Staff Diary

  • 2007.03.22 わー。
  • 2007.03.22
    わー。

    2007年03月22日

    わー。

    よほほ。
    ワタナベです。
    ツアー後半戦が始まりました
    札幌から仙台に移動し、ホテルからお届けしています。

    札幌の皆様、熱い声援ありがとうございました。(智史、おめでとー。)
    仙台の皆様、お手柔らかに。
    そしてそして。
    チケットを入手出来なかった方、「ウチの街にも来てよ!」の方、
    申し訳ありません。
    いつかきっと。お会いしたいです。

    札幌のライブを観ながら、ずっと思っていた事があります。
    それはライブ終了後、ジンギスカンを食べるか、刺身系で決めるか。
    もう、どおしようかなあ。まいったなあ。です。
    嘘。

    自分が思春期の時にこんな音楽に出会っていたら、
    もっと素直で良い大人になれたかもなあと思ったわけです。
    皆さんのあまりにピュアな笑顔をみて、そう思いました。
    ラッドのライブに行って、揉みくちゃになって。
    歌って飛び跳ねて。汗だくになって。
    心の洗濯。
    命にエレキサンダー。
    何だそりゃ。

    大人になって出会ったからこそ、スタッフになれて。
    それはそれでとても幸せに思っているけれども。

    ラッドのメンバーは、今出来る事を目一杯やろうと集中しています。
    そんな姿を見て、勇気を貰っています。
    RADWIMPSに関わっている事を、誇りに思えます。

    関わっていると言えば。
    (久々なので、長くなります。)
    誇りに思っているのは僕だけじゃないし、関係者のみんなもラッドが大好きです。
    これまた必要以上に。

    「あー、今回チケット取れなかったー!うー。観たいけど我慢して次頑張る。」
    と、東芝EMIの他セクションの人が言っていたりします。
    社員がツアーグッズを買う列に並んでいるのは、しょっちゅうです。
    何を買おうか、会社では見た事ないような真剣な顔をして並んでいます。

    東芝EMIの皆様。
    一人のファンとして楽しもうとしているのは、とても有り難い事です。
    でもね。でもねったらでもね。
    あなた達は、RADWIMPS所属レコード会社の人間でもあります。
    お客様を優先しましょうね。
    ツアーグッズも、売り切れそうなものは控えましょうね。

    とは言え、そんなみんなが大好きです。
    わー。

    00:53 | Comments(102)

  • 2007.03.05 始まる
  • 2007.03.05
    始まる

    2007年03月05日

    始まる

    いや、ご無沙汰してます。マネージャーつかです。

    いよいよ!始まります、春巻きツアー。あと2週間ある、あと1週間ある、なんて考えてたらあっという間に明日からスタートです。来てくれる人、楽しんでください。来たくても来れなかった人、ごめんなさい。きっと多くの人が来たくても来れなかったという事実を、スタッフもメンバーも忘れずに最高のライブにできればと思ってます。ます。

    なんだかドキドキしてます。寝れっかなあ…。

    01:48 | Comments(105)

  • 2007.02.26 もうすぐ。
  • 2007.02.26
    もうすぐ。

    2007年02月26日

    もうすぐ。

    ワタナベです。
    ご無沙汰してずびばぜん。
    花粉のおかげで、すみませんと言えばせん。
    いつもより余計にボーッとしております。ずび。

    いよいよ”春巻き”ツアーが近づき、ワサワサとしています。
    慌ただしいですが、学園祭の前みたいな切迫感や充実感があります。

    RADWIMPSやライブスタッフは、「充実感どころじゃねー。」かもしれませんが。
    ではなくて、「いやいや、もういつでも行けるよ。へへん。」かもしれませんが。

    約1ヶ月に及ぶツアー。
    それぞれの場所で、素敵な笑顔に出会えるのを楽しみにしています。
    それぞれの場所で、いろいろな花粉を吸い込むのを楽しみにしています。

    ずびびのび。

    19:43 | Comments(84)

  • 2007.02.02 ウインナー完結編。
  • 2007.02.02
    ウインナー完結編。

    2007年02月02日

    ウインナー完結編。

    ウインナーです。
    すみません、これでおしまいですから。

    思いもよらない食べ方をたくさん教えて頂きました。
    それで、ツルっと別の話題に行きにくくなったのです。
    こんな方法があったのかー!と、感激しました。
    人が、知恵が集うって、すげいなあと感じました。

    時間をかけて、トライして行きたいと思います。
    今後、日々精進します。
    未来が、輝きながら待っている気がしてます。
    ありがとうございました。

    色々なコメントを読んでいて、思った事があります。
    ウインナーを受け止める炭水化物についてです。
    調理の仕方によっては、「ごはんもいいけど、パンもいいなあ。」と思えたのです。

    魚はやっぱりご飯。
    パンに合わせるには、フライにしたりで、突然に変異する必要があります。
    アニメの変身ものみたいに、合い言葉を叫んだりして。

    「よおーし、ここで変身だあっ!FREEPA-!!!」

    ちなみに、フリーパーと読みます。
    もちろん、「フィッシュよ、ライスもエエけどパンも頼むで。」の略ですね。

    はあ。
    もうちょっとで終わりますから。

    ウインナーは、そんな変身の必要もなくゆったりと。
    相棒を、ご飯からパンに変化させて行くのだなあ。
    と、思った次第であります。
    勉強になりました。

    さて。
    もうすぐDVD「RADWIMPS4.5」が発売されます。
    とっても、楽しめると思います。
    お楽しみにー。

    20:24 | Comments(99)

  • 2007.01.25 ウインナーふたたび。
  • 2007.01.25
    ウインナーふたたび。

    2007年01月25日

    ウインナーふたたび。

     
    ワタナベです。
    前回のウインナーに関してのたくさんのコメント、興味深く読ませて頂きました。(今回も、RADWIMPSには全く関係の無い文章が続きます。時間やパケ代がもったいないので、戻る方はここでお戻り下さい。もっとしっかりした人間になれるよう、頑張ります。)

    気になったのはねえ、その食べ方ですね。
    醤油をかける。
    マヨネーズをかける。
    マヨネーズと辛子で行く。
    鍋に入れて攻めてみる。
    ケチャップやソースで炒める。
    納豆や大根おろしのコンビプレーでアタックする。
    などなど、様々な食べ方があるものです。

    で、やってみた。
    全部は無理だったけれど。

    醤油は、香ばしい匂いがご飯に良くマッチしました。
    マヨネーズや辛子は、ウインナーの持ち味を見事に引き出していました。
    口に入れると最初マヨネーズの味がして、その中からウインナーの肉汁が浮かび上がってくる感じ。

    おもしれいなあ。もぐもぐ。
    今度は、他の食べ方にも挑戦してみようと思います。

    長いあいだ食べ続けて来たウインナーですが、こんなふうにバリエーションが拡がるとは思っていませんでした。

    おもしれいなあ。

    19:12 | Comments(98)

    お探しのコンテンツを見つけられませんでした。検索をお試しください。

    Search