Staff Diary

  • 2014.07.23 ありがとう
  • 2014.07.23
    ありがとう

    2014年07月23日

    ありがとう

     

    ワタナベです。

    ツアーが、無事終わりました。

    日本、韓国、台湾、香港、シンガポール。44カ所。

    来てくれた人、来られなかったけど、応援してくれた人、ありがとうございました。

    たくさんの感動を、バンドと皆さんから貰いました。

     

    2月5日、冷たいからっ風が吹く高崎。

    7月20日、強い陽射しに、肌がひりひりする沖縄。

    こんなに、熱狂の中にいた半年はなかった。

     

    沖縄最終日。

    開場前のリハーサルが終わり、スタッフとメンバー全員で、ステージをバックに記念撮影。

    前回のツアーファイナルも、記念撮影をした。

    2011年8月3日 Zepp Sendai. あれから3年がすぎた。

    今回も、忘れられないツアーになった。

     

    最終日のライブで本編が終わり、アンコールの「もしも」が響き渡っている時、善木さん(RADWIMPS所属事務所社長)が僕の横に来て言った。

    最後の曲が終わったら、ステージから降りてくるメンバーを、出迎えよう。

     

    ステージ袖には黒い幕があり、その先にステージ下に続く階段がある。

    アリーナのステージは、かなりの高さがある。

    お客さんがいるアリーナと、ステージを結ぶ階段。

    神聖な場所の、祭壇みたいに見える。

     

    アンコール。

    長いツアーの最後に演奏された曲は、「最大公約数」だった。

    曲が終わって、階段の下で待っていた。

    一番先に降りてきたのは、智史だった。

    見上げると、ステージは光に包まれていて、逆光のために表情は、はっきり見えなかったけれど。

    笑ってるような泣いているような、全て出し切った顔のように見えた。

    次々と降りてくる4人。握手やハグ。

    胸がいっぱいで、「おつかれさま」しか言えなかった。

     

    楽屋へ続く廊下には、ライブスタッフ全員が左右に並び、メンバーに両サイドから拍手。

    メンバーは、そこにいる全員と握手やハグをしていく。

    廊下の両側に並んでいるから、順番に握手していくと、Uターンしてステージに戻って行くようになって、みんなで笑った。

     

    そして、打ち上げ。

    何度でも乾杯しよう。

    RADWIMPSのライブスタッフが、どれだけバンドを愛し、良いライブにするために、どれだけの技術と思いを積み重ねている事か。

    ライブは、バンドと彼らとお客さんで、作り上げられる。

     

    ライブスタッフが、会心の笑顔で笑う。ツアーを振り返っての、思い出話。雪でトラックが遅れたり、いろいろある。

    「あの時は、大変だったな。まいったな。」って。

    終わればみんな、笑い話だ。へへっ。

     

    半年間で行った、全国各地。

    行ったところは全部覚えているものだなあ。と思っていたら、メンバーも同じことを言っていた。

    暖かく迎えてくれて、本当にありがとうございました。

     

    みんな、日常に戻って、元気にしてますか。

    ライブの日を、覚えてますか。

    俺たちは、覚えています。

    そのおかげでまた、何かが始まるんだと思います。

    いつかまた、旅に出る日がくる。

    そのときまで、元気で。

    悲しい事が少ないように、祈っています。

    17:01 | Comments(384)

  • 2014.05.27 アジアツアー
  • 2014.05.27
    アジアツアー

    2014年05月27日

    アジアツアー

     

    ワタナベです。

    とある新人バンドも担当することになり、ご無沙汰しました。

    明日、Ust生中継やるみたいですよ。

     

    元気でしたか。

    RADWIMPSのツアーは順調に進み、いよいよ海外公演がスタート。

    最初は、韓国。

    むこうのファンは、どんな曲が好きなんだろう。と話しているうちに、会場ソールドアウトのニュースが届く。

     

    RADWIMPS初の、海外公演。

    前にも書いたけれど、いつになっても「初めて」がある。

    それで、大変な思いをする。

    いっぽうで、ワクワクしたりもする。

    困難が多いと、それを克服した喜びがある。

    そんなことを、ずっと繰り返してきた。

     

    韓国では、困難と言うより驚きがあった。

    アジアらしく、漢字を並べてみる。

     

    全曲日本語歌詞暗記絶叫大合唱大跳躍熱烈歓迎。

     

    ほんま、びっくりですわ。

    アンコールも、みんなで「もしも」合唱ですわ。

    ずーっと、待っててくれたのが、ビシビシと伝わって来た。

    もちろん日本の会場でも、その気持ちは伝わって来るけれど、海を越えても同じなんだな。

     

    また「初めて」の扉が開いて、台湾~香港~シンガポールへと旅は続く。

    RADWIMPSが来るのを、待ってる人がいる。

    いろいろ準備して、会いにいこう。

     

    韓国のみなさん、今までツアーに来てくれたみなさん、ありがとうございました。

    とてつもない元気を貰いました。

    これからライブに来るみなさん、会えるのを楽しみにしてます。

     

    絶体延命ツアーから3年。

    そのあいだにあった、楽しかったり辛かったり。

    いろーんな感情、全部ひっくるめて、会いましょう。

     

    シャリラリラリラ。

    16:49 | Comments(52)

  • 2014.04.07 新しい旅
  • 2014.04.07
    新しい旅

    2014年04月07日

    新しい旅

     

    ワタナベです。

    2月5日から始まったツアーも、2ヶ月が経った。

    「会心の一撃編」が、青森にて終了。

    観に来てくれたみなさま、ありがとうございました。

     

    4月5日。ツアーは折り返して、「パーフェクトドリーマーズ編」が、雪の舞う札幌からスタート。

    リハーサルの途中、桑に誕生日ケーキをみんなからプレゼント。

    おめでとう。良い一年になりますように。

    ライブでは洋次郎が、「今日は、パーフェクトドリーマーズ編の初日。こうやってまた、新しい旅が始まるんだな。うちらは7月20日まで旅を続けているから、たまには思い出してください。(笑)」とコメント。

     

    4月に入って、入学、入社、引っ越しなど、新しい場所に移った人も多いだろう。

    僕たちも、一緒だ。

    また「よいしょ。」って、新しい旅に出る。

    慣れないことをやるのは、大変だけれども。

    やることにしたのなら、楽しくやろう。

    2~3ヶ月もすれば、結構なじんで来たりするものだ。

    どんなことでも、全ては通り過ぎて行く。

    楽しいことも、いやなことも。

     

    新しい旅。と言えば、ホントに新しい旅に出た、あのバンドもいるな。

    よいしょ。

    よっこいしょ。

     

    新しい旅は、迷うのが当たり前。

    天才的に方向音痴の僕は、常に逆に向かう。

    ツアー先で、ホテルを出てひとりで歩く時は、逆を行かないように慎重に進む。

    「これ、逆じゃないよな?」と、何度も後ろを振り返りながら、不審な状態で歩く。

    かなり暫くしてから、「はっきりと逆に来ている」事を認識し、来た道を戻る。

    とぼとぼ。

     

    生きてる間すべて遠回り すべて大回り

    大回りして、帰ろう。

    それでまた、新しい旅に出よう。

     

    春から旅に出る皆さん、おめでとう。

    良い旅を。

    12:36 | Comments(205)

  • 2014.01.31 その後の会心の一撃
  • 2014.01.31
    その後の会心の一撃

    2014年01月31日

    その後の会心の一撃

    ワタナベです。

    来週から、ツアーが始まる。

    楽しみですね。

     

    前回の日記で、「今年あなたが狙う『会心の一撃』って、どんなですか?」と呼びかけた。

    たくさんの書き込みを貰って、驚いています。ありがとうございました。

    ひとつひとつ読ませてもらっているうちに、ライブで会うみんなの笑顔と重なって、グーッとなった。

    腹ではなく胸が、グーッと。

     

    感謝の気持ちを伝えたくて、送ってくれた「会心の一撃」を、ひとつひとつコピペして、ビデオの上にテロップ処理した。

    最初は長めにメッセージをコピペして、ビデオに載せた。

    そしたら、文字だらけで良く分からなくなってしまった。

    なので、ひとことくらいに切り詰めて、再編集した。

    (最近頂いたコメントは、間に合わなかったものがあります。ごめんなさい。)

     

    みんなの思いが詰まった、「会心の一撃」

    「会心の一撃」神社、みたいになってきたぞ。

    願いよ、かなえ。

    かなえちゃえ。

     

    今年は、ガッツポーズしよう。

    願いがダメになっても、今年はまだ始まったばかり。

    「やったー!」とか「よっしゃー!」とか、叫ぼう。

    そんでもって、ツアーで会おう。

    いろんな感情全部抱えて、めっちゃくちゃの笑顔で会おう。

     

    あと、RADWIMPSなりきりコンテスト。

    (店頭にジャケットを大きくしたフラッグをかけておくので、その前でRADWIMPSになりきって、写真を撮ってみませんか。と言うものです。)

    こちらにもたくさんのご応募、ありがとうございました。

     

    「賞を決めよう。」と、全ての写真をカラープリンターで出力した。

    ずーっと印刷が終わらなくて、周囲に迷惑をかけた。笑

    結局紙切れして、紙補給からの、再プリント。

    印刷した紙を会議室に拡げて、みんなでわあわあ言いながら選んだ。

    嬉しかったです。

    ありがとう。

     

    願いよ、かなえ。

    かなえちゃえ。

     
     

    「会心の一撃」ビデオ

    12:07 | Comments(243)

  • 2014.01.10 会心の一撃
  • 2014.01.10
    会心の一撃

    2014年01月10日

    会心の一撃

     

    ワタナベです。

    遅くなりましたが、新年明けまして、おめでとうございます。

    今年も、よろしくお願いします。

    今年は、あなたの街まで会いに行きます。

    よろしくよろしく、4645お願いします。

     

    RADWIMPS GRAND PRIX 2014 実況生中継

    会心の一撃編 / パーフェクトドリーマーズ編

    楽しみですね。

    楽しみだなあ。

    今年は、良い年になる。

    良い年にしましょう。

     

    昨年も、良い年だったけれども。

    年末の2本のライブ、最後に演奏されたのは「会心の一撃」だった。

    「いい年にしようね、来年!会心の新年にしましょう!」と、洋次郎は叫んだ。

    年が明け、正月。

    「そうだ、俺も会心の新年にするんだ!」と、スマホでドラクエをやってた。

    剣でモンスターを倒しながら、「かいしんのいちげき」をはなっていたのだ。あらあら。

     

    「逆転満塁弾な未来」

    今年、追い込まれた時が来ても、逆転満塁弾を目指そうじゃねいか。

    「会心の一撃」を、たたき込んでやろうじゃねいか。

     

    もうすでに、追い込まれてる人もいるだろう。

    受験生の皆さん、「会心の一撃」のビデオを、1月15日配信でお届けします。

    「お守り」がわりに、スマホに入れて持ってってください。

    スマホ持ってない人は、その日の朝に観て、「会心の一撃」を狙いましょう。

    がんばれ。なんて言わないよ。

    風邪に、気をつけてね。

     

    「延長22回 二死 満塁 3点ビハインド」

    そんな歌詞から、「会心の一撃」のビデオは、野球ドラマとなった。

    最後のシーン、逆転満塁弾を放ったバッターの、ガッツポーズが好きだ。

    そんなふうに、しよう。

    「やったー!」って叫んで、ガッツポーズしよう。

     

    今年目指す、「会心の一撃」

    人によって、いろいろあると思う。

    どんなですか?

    洋次郎がライブで、「ここにいるみんなが幸せな気持ちになって、それを誰か1人に分けたら、倍の人が幸せな気持ちになる。そうやって続けてったら、みんなが幸せになると思う。」って、言った時がある。

     

    新年だし、そんなふうにやってみませんか。

    「会心の一撃」って、どんなものなのか。

    みんなの熱量を、集めてみませんか。

    ダイエット成功でも、何でも。

    今年あなたが狙う「会心の一撃」を、このダイアリーの「コメントする」に書き込んでもらえませんか?

    「CONTACT」から送るのでも、かまいません。

     

    新年の、「会心の一撃」書き初め。

    お待ちしています。

    16:46 | Comments(1306)

    • 2010.10.05 引き締まって。
    • 2010.10.05
      引き締まって。

      2010年10月05日

      引き締まって。

       
      ワタナベです。

      ご無沙汰してすみません!

      セプテンバーも終わり、10月になってしまった。

      天候が不安定です。

      どうしてますか。ダイジョブですか。

       
      RADWIMPSのメンバーは、順調にレコーディングを続けています。

      スゴイ曲が、ボコボコと姿を現しています。

       
      先日、メンバー、スタッフが集まって、打ち合わせが行われました。

      雨が降っていて、ひんやりした午後でした。

      「おはよー。」なんて言いながら、4人がおのおのやってくる。

      みんな、元気です。

      今後の事を、いろいろ相談しました。

       
      スタジオにRADWIMPSがいるのは、当たり前と言うかいつもの事だけど、打ち合わせの場所に4人がいて、紙資料を前に意見を出し合ってたりすると、「こうやって始まって行くんだなあ。」と、気持ちが引き締まる。

      早く皆さんの笑顔が見られるよう、一同歩んでおります。

       
      引き締まるついでに。

      先日ブーツを買いました。

      お店の人に、「これ、ヒモをしっかり結んでくださいね。」と、ギューッと締められた。

      ちょっとキツイくらいにして、時間をかけて革を足に馴染ませて行くそうです。

      心地良く引き締まったブーツで、よちよちと歩いています。

       
      そんなこんなで、年末に向けて、ひたすら引き締まって行こうと思います。

      引きこもってではなく、引き締まっていきます。

       
      引いて、締まる、俺。

      もう、「あ、ごめん!忘れてたー!」なんて、言わねえぜ。

      「忘れてないよ!今やろうと思ってたんだよ!」って、言うぜ。

      13:43 | Comments(571)

    • 2010.08.27 ながさき。
    • 2010.08.27
      ながさき。

      2010年08月27日

      ながさき。

       
      ワタナベです。

       
      長崎スカイジャンボリー、大歓声とたくさんの笑顔で迎えてもらいました。

      ありがとうございました。

      会場には来られなくても、良いライブになるようにと思ってくれた皆様にも、お礼を言いたいです。

      ありがとうございました。

       
      今回のライブは、ステージに現れた4人のジャムセッションから始まり、いきなり「おしゃかしゃま」のイントロが響き渡るオープニング。

      「超たのしい!」と洋次郎が言っていましたが、メンバーもお客さんもホントに楽しそうでした。

       
      RADWIMPSを見つめるたくさんの笑顔には、感動させられます。

      みんながあまりにも、いい顔してるもんだから。

      ライブが始まると僕もファンに戻って、心がぐおおおおっとなるんだけど、振り向くとたくさんの笑顔があって、二重にぐおおおおっとなります。

      前見て、後ろ見て。

      忙しいったらありゃしない。

       
      「あたたかくて、いいお客さんだった!」と、終演後の楽屋も笑顔で溢れていました。

      その夜は、みんなで皿うどんなんかを、おいしくたのしく頂きました。

       
      そんなこんなで、今年の夏フェスも終了。

      メンバーは、長崎から戻った足でスタジオに入っています。

      バンドは、精力的に動いております。

       
      以下は、またまた余談です。

       
      会社に向かう途中、ケータイで話している男の人が、前方から歩いてきた。

      猛暑の中スーツを着て、苦しそうな顔をしている。

      すれ違いざま聞こえたのは、(かなり渋く低い声で。)

       
      「そう、そうなんだよ。シナモンロールが、足りねえんだよお。」

       
      悪いけれど、声の渋さや、顔の押し出しの強さ、ありすぎるカンロクから判断すると、

       
      「そう、そうなんだよ。銃弾が、足りねえんだよお。」

       
      と言う感じだった。

      それで、ふたつ学んだ。

       
      1.見かけで人を判断してはいけない。

      2.いろいろな人が、いろいろな業界で働いているんだなあ。

       
      きっと、お菓子業界の方なのだろう。

      シナモンロールが足りなくて、困っている。売れちゃったんだ。

      夏休みの子供たちが、楽しみにしているかもしれない。補充が間に合えばよいのだが。

       
      子供の頃は、ケーキ屋(パン屋含む。)や花屋で働いている女の人は、みんな素敵で優しい人だ。と言う思い込みがあった。

      ほがらかな笑顔で、いい香りに包まれていて。

      大人になっても残念ながら、その種のお店で働いている方と、親しくした経験がないせいか、今でもそう思ってるところがある。

      いろいろな思い込みを抱えて人は生きていくけれども、実際自分の目や耳で確認すると、また違う景色があるんだろうなあ。

      勉強になりました。

       
      自分の目や耳で。

      RADWIMPSを体感してくださいね。

      もうすぐ9月。

      お身体、ご自愛ください。

      11:07 | Comments(372)

    • 2010.08.16 ふぇす。
    • 2010.08.16
      ふぇす。

      2010年08月16日

      ふぇす。

       
      ワタナベです。

      もの凄い勢いで、ご無沙汰してしまいました。

       
      様々な書き込み、いつも読ませてもらっています。

      そんでもって、元気を貰っています。

       
      暑いから、いろんな助けが必要なんです。

      ひとりきりでは、しのげねぇのが、渡世でやんす。

       
       
      ロックインジャパンフェス、たのしくたのしく終了しました。

      会場内で声援してくれた人、会場にはいなくても、想いを届けてくれた人、ありがとうございました。

       
      メンバーも、とっても楽しんだようです。

       
      ライブ初披露となった「携帯電話」では、桑がアコースティック・ギターを、初めてステージで演奏しました。

      過去、ウクレレなんかはライブでも弾いていたけれど。

       
       
      「ハイパーベンチレイション」も、この日初めて演奏されました。

       
      この曲は、後半にリズムがぐおおおーっと速くなる部分がある。

      機械で速くしてるんじゃなくて、4人が息を合わせて速くしています。

       
      ライブでその辺に、初めて気がついた方々も多かったようです。

      速くなって、もとのテンポにパッと戻る。

       
      観ていてこちらも、ぐおおおーっとなりました。(笑)

       
       
      フェスでは出演者が多いので、「アーティストエリア」などと呼ばれる、楽屋が集まったスペースがある。

      クーラー完備のプレハブ楽屋が立ち並び、アーティストやスタッフが飲食出来る、レストランやバーが設置されています。

       
      そこでは多くのアーティストが、交流してます。

      我々スタッフも、こういう時にしか出会えないような人と、「久しぶり!」と笑顔を交わします。

       
      「おお、ワタナベ、久しぶり。また痩せたんじゃない?元気?」

      「何とかやってます。暑いですねえ。」

      「会社辞めてない?」

      「辞めてないっす。暑いんですからもう。ひい。」

       
      変な挨拶。

      でも、だいたいがこんな感じ。

       
      さて。

      フェスが、もう一本。

      長崎に行きます。

       
      日曜日、17時54分に、RADWIMPSが登場します。

       
      長崎の皆様。よろしく頼みます。

      「観たいのに、長崎にいけない!」と言う皆様。あたたかい応援を待ってます。

       
      どちらの皆様も、夏バテしませんように。

       
      素敵な夏にしてくださいね。

      12:59 | Comments(516)

    • 2010.07.15 たぬき
    • 2010.07.15
      たぬき

      2010年07月15日

      たぬき

      東京は今日、だいぶカラッと晴れました。
      梅雨明けも間もなくですね、皆様お元気ですかー?
       
       
      ここ最近、スタジオでの出来事。

       
      武田が何やらイラストを突然書いてました。みんなそれぞれの作業があるので、そんな武田には目もくれず。武田も熱心にイラストに取りかかります。
       
       
      ふと見たらこんな絵が。

       

      bear.jpg

       
       
      たぬき?
       
      なんか手が怖い!
      そして、なんか吹き出しみたいのもある!
       
       
      満足げに書き終えた武田にかけた言葉はもちろん「祐介、大丈夫?」でした。
      梅雨の湿気は人体にも影響を及ぼすのかとも疑いました。
       
       
       
      そしたら、
       
      「いやいや、これですよ」
       
      と指されたのがこれ↓
       
       

      bear2.jpg

       
       
       
      あー、アライグマだ。
      見本があったんですね。
       
       
      良かった良かった。
       
       
      オチはありませんが、みんな元気でやってます。
       
       
       
       
      "最近洋次郎に「塚さんってミッキーに似てるかも」と言われ、リアクションに困った"塚原
       
       
      PS プーさんじゃなくて良かった…。

      22:25 | Comments(556)

    • 2010.06.25 心配橋。
    • 2010.06.25
      心配橋。

      2010年06月25日

      心配橋。

       
       
      ワタナベです。

       
      前回の日記で、僕以外のスタッフが「俺たちがしっかりしないと、ナベは必ずポカをやるからなー!」と、円陣でも組んでるんじゃないか?と、自虐的に冗談を書きました。

       
      あくまで、冗談のつもりだったのですが。

       
      この言葉の裏には、「発売直前の大事なところで、俺がミスをやるわけがない!だからこそ、あえてこんな冗談を書けるんだ!」と、本人の力強い意志が宿っていたのですが。

       
       
      ホントに、ポカをやってしまいました。

       
       
      メールマガジン(有)ボクチンで、大阪の「心斎橋」を、「心配橋」と書いてしまいました。

       
      配信の途中で、気がつきました。

       
      それでどうしたかと言うと。

       
       
      何事もなかったかのように、修正して配信を続けて貰いました。

       
      大人の手口だなあ。

       
      大人って、やだなあ。とか言いながら。

       
      そのため、一部の方々には、「心配橋」のまま送られています。

       
      修正が間に合わなかった方々から、「心配橋って、ワザと? 面白いからいいけど。」等々のご指摘を頂きました。

       
       
      正直に、お詫び申し上げます。

       

       

       
      大阪が、いや、日本が誇る、心斎橋。

       
      大阪の、いや、日本の魂の源、心斎橋。

       
      その偉大なる心斎橋を、よりによって心配橋と書くとは、なんたる失態でしょう。

       
      大変失礼致しました。

       
      この日記でもご紹介している渋谷のボード、心斎橋OPAに、ポスターにして貼っておきました。

      地下の階段付近です。7月4日までやっています。

       
      これをお知らせしたかったのです。

       
      大阪も遠い!と言う方々にも見て頂こうと、写真を載せておきます。

       
       
      もうすぐ、発売。

       
      大切に大切に、届けに行きますからね。

       

      rad_pos.JPG

      13:08 | Comments(347)

    • 2010.06.17 えんじん。
    • 2010.06.17
      えんじん。

      2010年06月17日

      えんじん。

       

      ワタナベです。

       
      いよいよ発売日が近づき、ビデオのオンエアーが始まりました。

      オフィシャルサイトからも、ご覧頂けます。

       
      楽しんでくれた皆様、たくさんの書き込みありがとうございました。

      読ませてもらいながら、こちらも喜んでいます。

       
      21日から、新たな配信を始められるようになりました。

       
      2曲のビデオと、着ムービー。

      (パソコンには、7月7日配信です。)

       
      そして遂に、「ハイパーベンチレイション」と「やどかり」の、着うた&着うたフル、待ちうた・メロディーコールの配信が始まります。

      同日より、この2曲のラジオオンエアーも始まります。

       
      次回のフリーペーパー(有)ボクチンも、デザインが終わり印刷に入っています。

      配布店等々、決まり次第お知らせします。

       
      発売まで、いよいよ最終コーナー。

      少しでもこの2枚のシングルの良さを知ってもらいたい!と、多くのスタッフが動いています。

       
      店頭で、RADWIMPSの音楽をきちんと届けよう。

      ラジオやビデオのオンエアーで、曲を聴いてもらおう。

      webや配信で、いち早く楽しんでもらおう。

       
      その他たくさんの人たちが、アイディアを出し合って、夜遅くまで奔走しています。

       
      いつもの事だけど、発売が近づくこの時期、そんなみんなを見ていると、なんだか感動します。

       
      僕のいない所で、円陣とか組んでるんじゃないかと思えます。

       
      「いいかー!、俺たちがしっかりしないと、ナベは必ずポカをやるからなー。アイツは、そう言うヤツだ。そんな事になったら、RADWIMPSに申し訳が立たねえ。今日も気合い入れて行くぞー! GO!! ニコガク GO!!」

       
      みたいな。

       
      母ちゃん、父ちゃん。
      どうしてますか。
       
      俺、優しい仲間やファンのみんなに支えられて、何とか生きています。
      いっつも、「ありがとう!」って、思えます。
       
      みたいな。
       
      渋谷のボードですが、今度はバンドロゴを追加しました。

      「渋谷まで、行けない!」と言う方々にも、見て頂きたいので写真アップします。

       

      DVC00291.jpg

      14:13 | Comments(263)

    • 2010.06.04 赤と青。
    • 2010.06.04
      赤と青。

      2010年06月04日

      赤と青。

      ワタナベです。

       
      1日から始まった、着うた®&着うたフル®の配信とラジオオンエアー。

      聴いてくれた皆様、感想を書き込んでくれて、ありがとうございました。

       
      ROCKS TOKYOも、無事終了しました。

      「マニフェスト」が、初演奏されました。

       
      1日は、「マニフェスト」のビデオ撮影。

      エキストラに、多くのご応募を頂きました。

      感謝です。

       
      3日、「携帯電話」のビデオ撮影。

      撮影は、深夜まで及びました。

       
      ビデオのオンエアーは、16日近辺を予定しています。
      詳細が決まったら、オフィシャルサイトでお知らせします。
       
      フリーペーパー(有)ボクチンに関しても、多数の書き込みを頂きました。

      ありがとうございます。

      お店に置くので、営業スタッフと打ち合わせをしながら進めています。

       
      「えっ!そんなにたくさん作るの!」と、驚くほどの部数を作っているのですが、今回も手に入らなかった方々もいたようです。申し訳ありません。

       
      そんな方々に、「今度こそ届け!」と、第2弾を発行します。

      みんな、やる気になっています。

       
      「やる気」と書いて、「自暴自棄」と読みます。

       
      次号は、「おいおい、新聞じゃないんだからさあ・・・。」と言える、驚異の発行部数で応戦します。

       
      「マニフェスト」の、ビデオ撮影レポートをしようかと思っています。

       
      (ひとりでガバーっと持って行く方もいるようで、お店の皆さんも、それぞれ対策を考えてくれているそうです。

      フリーペーパーのコーナーには置かず、問い合わせに応じて、出してくれる所もあるそうです。)

       
      発売日近辺のお届けになります。

      詳細が決まったら、こちらもオフィシャルサイトでお知らせします。

       
       
      もうひとつ、お知らせです。

       
      オフィシャルサイトにある、歌詞が書かれた、赤と青のボード。

      渋谷近辺のビルに、看板にして貼り付けてみました。

       
      いくつかあります。

      発売日の30日まで、やっています。

       
      新たな看板を追加するので、16日から30日が、最も見頃となります。

       
      お近くにお寄りの際は、探してみて下さい。

       

      7d5a7cda7bd8e993.jpg

      16:07 | Comments(255)

    • 2010.05.20 もうすぐ聴いて頂きます。
    • 2010.05.20
      もうすぐ聴いて頂きます。

      2010年05月20日

      もうすぐ聴いて頂きます。

       
      ワタナベです。

       
      またまた突然で驚かれたかもしれませんが。

       
      オフィシャルサイトに、「携帯電話」と「マニフェスト」のボタンをつけました。

      押すと、歌詞の一部が浮かび上がってきます。

       
      いち早く聴いて頂こうと、配信の準備も整いました。

      NEWSに、スケジュールを載せておきます。

       
      メンバーの最新写真やレビューが掲載される雑誌も、MEDIAのコーナーに書いておきます。

       
      久々のフリーペーパー、(有)ボクチンも復活します。

      (配布する店名リストを、現在まとめています。完成したら、NEWSに載せておきます。)

       
      メールマガジンも喜んで頂いて、こちらも喜んでいます。

      ああ、シアワセレンサ。

       
      発売に向けてやって来た事柄が、ビシバシと出て行きます。

       
      RADWIMPSのメンバーは、曲作りを続けながら、ROCKS TOKYOライブのリハーサルに突入して行きます。

       
      今後もワクワクと、楽しんで下さいね。

       
       
      これから下は、私事です。

      (RADWIMPSに関係ある情報は、出てきません・・・。)

       
      長い間仕事を支えてくれたノートパソコン、黒いMACとサヨウナラをします。

      今後は自宅用として、悠々自適の隠退生活を送ります。

       
      急ぎの仕事が多いときに調子が悪いと、ちゃんとしたPCが欲しくなります。

      今度から、銀色のMACになります。

       
      黒いMAC、その名も「クロマッ君」は、2006年末、私のもとにやって来ました。

      「ソナタと行く冬のツアー」最終公演の12月、Zepp Tokyoで使い始めたのを良く覚えています。

       
      それから約3年に渡り、RADWIMPSの動きを発信してくれました。

      昨年は洋次郎の取材で、インドにまで渡ったものでした。

       
       
      何か購入した時、周囲の人たちに「また買ったの?こないだ買ったばかりじゃん。」と言われるから、自分に言い訳を考える俺。

      自分で自分に「買ってもいいんだよ・・・。」と、囁きたい俺。

       
      クロマッ君は、RADWIMPSのメジャーデビューが、無事に終わった一年の記念に。

      今度のMACは、2枚シングル同時発売を皮切りに、新たなRADWIMPSのストーリーが始まる記念に。

       
       
      うむ。良い言い訳だ。

       
      それともうひとつ。

      言い訳を思いつきました。

       
      悪いのは全て、塚原マネージャーなのです。

       
      そうそう。そうなのです。

       
      いつも打ち合わせの時、銀色のMAC(新しいモデルなんです。)をサッと出すので、「いいなあ、欲しいなあ。」と思っていたのです。

       
       
      小さい子供は、人の持ってるオモチャを欲しがりますね。

      それは、とても重要な感情なのではないでしょうか。

       
      他人にはあって、自分には損なわれている部分を、埋めようとする姿勢。

      その求め続ける努力で、人生をサバイバルする術を学んでいるのではないでしょうか。

       
      デパートのオモチャ売り場で、子供が顔を、涙と鼻水だらけにして、「買ってー!買ってよーーー!うぎーー!」と、絶叫しているのを見た事があると思います。

       
      あの魂の叫びこそが、人間を真に前進させるのではないでしょうか。

       
       
      そう考えると。

       
      人の持っているMACを欲しがる私のどこが、「ガマンの出来ない、困った大人。」なのでしょうか。

       
      私はなぜ、「いくつになっても、新しいモノに飛びついてばかり。」などと、私の人間性を軽んじた発言を聞かされるのでしょうか。

       
       
      ・・・。

       
       
      よし。

       
      買っちゃおう。

       
      うひ。

       
       
      たぶん、「クロマッ君」で更新する最後の日記になると思われます。

       
      ありがとう、クロマッ君。

      よろしく、銀マッ君。

       
       
      失礼しました。

      16:03 | Comments(253)

    • 2010.05.10 メルマガ。
    • 2010.05.10
      メルマガ。

      2010年05月10日

      メルマガ。

       
      どっしゃー。

      ワタナベです。

       
      えらいご無沙汰してしまいました。

       
      突然で驚かれたかと思いますが、メルマガを復活しました。

       
      駄菓子菓子。(by 山口智史)

       
      配信不能で帰って来るメールが、結構あります。

      アドレスを変更された方は、再登録をお願いします。

      新たに登録する際も、アドレスの入力を間違えないようご注意下さい。

       
      発売日までの期間限定で、無料です。

      第2回目の配信は、これからです。

       
       
      新曲、音源部分が完成しました。

      その後、ジャケットを制作したり、新たな写真を撮ったり、トントンカンカンと、シングル2枚の準備が急ピッチで進んでいます。

       
      素晴らしい曲を作ってくれたRADWIMPSや、楽しみにしてくれている皆さんのために、最良の状態で届けたい。

      そのために出来る事は、全部やりたい。

      そんな想いで、関わる全てのスタッフがイキイキと動いています。

       
      僕のMACも、「携帯電話」「マニフェスト」と書かれたファイルで溢れています。

      あっと言う間に、書類だらけになりました。

       
      いろいろ考えたり打ち合わせした事が、どんどん形になっています。

      せっかく完成した音源、いち早く聴いて頂こうと、その用意も進めています。

       
      今後随時、オフィシャルサイトでお知らせしていきますので、もうしばしお待ち下さい。

       
       
      メンバーは4曲を産み落としたあとも、新たな曲作りに着手しています。

      ROCKS TOKYOのライブも、せまって来ました。

       
      連日、バンドは精力的に動いています。

      みんな、元気です。

       
      皆様も、お元気で。

      我々同様、万全の体制で6月30日を迎えて下さい。(笑)

       
      よっしゃー。

      14:26 | Comments(410)

    • 2010.03.31 携帯写真館2
    • 2010.03.31
      携帯写真館2

      2010年03月31日

      携帯写真館2

      080628_2019~010002.jpg

       

      携帯写真館、その2でございます。

       
      さて、これはどんな写真でしょうか?
       
       
      1 武田のような猫
      2 猫のような武田
      3 智史のドラムにお茶をこぼしてしまい、世界一の土下座を披露する武田
      4 ドラムにお茶をこぼしたと同時に洋次郎のギターを倒してしまい、宇宙一の土下座に挑戦する武田
       







       
      正解は腰を伸ばす武田でした。
       
      うん、普通。
       
       
      ニャー☆塚原
       
      ———
       
      追記:最初に投稿した際に重複投稿や一部の環境で写真が表示されないなどの不具合が発生致しました。問題を解消するために、その投稿を削除、再度新規投稿という形を取らざるを得なかったため、投稿していただいたコメントも同様に削除されてしまいました。
      折角コメントを書いていただいた皆様にご迷惑をお掛け致しましたこと、深くお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。今回のようなことがおきないよう、すぐに対応致します。
       
      塚原

      02:52 | Comments(508)