search