スタッフダイアリー

2019.04.10
天気の子

2019年04月10日

天気の子

やるんです。また、やるんです。
今まさに、やってるんです。

「君の名は。」から3年。
新海監督最新作全ての音楽を、RADWIMPSが担当する。
「君の名は。」の 公開が2016年で、2017年の後半にはもう、「やるの?またやるの?」と言う空気になっていた。でもまだどこかふわっとしていて、洋次郎と新海監督を、みんなが見守っていたような気がする。誰にも言えないから僕たちスタッフは、「例の件」とか「あの映画の件だけど」と話し合ったりしていた。

本格的に「やる」となって動き出した当初は、不思議な既視感があった。
3年前に身に染み付いて、やっと肌に馴染んだと思ったものが、また最初からぶり返していくような。
「君の名は。」の頃の映画スタッフと会って(みんな素敵な人たちだ)、「お久しぶりです」「また今回も、よろしくお願いします」と、お互い笑顔で。
RADWIMPSと新海監督を結びつけた川村プロデューサーにも会って、映画の構想、規模、展開イメージなどを聞いた。その帰り道、「また始まるんだな」「ついに始まったんだな」と、ブツブツひとりごとを言っていた。そう言いながら、嵐のような日々にゆっくり入って行くのがワクワクと嬉しかった。

久しぶりにお会いした新海監督も、あれだけの反響を巻き起こした後なのに、何も変わっていなくて、全てに誠実に向き合う、以前洋次郎が言っていたとおりに、「誰一人も置いてきぼりにしない」強く優しい人のままだった。
揺るがない意志でプロジェクト全体を牽引して行く姿は、洋次郎にも通じるものを感じる。

「君の名は。」では、曲の歌詞をより良く聴かせるために、映画のセリフがカットされたり、音楽をもっと聴かせたいからと、シーンが予定より引き延ばされたり(アニメでシーンを延ばすのは、大変なことだ)と、ここまでやらないとダメなの?と思ったくらいにジャムセッションのような応酬が続いた。
大きな支持を集めるロックバンドが、1年半以上の時間をかけて映画音楽を作っていたなんて異例なことだと思う。

今回も、一度OKになったものが変更になったり、監督がOKした後に「まだ先にいける」と新たな提案がなされたり。
音楽だけではなく、物語の展開も監督と洋次郎が話し合ったり。
作られたシーンにBGMをつける。と言うようなレベルではない。
このシーンはセリフを無しにして、登場人物の気持ちを音楽で表現したい。など、かつてそうだったように、RADWIMPSと新海監督の壮大なキャッチボールが今も続いている。

2年間に渡って、映画に注ぎ込まれている膨大なエネルギー。
映像に、物語に、音楽に、全てに圧倒される体験。
7月19日全国公開「天気の子」。
奇跡の作品です。

ワタナベ

17:43 | Comments(27)

コメント(27)

  1. ヒキコモヒロリン* | 2019年07月 23日 20:56
    2019.07.23 20:56
    ヒキコモヒロリン*

    観ます!
    楽しみです♪ヽ(´▽`)/

  2. うめ | 2019年04月 16日 20:13
    2019.04.16 20:13
    うめ

    ある日のTwitterでまたやるのかと確信し、二回目はどうなのかと心配しま

    したが、予告をみ観ましたら、もう予告は見たくない。映画館で全部観たい

    聴きたい。映画館で全てを初めて観たいと思いました。

    この私の歳で楽しみが出来ることは貴重なのですが、

    今年の夏は楽しみすぎます。

  3. ハリネズミの九太 | 2019年04月 11日 00:05
    2019.04.11 00:05
    ハリネズミの九太

    LIVEに続く嬉しいお知らせ、ありがとうございます。本当に嬉しいお知らせです。
    もう当分やらないとか言ってたこともあった気がするのに、またやるんですね。本当に、ドMですね。
    どんなものが生み出されてるんでしょう。未確認生物的な、未確認物質的な、未確認音楽が、ワタナベさんの前にはもうあるんですね。いーなぁ。

    そして、何と何を同時にやってるのか…時系列が気になってしまいます。オーケストラとクラシック音楽についてとか、多忙そうな洋次郎とか、喜びの洋次郎とか、クワの楽しそうなパーティタグ付けとか、18祭とか、twitterや、インスタを遡ってしまう。
    作品が公開されるのを楽しみに、洋次郎も、ラッドも、ナベさんも、新海さんも、スタッフさんたちもみ〜んな今日も頑張ってると思いつつ私も日常の多忙を頑張りたいです。
    雨の中で聞いた予告の中の洋次郎のワンフレーズ、痺れました。
    大人になり、なかなかSNSやこういった場で言葉を発しなくなりましたが、いっつもRADが大好きです。
    ほんとにいつも、ありがとうございます。
    お身体に気をつけて頑張ってくださいませ。

  4. N | 2019年04月 10日 23:14
    2019.04.10 23:14
    N

    今年も前半から楽しみが沢山あってとても楽しいです!!!ツアーが終わっても映画が楽しみです♥️
    たくさんの活動をありがとうございます!そしてその都度報告してくださりありがとうございます!

    とても楽しみにしています!

  5. 匿名 | 2019年04月 10日 23:07
    2019.04.10 23:07
    匿名

    君の名は。は確か深海監督がRADWIMPSのピアノの曲を聴いて
    気に入って依頼したと聞きました
    野田洋次郎さんがSNSで呟いていたのでまた、一緒にするのだなと
    楽しみにしてました
    ツアーは一度も行ったことがないのですが、お知らせありがとうございます

  6. ボルボックス | 2019年04月 10日 22:52
    2019.04.10 22:52
    ボルボックス

    楽しみです。
    どんな奇跡を見れるのか、今からわくわくしています。

  7. ふーこ | 2019年04月 10日 22:30
    2019.04.10 22:30
    ふーこ

    楽しみすぎるくらい楽しみ!
    早く夏にならないかな。
    またがんばれる要素をくれてありがとう。
    RADWIMPSもよりよいものに、ってがんばってる。私もがんばる!

  8. 蒼音 | 2019年04月 10日 22:17
    2019.04.10 22:17
    蒼音

    RADはどんどん進んでいきますね。
    楽しみにしています!

  9. おはる | 2019年04月 10日 22:01
    2019.04.10 22:01
    おはる

    ワタナベさま

    今朝のニュースで第一報を観て、
    驚愕!歓喜!期待で大興奮です!

    続いて、オフィシャルサイトから、こうして詳細な顛末を
    聞かせていただいて、もう!もう!我が事のように嬉しいです。

    もちろん制作の大変さは、想像もつきませんが、
    新海監督・RADWIMPSのメンバー・その他大勢のスタッフの皆様方の
    想いが形になり、また心揺さぶられる作品になる事を信じて疑いません。

    夏の公開がとても楽しみです!
    もちろん、ツアーも!
    ありがとうございます!!!

  10. かおりん♪ | 2019年04月 10日 22:00
    2019.04.10 22:00
    かおりん♪

    またRADWIMPSが映画音楽をやってくれる日がこんなに早く来るとは思ってもいませんでした!
    あの時の感動とはまた違うなにかがあるんだろうな!
    映画の公開を楽しみに待ってますね!

コメント投稿

コメントする