Staff Diary

  • 2015.04.27 ピクニック
  • 2015.04.27
    ピクニック

    2015年04月27日

    ピクニック

     

    ワタナベです。

    またもやご無沙汰しました。

    大阪で店を出す手伝いをしたり、お椀とお箸の打ち合わせしたり、映画をやったり、本を出したり。

    活動が多岐に及んでいる。

    作るパワーが炸裂してるんだと思う。

    炸裂作るパワー!

    さくれつつくるぱわー!とひらがなで書くと、少し痛そうな感じがするが負けない。

     

    やる内容によって、それぞれ使う筋肉が違う。

    いろいろな筋肉を使って、ずーっと何か作っている。

    関節がガギゴギっとなる気がするけれど、楽しい。

     

    そしていよいよ。

    RADWIMPSニューシングル「ピクニック」、6月10日リリース。

    今週末に全ての制作工程が終了し、「ピクニック」はメンバーや我々スタッフのもとを離れた。

    皆さんのもとへ向かうべく、工場での生産が始まった。

     

    映画「トイレのピエタ」主題歌。

    「トイレのピエタとの出会いは、かつてないくらいの尊い体験だった。」と、インタビューで洋次郎が発言している。

    スタッフも含め、みんながそう思っていた。

    大切な仲間が、新しい挑戦をした。

    真摯に向き合って、素晴らしい映画となった。

    胸をはって、観て欲しいと言いたい。

     

    とても節目となる事だったから、皆さんとも分かち合い、丁寧に手渡したかった。

    「すごく大切な出来事があったよ。ずっと忘れないように、これ、持っててくれたらうれしい」

    そんな思いもあって、特殊なブックレットに詰めた。

     

    32ページのアートブックは、ほぼA5(A4の半分)の大きさ。

    映画を観てもらえたら分かるのだけど、「ピクニック」と言う曲は「トイレのピエタ」そのものだ。

    主人公の園田宏は余命3ヶ月の宣告を受け、女子高生・真衣に出会って、かけがえのない時をすごす。

    宏を演じた、野田洋次郎が作った「ピクニック」

    そのエキスを、感じてくれたらと思う。

    ブックには、宏が描いた絵、洋次郎が映画撮影中に撮った写真や手書きメモなどが散りばめられています。

     

    特殊な仕様のため、生産限定品となります。

    確実に入手したい方は、お早めの予約をオススメします。

     

    宏と真衣が出かけた、ひと夏のピクニック。

    映画と歌に、何度でも触れて欲しい。

    感じることが、たくさんたくさんあるはずです。

     

    「余命3ヶ月と言われるのと、余命50年と言われるのと、本質的には変わらない」

    洋次郎がインタビューで語った言葉です。

    「トイレのピエタ」は、全くブレずに一点の曇りもなく、RADWIMPSの本質と結びついている。

    19:52 | Comments(35)

  • 2015.02.13 ライブ音源
  • 2015.02.13
    ライブ音源

    2015年02月13日

    ライブ音源

    ワタナベです。  
    寒いってば。  
    寒いからまた、書いてみる。  
     
    「RADWIMPS GRAND PRIX 2014 実況生中継」ツアー初日の高崎から、もう1年が経った。  
    あの時も、寒かった。  
    ライブハウスの中は、熱気で湯気があがったけれど。  
    寒いときはあの熱さを思い出し、「×と○と君と」のライブ音源で暖まってくれたら嬉しい。  
     
    何故こんな事を書くかと言うと、初回盤を買ったものの、ダウンロードしていない人がまだいるようなのです。  
    テストが終わってから聴こう。と思ってる人もいるんだろうな。  
    でも、ライブ音源のダウンロードには、期限があります。  
    3月2日までで、それ以降はダウンロード出来なくなってしまいます。  
     
    Music Connecting Cardのアプリも、バージョンアップしました。  
    PC経由で音源を移さないで、スマートフォンで直接ダウンロードした場合、曲が変わるごとに一瞬の空白が生まれましたが、バージョンアップ後は途切れない再生が可能になります。  
    アプリをバージョンアップして、今までの音源をいったん削除し入れ直したり、お手間を取らせて申し訳ありませんが、お試しください。  
    詳しくは、Music Connecting Cardのwebにて。NEWSから行けます。  
     
     
    ライブ音源を聴きながら、これを書いている。  
    オープニングの歓声、ミラーボールが踊る「ドリーマーズ・ハイ」、映像がないぶん、次々と場面が浮かんで来る。  
    ライブハウスで、アリーナで。  
    飛び跳ねるメンバー、お客さんの笑顔、レーザービーム。  
    ステージから放たれる、火を噴くようなエネルギー。  
    4人の研ぎ澄まされた集中力。  
     
    RADWIMPSの、新しいライブ体験。  
    初回盤は店頭にあるだけで、残りわずかです。  
    ダウンロードが出来るうちに、是非。  
     
    「会心の一撃」前の、洋次郎のMC.  
    あんなこと、10代の頃に言われたかったな。  
    通学・通勤の途中、何度でも聴いて欲しい作品です。  
     
    受験生のあなたへ。  
    頑張れなんて言わないぞ。  
    カラダ、気をつけて。  
    風邪、ひかないで。  
    スリープタイト。  
    簡単に負けんなよ。

    19:00 | Comments(56)

  • 2015.01.30 RADWIMPS TRAIN
  • 2015.01.30
    RADWIMPS TRAIN

    2015年01月30日

    RADWIMPS TRAIN

    ワタナベです。  
    雪。寒い。  
    一年間で通算何回、ひとりで歩きながら「さみ~」と「あち~」を言っているのだろうか。  
    雪が舞う中、こんなことを思いながら歩いているのは、俺だけだろうか。  
    と、慌ただしく行き交う人を見ていた。  
    遅くなりましたが、今年もよろしくお願い致します。  
    受験生のみなさん、風邪をひかないように。  
      
    この季節はやはり、みんなと会うと受験の話になる。  
    「どうして、一番風邪をひきやすい季節に、試験をやるんだろうね。」  
    洋次郎はいつも、核心をついた事をサラッと言う。  
    ホントだよなあ。と思う。  
    「雪で会場にたどり着けない生徒が出た。」と毎年言っている。  
    風邪をひいたり、雪で遅刻したり、落ち着かないですよね。  
    大切な日なのだから、もう少し穏やかに行けたらいいのになあと思う。  
    新年だもの、穏やかに。  
      
    新年を迎え、レコード会社も組織異動があって、席替えがある。  
    荷物を段ボールにまとめて、新しい机に移る。  
    所持品を整理していると、懐かしいものがたくさん出てくる。  
    もう一度出して眺めたりで、なかなか終わらない。もたもたもた。  
      
    前にも書いたけれども、RADWIMPSがメジャーデビューを発表したライブで、関係者に配った資料もとってある。  
    資料を入れる袋に押す、スタンプまで作った。  
    近所の印鑑屋さんに行き、少し耳が遠いような男性に「RADWIMPSのここ、NじゃなくてMです。スペル間違わないでください。」と、何度も念押しした。(笑)  
    袋が会社の封筒だとカッコ良くないぞと、飲食店用の専門店に行ってまとめ買いした。  
      
    RADWIMPS  
    at YOKOHAMA BLITZ 2005.9.3  
      
    袋にスタンプを押し、「25コ目の染色体」の音源や歌詞、を入れた。  
    この日から始まる、RADWIMPSとの旅を思い、ひたすらワクワクしていた。  
    「かつてなかった、画期的な旅になる。」と言う、強い確信があった。  
    新しい事が始まるんだ。  
    新しい事を始めるんだ。  
    ハイスピードで走る列車にみんなで乗り込み、行けるところまで行くんだ。  
    毎日毎日、ごおおおおおっと、轟音が鳴り響いているようだった。  
      
    そうやって、2015年まで来た。  
    この10年間、たくさんの人に出会い、支えてもらった。  
    これを読んでいるあなたも、その中のひとりだ。  
    本当にありがとうございます。  
    まだまだ、旅は途中。  
    RADWIMPS TRAIN、一緒に飛び乗ってくれたら嬉しいです。  
    今年も。  
    今後とも。  
    よろしくお願いします。 
      
    blitz.jpg

    13:12 | Comments(109)

  • 2014.12.24 クリスマス
  • 2014.12.24
    クリスマス

    2014年12月24日

    クリスマス

     

    メリークリスマス、ワタナベです。

    今年も、あっちゅーまに終わって行く。

    特に今年は早いぞ。

    2月5日、ツアー初日の高崎。

    わあわあやっているうちに、すぐに7月20日。ツアーファイナルの沖縄がやってくる。

    ライブビデオ、ドキュメントの制作作業、映画の上映。

    いろいろあったけれど、どれも面白かった。

     

    面白い、楽しい、と言うのは大切なことで、本人を元気にしてくれる。

    元気な人を見ると、周囲も元気になれる。

     

    小さい頃、父親に言われたことがある。

    「お前、勉強キライだろ?でも、漫画読んだりゲームするのは、大好きだろ?」

    「うん。」

    「勉強は1分でも早くやめたいけど、漫画は、寝ないで読んでいたいだろ?」

    「うん、うんうん。」

    「日曜日に、勉強はしたくないけど、ゲームなら一日中やっていたいだろ?」

    「うん、うんうん!(何か買ってくれるのかと思い、子犬のようにうなずいている)」

     

    「もし、漫画やゲームを仕事にしたら、あいつは寝ないで、休日も返上して仕事と向き合っている。なんて熱心なヤツなんだ。と誉められる。逆にキライな勉強を仕事にしたら、あいつは1分でも早く仕事をやめようとして、サボる事しか考えてない。と言われる。好きなことをやっているヤツは、それが苦じゃないから、いつまでも夢中で働ける。そんなヤツには、かなわないんだ。」

     

    とても、わかりやすい話だった。

    遊びに、仕事の概念を持ち込む。と言う発想が、小学生にはなかったからだ。

    それで小さい頃から、自分が仕事にするほど好きなモノは何だろう。と、意識するようになった。

    子供の頃は、オモチャ、漫画、ケーキ。

    (どうして、オモチャ屋やケーキ屋の息子に生まれなかったのかと、頭をかかえて運命を呪っていた。)

    だんだん好きなモノが増えて行き、最終的に仕事にしたいくらい好きなモノは、音楽、写真、花火に絞られた。(ただの、お祭り野郎?)

     

    そして現在幸せな事に、音楽の仕事についている。

    もっと有り難い事に、世界一好きなバンドのスタッフになっている。

    もちろん、趣味には、休日にゆっくり楽しく向き合いたい。と言う人も、たくさんいる。

    好きなことが仕事になると、楽しい事ばかりではない。と言う意見も正しい。

     

    でも僕は、好きな仕事やバンドに出会えて、良かったと思っている。

    作品と向き合って、すげえ、すげえぞ!と言いながら、ワクワクしてみんなに届ける。

    それは素敵な体験で、そんなことをやっている間に、もう10年が過ぎた。

    10年と言えば大変な時間だけれど、一瞬の出来事だった。

    慣れすぎないように、甘えないように、来年も一生懸命やります。

     

    我々は、年末恒例の忘年会をやって、今年もおしまいとなります。

    一年間、本当にありがとうございました。

    ツアーやCDショップで出会った笑顔、忘れてません。

     

    良いクリスマスを。

    良いお年を。

    良いケーキを。良いショートとチョコを。

    良いお雑煮を。

    来年も、よろしくお願いします。

    16:48 | Comments(81)

  • 2014.12.02 映画、いいですね
  • 2014.12.02
    映画、いいですね

    2014年12月02日

    映画、いいですね

     

    ワタナベです。

    やっと、「RADWIMPS Live & Document 2014 ×と○と君と」 をお届けできる。

    「絶体延命ツアー」が終わったのは、2011年8月。

    そこから始まった、「×と○と罪と」~「×と○と君と」までの長い旅も、遂に完結。

     

    ドキュメント「4X4」を公開した映画館、テアトル新宿ではトークライブも開催。

    来られなかった皆さんのために、トークの模様はテキストにして、後日「4X4」オフィシャルサイトにアップします。

     

    今回は、ライブとドキュメントの2本立て。

    2本立てって、楽しいですね。

    昔は、公開してから時間がたった映画は、2本立てロードショーと言って、新作1本分の値段で2本観られた。

    もっと古い映画は、名画座と言われる劇場で、800円くらいで3本観られた。

    名画座は今、2本で1300円くらいだろうか。

     

    10代後半の頃、ひたすら名画座にいた時期があった。

    3本観ると、6~7時間になる。座りっぱなしでお尻も痛くなるし、食事もとりにくい。

    それでも毎日ひとりで、東京中の名画座を駆け回っていた。

    3本立ては、友人を誘うには結構過酷な環境だったし、ひとりの方が気楽だった。

     

    映画を3本観て外に出ると、外はすっかり暗くなっている。

    長時間、光と情報の放射を浴び続けて、ボワっとした頭が心地良かった。

    帰り道、駅に戻る途中で、お店にフラッと入って、肉じゃがとか食べていた。

     

    毎日通っていたのは、今思えば、ある種の中毒だったのではと思う。

    映画館に入って上映が始まり、周囲が暗くなるのが大好きだった。

    ひんやりと、しんみりと、安心した。

    チケットを買って劇場に入り、暗くなって、外界から遮断されて安心する。

     

    追われている犯人みたいですね。

    現実逃避の日々だったのかな。

    邦画やハリウッド、ドイツやフランスの映画、新作、大昔の映画、何でも観まくった。

    もの凄い数の映画を観て、コップの水がこぼれるみたいに、ある日ピタっと、映画館に行かなくても大丈夫になった。

    何があったかは、良く覚えていないけれど。

    たくさんあった、自由な時間を費やした、とても素敵な経験だった。

     

    10代後半の、毎日名画座に通っていた頃、テアトル新宿にも良く行った。

    そんな場所で、トークショーをやるとは思いませんでした。

    人生、何があるか分かりませんね。

    長生きしましょうね。

     

    今回のLIMITED EDITIONとなると、ライブ音源付きで、3本立てになる。

    ライブ音源ダウンロードの際は、「ご注意」を良く読んでください。

    なるべく分かりやすく、ここにも書いておきます。

     

    PCをお持ちの方は、「ミュージックコネクティングアプリ」をインストールする必要はありません。

    PCから、コネクティングカードのサイトにアクセス、会員登録(無料)後、ナンバーを入力して音源をPCにダウンロード、その後(スマートフォン他の)ミュージックプレイヤーに音源を取り込む。のが、一番スムーズです。

    あわてず、ゆっくりやってみて下さい。

     

    全てに、心を込めて作りました。

    何度でも楽しんで貰えたら、こんなにうれしい事はありません。

    19:16 | Comments(81)

    • 2011.11.11 絶体延命
    • 2011.11.11
      絶体延命

      2011年11月11日

      絶体延命

       

       

      ワタナベです。

      LIVE Blu-ray&DVD「絶体延命」の発売が決まりました。

      お待たせ、お待たせしました。

       

      「DVDを出して!」と言うコメントを、たくさん貰った。

      準備を進めて行く過程で、とても励みになった。

      喜んでくれるだろうなあって。

      早く伝えたくて、ウズウズしてましたよ。

       

      ここで少しご説明。

      Blu-rayとDVD、それぞれに完全生産限定盤と通常盤があります。

      4種類を、一挙に発売します。

       

      限定盤には、116ページものフォトブックが付属。

      ツアー中のオフショットも、たくさん入っています。

      通常盤にも、限定盤とは違う内容の16ページのフォトブックが付いています。

      映像の内容は、4種類共通です。

       

      「限定盤を欲しかったのに、手に入らなかった!」と言う方々が出ないよう、こちらも考えました。

       

      11月末日までに予約をすれば、確実に限定盤を入手出来るようになっています。

      どこかのお店で特典があったりはしないので、お近くのお店で大丈夫。

       

      メンバーが命を削るように作った作品が、「もうどこに行ってもない!」と言われると悲しい気持ちになる。

      是非この事は、友達にもお伝えくださいませ。

       

      本日から予約出来るように、準備してあります。

       

      今回は、5.1chのサラウンドでも楽しめます。

      スタジオで試写を観ていたら、ホールにいるような錯覚を起こした。

      どんどん引き込まれていって、曲が終わるごとに拍手しそうになった。

      あれまあ。

       

      オフィシャルサイト(PC)に、新たな映像を追加しました。

      ライブのオープニングシーンです。

       

      「あれ?観た時はこんなの、なかったぞ!」と思った皆様。

      大きな会場では持ち込める機材が、ライブハウスには入り切らなくて、演出が違っています。

      そのぶん、近くでメンバーを観られた。と言う事で、ご容赦ください。

       

      スタッフが言うのも変だけれど。

      今回の映像を観て、大ファンのひとりとして言わせてもらうと。

       

      「凄いバンドになったなあ。ぐおおおおお。」

       

      是非、ご覧頂きたいです。

      胸を張りまくって、お届けします。

      1月11日に向かって、「ずおおおおお。」っと働きます。

      今後とも、よろしく。

      絶体延命。

      12:00 | Comments(893)

    • 2011.10.19 神社。
    • 2011.10.19
      神社。

      2011年10月19日

      神社。

       

      ワタナベです。

      野田洋次郎が表紙を飾る雑誌、パピルスの作業が進んでいます。

      前回の表紙号では、インドに行きました。

      もう2年前になります。

       
      この経緯もいろいろあって、最初はアンコールワットでインタビューをしたい。とオファーを貰ったのがきっかけだった。

      曲を作っていたりでその時は実現せず、「イルトコロニー TOUR 09」終了後に、今度はインド取材のオファーを貰った。

       
      アンコールワットにしても、インドにしても、「聖なる場所で、撮影とインタビューをしたい。」と言う意図が編集部にあった。

      今回もその続き。ではないけれど、神社に行ってきましたよ。

       
      インドに行ったチームがまたもや集結。

      日野編集長、篠原副編集長、カメラマンの澁谷さん、野田洋次郎、塚原マネージャー、ワタナベの計6名。

      それに加え今回は、所属事務所社長の善木さんも参加。

       
      インドの思い出話なんかをしながら、電車を降りてレンタカーで移動。

      すぐに仕事はせず、まずは昼食に向かいます。

      水のきれいな土地の、美味しいお蕎麦。

      野菜やキノコの天ぷら。

      サンキューサンキュー、ありがとう。

       
      幸せが充満したところで、神社に向かって山を登り始める。

      歩いていると猿がいたり、すごく大きな木があったりで、洋次郎は小さい頃住んでいたテネシーを思い出した様子。

       
      頂上の神社に着いてお参りをしたあと、みんなでおみくじ。

      善木さんが大吉、他は全員が吉。

      善木さん、言葉少なに笑っているけれど、めちゃくちゃうれしそう。

       
      撮影終了後、宿へ。

      山の中で冷えたカラダを温泉で暖め、夕食後にインタビュー。

       
      「絶体絶命」と「絶体延命」の間に起きてしまった、東日本大震災。

      それをどう受け止め、どうあるべきと感じているか。

      インタビューを聞いていて、「絶体絶命」と「絶体延命」をやりきった洋次郎だからこそ、獲得できた「視点」があるんだろうなあと思いました。

      是非読んで頂きたいです。

       
      10月28日発売号をもって、パピルスは誌面をリニューアルします。

      インドに行った時は、写真がたくさん掲載されましたが、今回は表紙と中面の2枚になります。

      どちらも素晴らしい写真ですので、お楽しみに。

      16:27 | Comments(376)

    • 2011.09.13 石巻
    • 2011.09.13
      石巻

      2011年09月13日

      石巻

       

      ワタナベです。

      ご無沙汰してしまいました。

      特に新しい情報もないけれど、書いてみます。

       
      3月11日から半年が過ぎ、地震だけではなく、台風の被害も出てしまった。

      心よりお見舞い申し上げます。

       
      絶体延命ツアーのファイナルを終えた翌日、8月4日。

      ツアーに大きく影を落とした震災を見届けておこうと、ひとりでバスに乗り石巻に向かった。

       
      「見届けよう」なんて、自分が被災してないから言える事で、苦労されている方々には失礼かと、行くかどうか迷いました。それでも、目で見て出来る事を考えたり、被災された多くの方々を絶対に忘れないようにしよう。このまま帰るよりはと、バスに乗った。

       
      駅に着き歩いていると、古着屋さんがあった。

      やっと店を開けられました。と言った内容の張り紙があり、何か買って行こうとドアを開けた。

      津波が来たとは思えないほど、綺麗な店内。

      スウェット素材のジャケットをレジに持っていったら、お店の人が、半額でいいと言う。

       
      「それ、泥にまみれちゃって、何度も洗ったりブリーチしたんですけど、キレイにならなくて。」と笑顔で語る。

      大切に着ます。と買って来たけれど、もとの色はどんなだったか、聞いておけば良かった。いい感じのベージュに見えたのだが。(笑)

       
      何度も洗濯してくれた店員さん、ありがとう。

      胸をはって着るぜ、石巻泥染めスウェット。

       
      途中、湯麺を食べ、商店街へ。

      多くの店の窓に、「ありがとう」とメモが貼ってある。

       
      「自衛隊のみなさん、ボランティアのみなさん、ありがとう。おかげで、生きています。」

      と書いてあって、涙が出た。

       
      CDショップもありました。

      「当店は天井まで浸水しましたが、皆さんのおかげで開店できました。」

      と、 店頭に大きく紙が貼ってある。

       
      店に入ると、ご夫婦(?)らしきお二人が迎えてくれた。

      「ほとんど流されちゃったものだから、(お店に)ないCDがあったら、言ってくださいね。」と、話しかけてくれた。

       
      大変でしたねえ。また始められて良かったですね。なんて会話をした。

      お店が再開して、とってもうれしそうだった。

       
      港に着くと、破壊された自動車が整然と並べられている。

      その周りは全て流されてしまい、家の土台だけが残っていた。

       
      ショックを受けながら、駅への戻り道を歩いていると、向こうから「これ以上、楽しい事はない!」と言うような、爆発的笑い声が聞こえてきた。

       
      高校生らしき女性が3人、ワーワー言いながら自転車で坂を登ってくる。

      制服を着て、スカートの下はジャージだ。

      なんて素敵な顔で笑うんだろう。

      元気が出たし、感動もした。

      人間って、すごい。強いって思えました。

       
      東京への帰り道、いろいろなことを考えた。

      時間はかかっても、きっと復旧していく。

      忘れないで、微力でも自分の出来る事をやっていこうと。

       
      東北新幹線も、大変な努力で復旧したんだなあって思えました。

      今までは、当たり前のように乗っていたけれど。

      震災以降、スイッチをつけると電気がついたり、蛇口ひねると水が出たり、駅に行けば電車が来たりと、そう言う事柄がいかに有り難いか、強く感じるようになりました。

      それを保守するために、多くの人が頑張っている。

       
      RADWIMPSを聴いて、元気を出してくれる人がいる。

      電気や水ではないけれど、スタッフの一員として、また何かをお届けできる日が来たら、全力でやろうって思えました。

      それもさっきの、「微力でも自分の出来る事」のひとつに加えたいと思います。

       
      RADWIMPSの4人は、元気です。

      皆様も、お元気で。

      15:13 | Comments(459)

    • 2011.08.05 絶対延命
    • 2011.08.05
      絶対延命

      2011年08月05日

      絶対延命

       

      ワタナベです。

      絶体延命ツアー、無事終了しました。

       

       
      来てくれた皆さん、ありがとうございました。

      様々な事情で、来られなかった皆さんにも、深く感謝します。

       
      ファイナルの仙台は、何かが降りて来たような、すさまじい演奏となりました。

      きっと、いろいろな人の思いが、集結したんだろう。

      感動しました。

       
      4月に会おうって約束した人たちと、やっと会えた。

      待っててくれて、ありがとう。

      来られなくなった人がいることは、絶対に忘れない。

       
      終演後の楽屋では、握手や笑顔で抱き合って、お互いの健闘を讃え合った。

      「ナベさん、終わっちゃったよー!ステージ、バラしたくないよ。」と言うスタッフも。

      「バラさないでくれよー!」なんて、わけのわかんない事言ったりして。

      組み上げたステージは、もとに戻さないといけません。

       
      4ヶ月に及んだツアー。

      いろんな事がありすぎたけれども、最終日まで完走した。

      高い山の頂上まで、登り切ったんだ。みんなと一緒に。

       
      「絶体絶命」の曲作りが始まったのは、2009年のイルトコロニーツアー終了後。

      年末にインドに行き、2010年は、曲作り~イベント出演~レコーディング。

      今年の元旦、アルバム発売を発表。そして、大震災。

      怒濤のような日々を過ごしているうちに、8月がやってきた。

       
      3年越しのシーズンが、やっとひと区切りだけれども。

      「叫べ」の歌詞みたいに、また「次」への最初の一日となるんだろう。

       
      洋次郎が、ステージで叫んでいた言葉。

      「死ぬまで生きろ。」

       
      生き続けよう。

      逝ってしまった人を、胸に刻んで。

       
      ありがとうございました。

      皆さんのおかげで、素晴らしいツアーとなりました。

      生き延びて、また必ず会いましょう。

      18:06 | Comments(940)

    • 2011.07.25 いとしき。
    • 2011.07.25
      いとしき。

      2011年07月25日

      いとしき。

       

      ワタナベです。

       
      沖縄公演が終わり、明日からは東北ツアー。

      4月から始まった絶体延命ツアーも、残り5公演。

      どの地区のファンも大切だけれども、東北のみんなには、元気になって貰いたい。

       
      がんばれ。なんて言えません。

      全国を廻って貰った元気を、 まとめて届けに行きます。

       
      3月11日。

      交通が止まっていたので、数時間歩いて帰った。

      歩道は人で溢れかえり、車道を多くの人が歩いていた。

      車は、1ミリも動いていなかった。

      電話も繋がらず、何が起こったのか、良くわからなかった。

       
      テレビで東北の様子を観て、愕然とした。

      つい先日、キャンペーンで訪れた仙台。

      あんなに優しい笑顔で迎えてくれた人たちは、どうしているだろうと、心がギシギシした。

       
      すぐに洋次郎が動いて、その日から支援サイト「糸色-itoshiki-」の立ち上げが始まった。

      洋次郎は、ほとんど寝てなかったのではと思う。

      所属事務所社長の善木さんが、口座開設に走ったり、塚原マネージャーが支援物資の受け入れ先を調べたり。

      多くのアーティストが、コメントをよせてくれた。

       
      そして、「糸色-itoshiki-」や各ライブ会場を通じて、多くの方々が募金をしてくれた。

      義援金募集はいったん締め切り、総額を日本赤十字社に寄付します。

      寄付金額は、「糸色-itoshiki-」にアップします。

       
      ご協力、ありがとうございました。

      皆さんの気持ちも、東北に持っていきたいと思います。

       
      「絶体絶命」~「糸色-itoshiki-」~「絶体延命」

      きっと大きな意味があるんだろうと思う。

       
      生き延びよう。

      そしていつか、みんなで笑顔をかわそう。

      握手したり、肩をたたきあったりしよう。

      15:25 | Comments(329)

    • 2011.07.04 ボク
    • 2011.07.04
      ボク

      2011年07月04日

      ボク

       

      ワタナベです。

      Zepp Tokyoも終わり、ライブはあと8本。

       
      5日からは、大阪城ホール。

      歓声が聞こえて来るような気がする。

       
      観に来る人は、チケットを大切に持って来てください。

      なくすなよー。

      忘れるなよー。

       
      ライブは、オープニングから素晴らしいです。

      遅れるなよー。

      友達、待たすなよー。

       
      終演後は、ボクチン号外を配っています。

      (場所によっては、開演前に配る時もあります。)

      貰って帰ってくれよー。

      途中で、捨てるなよー。

       
      ボクチン号外(ただのチラシだけど。)は、来てくれた人に、何かおみやげになるものを配ろう。と、RADWIMPS所属事務所社長、善木さんの発案で始まりました。

      (パソコンでスタッフダイアリーにアクセスすると、善木さんの写真が見られます。)

       
      現在は、ライブの感想を受け取れるように、QRコードを入れています。

      是非、書いてみてください。

       
      「ナベさん、またボクチン作ってくださいね。」と、善木さんから電話を受け、「中身どうしようかなあ。ネタがねえなあ。」と言いながら、作っています。

       
      いつからボクチンが始まったのか、思い出してみた。

       
      2005年9月3日 ツアーファイナル横浜BLITZ.

      「セプテンバーさん」は、ここで初めて演奏された。

      この日、RADWIMPSはメジャーデビューを発表。ライブ終了後、デビュー曲「25コ目の染色体」の着うたを配信した。

       
      この配信を告知するチラシを、終演後に配ったのが、ボクチンの原型だったように思う。

       
      ライブ前日、いよいよデビューだデビューだ。歴史が変わるぞ!と、チラシに入れたQRコードが繋がるかどうか、何度も確認したのを、良く覚えている。

       
      2005.9.3 RADWIMPS@YOKOHAMA BLITZ 

      と書いたスタンプも作った。

      ライブに来てくれたマスコミに配る資料を、袋に入れて、ペタっと押した。

      (スタンプは良き思い出として、大切に保存してあります。)

       
      デビューしてから、店頭にフリーペーパーを配る事になり、名前をボクチンとした。TOWER誌に、ボクチン号外の名前で、連載もしてた。

       
      そんなこんなで、ボクチンは続いています。

      ボクチンは、RADWIMPSが所属する事務所の名前です。

       
      今回の日記、ツアーが始まった頃に書けば良かったな。

      失礼しました。

       
      絶体延命。

      チケットを手にした人も、手に出来なかった人も。

      生き延びて、また観に来てください。

      17:52 | Comments(542)

    • 2011.06.27 むわー。
    • 2011.06.27
      むわー。

      2011年06月27日

      むわー。

       

       
      ワタナベです。

      絶体延命ツアー、残すはあと10本。

      Zepp Tokyo、大阪城ホール、沖縄コンベンションセンターを経由し、東北公演に突入。

      待っててね。

       
      チケットが入手できなかった皆さまに向け、7月もライブレポートがあります。

      7月15日発売のMUSICAでは、横浜アリーナと長野CLUB JUNK BOXの模様をレポート。

       
      初公演となった長野は、ライブハウス。まさに熱気がドン。

      湯気が立ちこめる、あつあつの内容となりました。

      ライブレポート用カメラの、レンズが曇って大変だったようです。

       
      お客さんが飛び跳ねると、こたつの布団を開けたような熱風が、むわーっと天井を這ってくる。

      床下からも、湿気を帯びた熱気が、むわむわーっと立ちのぼり、カラダにまとわりつく。

       
      うあー。すげー。

      と思っていると、ステージの洋次郎が、「暑いね!」と言いながら、ガンガンお客さんを煽る。

      みんなが夢中で汗を飛び散らかし、笑顔でいることに感動する。

       
       
      ツアーは移動先に、いつも熱狂がある。

      熱狂に突き動かされて、移動しているみたいだ。

      だから、お客さんの笑顔に、心が震える。

      祝祭的空間の暖かさに、感動する。

       
      長野新幹線に乗って、長野へ向かった。

      登山の準備をしたご年配が、次々と降りて行った。

      リュックサック、登山靴に登山帽。カラフルな水筒。

      お弁当は、おにぎり?

       
      この人達も、感動を求めて移動している。

      きっと、素晴らしい昼食になるんだろう。

      晴れて、良かったですね。

       
      ツアーが終盤になって、寂しいような気もします。

      移動は大変だけれども、それを補って余りある発見がある。

       
      あと、10本。

      これから観に来る方は、良い旅になりますように。

      観られなかった方には、次の旅で、会えますように。

      みんなで、より楽しい場所に移動しましょうね。

      16:19 | Comments(487)

    • 2011.06.13 元気でね。
    • 2011.06.13
      元気でね。

      2011年06月13日

      元気でね。

       

       
      ワタナベです。

      遂に東北公演が発表となりました。

       
      ライブの延期。

      RADWIMPSにとって、初めての事態。

      早く、行きたい。

      早く、行く事を伝えたい。

      みんなでそう思っていました。

       
      「糸色 -itoshiki-」が立ち上がって、被災地の方々からも、多くのコメントを頂きました。

       
      電源がない中、パソコンやipodのバッテリーだけが頼り。

      一日1曲と決めて、暗い中で、RADWIMPSを聴いて元気を出しています。

      なんて言う人もいて、涙が出た。

       
      「絶体延命」の4文字を見ると、僕は、すごく希望を感じます。

      大切なものを、もっともっと大切にして、死ぬまで必死で生きる。

      自分の出来る事を目一杯やって、元気でいる。

       
      元気な人を見ると、元気が出ますよね。

      だから、なるべく元気でいよう。

      伝染する、元気。

      伝染させていきましょう。

       
      そんでもって、毎日毎日、サバイバルを続けよう。

      連日、必死で頑張るのも良いけれど、「今日も一日、無事に終わったー。」って、寝られるだけでもいいんじゃないかと思うのだようじろう。

       
      さて。ここで、例によって脱線します。

      会社のスタッフに、教えてもらったんだけど。

       
      某サイトの「カラオケで歌いにくいアーティストランキング」で、堂々2位にRADWIMPSがランクインしていたそうです。

      1位は、「初音ミク」です。

      彼女(?)は、人間ではないので、人類史上、最も歌いにくい歌を、野田洋次郎がお届けしているみたいです。

       
      皆さんにも、いろいろ苦労をかけているんですね。

      おつかれさまです。

       
       
      4月から始まったツアーは、早くも2ヶ月が経ちました。

      明日から、横浜アリーナ2DAYS.

      いらっしゃる方々は、準備万端整えて。

      来られない方々は、みんなのために、誰かのために、元気を送ってください。

       
      横浜で、待ってます。

      歌とともに、元気を出していきましょう。

       
      東北の皆さま、お待たせしました。

      もうすぐ、会いに行きます。

      それまで、元気で。

      16:48 | Comments(577)

    • 2011.05.17 レポのレポ
    • 2011.05.17
      レポのレポ

      2011年05月17日

      レポのレポ

       

       
      ワタナベです。

      「絶体延命ツアー」、みんな元気に進んでいます。

      16日の福井で、13公演目。

      どこに行っても、暖かく暖かく迎えられています。

      ありがとう。

       
      会場での皆さんの笑顔に、感動させられています。

      待っててくれたんだなあ。って。

      ずっと覚えててくれてたらいいなあ。って。

       
      いろいろな場所に行ったとき、時間があればその街を散歩します。

      その土地ごとの美味しいモノを食べようと、店を探しているのではなく。

      ライブ終わったら、何を食べようかなあ。と、思いを巡らせているのではなく。

       
      ずっとこの街で、RADWIMPSを聴いてくれていた人のことを考えたりする。

      賑やかな街もあれば、シャッターを閉ざした商店街もある。

      そんな時、テレビでみた被災地の映像を思います。

       
      洋次郎達と、インドに行ったことがありました。

      東京に帰ってきて、違和感を感じながらアスファルトの上を歩いていた。

      同じ地球でも、こんなに違うものなのかと。

      どちらも、地球のリアルな姿。

       
      賑やかな街、静かな街、壊れてしまった街。

      そんな場所を、ツアーが巡って行きます。

       
       
      岐阜のライブを、ROCKIN' ON JAPANがレポートする事になりました。

      いつもライブ写真を撮ってくれているカメラマン、古渓(コケイ)さんが会場にやってきます。

       
      リハーサル中に、撮影位置の確認。

      大きな会場だといろいろな場所で撮影出来るけど、小~中規模の会場だと撮影位置が限られてきます。

      特にステージ奥に座っている、ドラマー智史の笑顔もばっちり撮って、ファンの方々に届けたい。

      他の3人は前に出てこられるけれど、智史はなかなかそうもいきません。

      良い場所を探して、会場内をウロウロしながら、あーでもないこーでもない。と打ち合わせ。

       
      「ベストな位置は、あそこです!あそこに昇って撮れませんか?」と古渓さんが指さしたのは、「トイレはこちらから」と書いてある黒い箱。

      会場の中央左側にあるトイレの前に、大きな黒い箱が置かれている。高さは2メートルくらい。天井部分が、1メートル四方ほどあります。

       
      開演中にドアが開くと光が漏れてしまうので、一度箱の中に入ってからトイレに行けるよう、2重扉にするために設置されたのではと思われます。違うかもしれないけれど。

      その箱に昇って主な撮影をこなし、昇り降りして他の場所からも撮ろう。と決定。

       
      会場の脚立を借りられる事になったのですが、大きすぎてその場所に置くと、お客さんの邪魔になりそうです。

      ひとりでも多くの人に、前で観てもらいたい。

      どうやって昇り降りするか考えた末、近所にドン・キホーテがあった!ちょうど良い大きさの脚立を買いに行こう!と、古渓さんと、出かけました。

       
      ところが、家で使うような、2~3段の踏み台くらいの脚立しか売ってなかった。

      むむむー。黒い箱の天井部分のホコリが凄かったので、上に敷くレジャーシートとウエットティッシュを購入。

      これだけでも助かったぜ。ドンキサンキュー。

       
      古渓さんの昇り降りをあきらめ、開演前によじ昇ったまま、そこで最後まで撮影しようと決断。

      アンコールがあった場合、その合間に何とか降りて、また撮ろう。

       
      会場に戻って、脚立なしで降りられるのかを確認。

      僕が下でカメラを受け取れば、どうにか降りられそうです。

      リハを終え、近くにいた武田が、「ここで撮るの?大丈夫?怪我しないでよ。」と心配顔。

      大丈夫やでー。オジちゃんたちも、プロやでー。

       
      そんなこんなで、皆さまに写真をお届けしています。

      ライブのレポートが載る雑誌とwebリストを、アップしておきました。

      是非、ご覧ください。

       
      絶体延命。

      会場に来られる人も、来られない人も。

       
      何があっても、生き延びましょう。

      サバイバルしましょう。

      13:15 | Comments(433)

    • 2011.04.14 はじまり
    • 2011.04.14
      はじまり

      2011年04月14日

      はじまり

       

       
      ワタナベです。

      ご無沙汰していてすみません。

      震災被害に遭われた皆さま、心より心よりお見舞い申し上げます。

      地震が起きて、何も出来ない自分にイラだっていた時、洋次郎から「糸色-itoshiki-」立ち上げの連絡を受け、その作業に没頭できました。

      ツライ時は、出来る事をやるべきなんだ。少しでも。と強く思った次第です。

      「HOPE」を掲げましょう。

      いつかきっと、会いに行きます。

       
      4月12日 19時。

      いよいよ「絶体延命ツアー」が始まりました。

      初日ではなかったはずの、函館。

       
      久々に、ステージに立つ4人からは、とてつもないエネルギーが放射されていました。

      あらゆる音楽性が次々と弾き飛ばされて来て、今まで観たことがない種類のライブ。とも思えました。

       
      夏まで続くツアー。

      今回は、今まで会えてない人たちにも会いに行こう。と、長い移動を経て様々な場所に出かけて行きます。

      チケットを手に出来なかった人たちの分まで、良いライブにしましょう。

       
       
      最後に、クダラナイ話をひとつ。

      先日、ワッツイン編集部とのツアーレポート打ち合わせに遅れそうになり、タクシーに乗っていました。

      料金は、1250円。

       
      「はい、お待たせしました。」

      「ありがとうございます。」と、財布を取り出した。

      千円札を出しながら「千と」と言って、そのあとに250円を出して、「250円」と言おうとした。

       
      「千と」と言ったら、運転手さんも呼応するように、「千と」と言った。

      彼が黙っていたり、「はい。」と言ってたら、そのまま「250円」と、車を降りていたと思う。

       
      「千と」と言って、

      「千と」と返されたので、思わず。

      「ちひろ」と言ってしまった。

       
      「ぐわはははは!あはははは!」と、笑われた。

       
      なんかあの時、俺たち良かったね、運転手さん。

      暖かかったね。

       
      ツライ時代、無理にでも笑顔を分かち合おう。

      「絶体延命ツアー」、よろしくお願いします。

      18:48 | Comments(515)