Staff Diary

  • 2013.10.15 10.16 21:00
  • 2013.10.15
    10.16 21:00

    2013年10月15日

    10.16 21:00

     

     

    ワタナベです。

    ご無沙汰しました。

    10月16日、シングル発売にむけて、準備が続いています。

     

    約1ヶ月前の9月15日。

    野外LIVE「青とメメメ」では、「五月の蝿」ジャケットのステッカーを配布。裏には、Twitterのアドレスを入れた。

    ライブ本番で、「ラストバージン」と「にっぽんぽん」を演奏。

    終演後にTwitterで、「五月の蝿」のストリーミングを発表した。

     

    ステッカーは、

    「普通の紙にしちゃうと、汗や雨で、Twitterアドレスがにじんでもいけないぞ。」

    「あまり大きいと、ポケットや財布に入らず邪魔だぞ。」と、みんなで「ふむ、ふむ。」と考えながら作った。

    新しい3曲を、直接届けたくて。

    「できたよ!」って、手渡したかった。

     

    「五月の蝿 / ラストバージン」、究極のラブソングが2曲。

    それに、味噌汁'sの新曲。

    濃いシングルですわ。

    ぎゅーっとなりますわ。

     

    16日21時、Ustream配信。

    「発売日にUstやったら、みんなが喜んでくれるかもね!」

    「そーだそーだ、やろうやろう!」

    いつもそうだが、最初は勢いだけで始まる。

    その時は軽く考えているのだが、奧に進むといろいろ課題が出て来て、どんどん関係する人(巻き込まれて行く人?)が増えている。

     

    関係者全員揃っての打ち合わせで、「なんだか思わぬ大騒ぎとなりました。その分濃い放送になればと思っています!」

    と挨拶をした。

    その場にいた全員が、「なんだか思わぬ大騒ぎ」で笑った。

    みんな、そう思ってたからなんだろうな。笑

     

    大変だけど、学園祭前夜のようで楽しい。

    RADWIMPSを好きなスタッフが集まって、RADWIMPSを好きなリスナーに、RADWIMPSを届ける。

    そこには、愛しかない。

    楽しくないわけがない。

    純度が高い、コミュニケーション。

    台風も来ているし、本番ではどんなトラブルが起きるかわかりません。

    短い時間ですが、精一杯やります。

     

    RADWIMPSの4人も、シングルをちゃんと届けようと、楽しく正しく準備をしています。

    10.16  21:00、待ってます。

     

    シングルを手にしてくれた人、ありがとう。

    心を込めて、渡します。

    これからも、よろしくお願いしますね。

    18:11 | Comments(223)

  • 2013.08.02 出発
  • 2013.08.02
    出発

    2013年08月02日

    出発

     

     

    ワタナベです。

    8月になりましたが。

    夏休みですか。

    どうですか。どうなのよ。

    たまにはゆっくりしなさいよ。

    近所の中学校では、水を撒きながら、朝から野球部が練習している。

    キラキラしちゃってんのよ。

     

    来月は、「青とメメメ」

    久しぶりに、みんなと会える。楽しみだ。

    8月10日、チケット一般発売です。

    俺たちだって、キラキラするとこみせてやる。

    みせるのは、RADWIMPSの4人だけど。

    俺は、みてるだけだけど。

     

    打ち合わせで、善木さん(RADWIMPS所属事務所社長)たちとお昼に、インドレストランに行った。

    ナンをちぎりながら、雑誌パピルスの取材で、洋次郎とインドに行ったことを思いだした。

    乾いた砂ぼこり。

    牛と一緒に歩く道。

    ひっきりなしに鳴るクラクション。

    思い出すと、湿度や匂いまでが、ふわっとよみがえる。

    そう言う場所が、いくつかある。

     

    「青とメメメ」も、そんな場所になる。

    RADWIMPS初の、野外ワンマン。

    会場に来られない人は、いつかきっと。

    前にも書いたけど、いつだって、次はある。

    いつだって次があるから、愛と勇気で、現実に立ち向かうんだ。

     

    4人は、新しい曲を産み落としています。

    よくまあ、こんなことを思いつくものだ。

    よくもまあ、こんな音を出せるものだ。

    と、子供のような感想でもうしわけないけれど。

     

     

    俺たちは、また出発する。

    胸を張って、プライドをかけて。

    高らかに、エンジン音を轟かせよう。

     

    どるるん。

    どるるるるるるん。

    どどどるるるるるるるん。

    18:42 | Comments(171)

  • 2013.07.12 「青とメメメ」グッズ
  • 2013.07.12
    「青とメメメ」グッズ

    2013年07月12日

    「青とメメメ」グッズ

     

    ワタナベです。

    もう、7月。

    野田洋次郎が、28歳に。

    たくさんのメッセージ、ありがとうございました。

    愛されてるなあ、洋次郎。

    良い28歳にしましょう。

     

    「青とメメメ」、第2弾先行エントリーが終了しました。

    会えるのを楽しみにしていますね。

    開催が2ヶ月後と迫り、様々な準備が続いている。

    メンバーとの打ち合わせも、増えてきている。

    そこに必ず出てくるのが、グッズの見本。

     

    「青とメメメ」では、グッズをネットで入手出来るようになります。

    7月15日、開始予定。

    せっかくなので今回は、グッズがどう作られているかを、ご紹介。

     

    まずは、メンバーとデザイナー(永戸鉄也さん)で、ライブのイメージに合わせて、デザインを決定。

    ここまでは、パソコンのデータでやりとりをする。

    デザインが決まったら、グッズ製作会社が見本を制作する。

     

    送られて来た見本をみて、レイアウト、印刷された色の濃淡、素材(生地)などを、より良くするためにチェック。

    必要に応じてまた見本が作られ、メンバーに届けられる。

    こうやって、何度もキャッチボールをするので、ライブが近い打ち合わせでは、いつもグッズ見本が登場する。

     

    「はい、これは、こないだのタオルの赤を、もう少し強く印刷した見本ですよー。」

    「ああ、こっちの赤のほうがキレイだね。どう?」

    「うん、こないだより、明るくていいね。」

    「じゃあ、これで進めます。」

    「はーい。」

     

    急ぎの時は、スタジオや食事の場所に、バイク便で届く。

    そうして全ての確認が済んだあと、工場で生産が始まる。

     

    急に、思い出したけれども。

    アルバム「絶体絶命」発売時に、洋次郎・塚原マネージャー・ワタナベの3人で、キャンペーンに出た。

    前半が3泊4日、後半が5泊6日。

    2回に分けて、北海道から九州まで旅をした。

    厳しい移動スケジュールをこなし、ぐったりと東京に帰った夜、「せめて3人で、お疲れ様の乾杯しよう。」と、お店に入った。

     

    ぐったりと疲れているのに、何故、乾杯が必要なのか。

    それは、お酒を飲みたいからではなく、お互いをねぎらいたい。

    頑張ったから、誉め称え合いたい。

    疲れたカラダ以上に、ココロを暖めたい。

    そういった様々な理由が、あるのではないだろうか。こほん。

     

    俺なんかは、「やっと終わったー!みんな暖かくて良かったー!」と、リラックスしてお酒を飲みはじめた。

    しかし、塚原マネージャーのケータイが鳴り、バッグからパソコンが取り出される。

    何かあったのだろうか。

    その日のうちに確認が必要なグッズがあり、洋次郎の前には、デザインデータを受信したパソコンが置かれたのであった。

    ほろろん。

     

    グッズには、そんなメンバーやスタッフの、良いモノを届けようとする想いが込められている。

    大切にかわいがってくださいね。

    こんなキャッチボールを、現在「青とメメメ」のグッズでやっています。

     

    今回は野外なので、過酷な天候になる可能性もある。

    もしその場合、グッズ販売の列に長時間並んで貰うのも申し訳ない。

    チケットを持ってなくて、グッズだけ買いにくる人もいるが、今回は会場に行くのも遠くて大変だぞ。

     

    そんなこんなを解消するため、ネット先行で通信販売を行うことになりました。

    ただし、送料がかかってしまいますので、それぞれの状況でご利用くださいね。

     

    エラく暑い。

    カラダに気をつけて。

    しっかり食べて。

    ゆったり笑顔で。

    15:12 | Comments(135)

  • 2013.05.22 野外
  • 2013.05.22
    野外

    2013年05月22日

    野外

     

     

    ワタナベです。

    暑くなってきた。

    夏が近づいている。

    近が夏づいている。

    ああ、その前に梅雨があんのか。

     

    そして毎日、「青とメメメ」が近づいている。

    カウントダウンみたいに。

    たくさんの「当たった!」書き込み、ありがとうございます。

    またみんなに会える。と思うと、嬉しい。

     

    「場所が、遠すぎる!」と言う声も、たくさん届いています。

    またいつか、みんなの街にも向かう日がくるはず。

    それまでは、とにかく元気で。

    今回当たらなかった人も、今後もチケット受付は続くので、ご安心を。

     

    もうすぐ6月だし、あっと言う間に9月になるぞ。

    今からワクワクと、しっかり準備を。

    「青とメメメ」特設サイト「注意事項」にもあるように、気候の急変や、寒暖の差が激しいことも予想されます。

    せっかくのライブ、いろいろ整えて、どこまでも楽しんでくださいね。

     

    「青とメメメ」は、初めての野外ワンマンライブとなる。

    ワンマンではなく、初めて野外でライブをやったのは、いつだろう。

    確か2005年の、広島SETSTOCKだったような。

    ちゃんとした4人の写真がなかったから、楽屋スペース奥の、樹木が生い茂って緑が綺麗な場所で撮影した。

    川もあって、日差しの照り返しが、水面にキラキラしていた。

    メンバーは朝から楽しくライブを観ていたので、鼻のアタマが、日焼けでほんのり赤くなっていましたよ。

     

    これ以降、夏に外で撮影する時は、日焼け止めを使うことを覚える。

    こうやって、少しずつプロっぽくなっていったわけです。

    えらく細かいとこからも、よちよちと学んできたわけであります。

    そんな俺たちも、東北で野外ワンマンをするようになりました。

    お時間があったら、観てってください。

    15:55 | Comments(212)

  • 2013.04.16 春ウララレミドソ
  • 2013.04.16
    春ウララレミドソ

    2013年04月16日

    春ウララレミドソ

     

     

    ワタナベです。

    すっかり春らしくなりました。

    春ウララ。

    明日からは、「春ウララレミドソ」

    横浜でみんなに会えると思うと、楽しみだ。

    あの親密で穏やかな、祝祭的空間。

     

    RADWIMPSは一応、横浜が本拠地。

    デビュー前後の時期、広島SETSTOCKなど遠い場所でライブする時は、

    「横浜からやって来た、RADWIMPSです!」と叫んで、「なんちって」などを演奏しておりました。

     

    前にも書いたけれども、僕が初めてRADWIMPSを観に行ったのも横浜だった。

    まだ一緒に仕事をする前で、場所は横浜アリーナだった。

    コンテストでグランプリをとった翌年、「昨年の優勝バンド」と言う立場で、ゲスト出演したのだ。

    洋次郎はまだ高校生で、受験勉強中だった。

    (受験勉強のあいまに、横浜アリーナに出る高校生って、あまりいないよな。)

    「もしも」を歌いながら、ステージを楽しそうに飛び跳ねているのを観て、「ああ、どーしてもどーしても。一緒に仕事をしたい。」と思ったものでした。笑

     

    初めてRADWIMPSがワンマンライブをやったのも、横浜のライブハウス。

    「ソールドアウトした!」と聞いて、ガッツポーズした。

    150人だったけれど、大切な瞬間だった。

    なんだか「独白」みたいになってきたので、昔の話はこの辺にして。

     

    横浜での2日間。

    遠くから来る人は、くれぐれも気をつけて。

    背の高い人は、後ろにいる人を思いやって。

    体調が悪そうな人がいたら、声をかけて。

    チケットが取れなかった人たちのぶんまで、良いライブにしよう。

    会場に来られない皆様、開演は19時。

    その時一緒に、ラララレミドソしましょう。(なんだそりゃ。)

    15:12 | Comments(215)

    • 2010.02.15 携帯写真館
    • 2010.02.15
      携帯写真館

      2010年02月15日

      携帯写真館

      081120_0133~01.jpg

      寒い毎日ですが皆様いかがお過ごしですか?


      塚原です。
       
       
      ちょっと前に携帯を変えました。
       
       
      前の携帯に入ってた写真等のデータを移行させたら、結局1時間ぐらいかかってしまい。。
       
      そんなに何か入ってたかなあ、と思って見てみたら意外と色んな写真が出てきてびっくり。取材や撮影やライブやレコーディングやらでちょいちょい撮ってたので、結構溜まってたようです。
       
      ※その代わりプライベートの写真はほとんど無かった。寂。
       
       
      そんな訳でここにちょっとずつアップしようと思い、今回は第1弾をアップします。
       
      今回の写真は、確か洋次郎と一緒に街を歩いてた時に見つけたもの。携帯屋のシャッターからはみ出してました。うん、思わず叫びたくなりますね。
       
       
      次回もお楽しみにー。
       
       
       
      いいんですよ塚原

       

       

      16:03 | Comments(398)

    • 2010.01.27 自己暗示
    • 2010.01.27
      自己暗示

      2010年01月27日

      自己暗示

       
      うっ。

      ワタナベです。

       
      新年のご挨拶をしたきり、ご無沙汰してしまいました。

       
      暖かくなったり、寒くなったりで、体調を崩しがちです。

      大丈夫ですか。

       
      今朝、少し咳が出ました。

      風邪か?と思ったけれど、急いで「いや、違う!」と思い直しました。

       
       
      また、インドの話です。

      (初めて見る方へ。昨年、野田洋次郎がインドを旅して来ました。その模様が、幻冬舎の雑誌パピルスに掲載されます。2月27日発売です。詳しくは本を見て頂きたいので、そのガイドとなるような事を書きます。)

       
      聖なる川、ガンジス。

      ここで沐浴するために、毎年何十万人もの人が巡礼に訪れるそうです。

       
      川に入り、水を両手で捧げ持ち、飲んでいる人もいます。

       
      そんな日の夜、食事をとりながら。

      「どうしてあの人達は、お腹をこわさないんだろう?」と言う話になりました。

       
      日本で買ったガイドブックには、「インドでは、水道水を飲まないように。」と書いてあります。

      お腹をこわす可能性があるとの事で、我々も水には気を配っていました。

       
      濁った川の水を、押し頂くように飲んでいる人を見て、不思議に思いました。

       
      現地の人たちは小さい頃から、その環境に馴染んでいます。

      川の水を飲んでも大丈夫な、免疫が出来ているのかもしれません。

       
      とは言え、死体も流れて来る、ガンジス。

      様々な感染症の要因となる細菌も、含まれているそうです。

      免疫だけでは、片付けられないようにも思えました。

       
      ヒンドゥー教徒にとってガンジスは、天国に続いている川。

      その水は、とても神聖な物質です。

       
      ある人にとっては、聖なる水。

      ある人にとっては、危険な水。

       
      「強く思い込めば、カラダをコントロール出来るのか?」と、話し合いました。

       
       
      ふむふむ、もぐもぐとカレーを食べながら、そう言う状況は身近にもあるように思えました。

       
      スポーツの試合中、怪我をしたのに、痛みを忘れていたり。

      仕事で忙しくしていて、「ああ、明日やっと休める。」と、思ったとたんに熱を出したり。

      歯医者にかかる日は、痛いとやだなあと、朝からお腹が空かなかったり。(俺だけか。)

       
      集中して緊張していると、やり過ごせる事もあるものです。

       
      そうだ、そうなんだ。

       
      「いい方向に思い込む事は、大切なんだ。」と、決めつける事にしました。

       
       
      こうして冒頭の、「風邪か?いや、違う!」に辿り着いた次第です。

       
      (ものすげえ、長い前振りになってしまった。とゆーか、前振りが本文になってしまった。)

       
       
      さて。

       
      インドの旅を経て、一回りも二回りもスケールが大きくなった(と思い込む)私。

      今朝の私の思考を、順を追ってご紹介させて頂きます。

      特に、知りたくはないかもしれませんが。

       
      「へっくしゅん。」

      「あれ、風邪ひいた!カラダもちょっとダルい?」

       
      「いや、違う、風邪じゃない!」

      「そうだ、風邪じゃなくて花粉だ、花粉。」

       
      「花粉?やばいじゃん。俺って、花粉症じゃん。」

       
      「いや、違う!花粉じゃない!風邪でもない!」

      「じゃあ、なんなんだろう。うーんと、うーんと・・・。」

       
      思い込む事は大変ですが、良い方向に決めつけて、今年は風邪だけではなく、花粉症からも離脱しようと思います。

       
      ビバ、自己暗示。

       
      皆様も、ご自愛ください。

       
      それでは、また。

      14:22 | Comments(392)

    • 2010.01.15 4645
    • 2010.01.15
      4645

      2010年01月15日

      4645

       
      ワタナベです。

      明けましておめでとうございます。

       
      良いお正月でしたか。

       
      お正月は、メンバーもゆっくり過ごしたようです。

      買い物したり、初詣行ったり。

       
       
      昨年の仕事納めは、洋次郎の「SCHOOL OF LOCK!」出演でした。

      たくさんの方々が聴いてくれたようで、こちらも喜んでいます。

       
      新年明けて、リハーサルが行われたり、幻冬舎の雑誌・パピルスの、最終インタビュー(インドの旅を振り返って思う事は?・・・みたいな内容です。)が行われたりと、みんなそれぞれに動いています。

       
      パピルスは、「かつてないボリュームと密度の、大特集になりそう。(by 日野編集長)」との事です。

      お楽しみに。

       
      こちらも、皆さんの書き込みを見て、それぞれのお正月を感じています。

      冬休みの宿題など、苦労した方々もいるようですね。

       
       
      インドで、勉強って大切だなあ。と思った事がありました。

       
      あちらでは、都会に着くまで、ネットが繋がりませんでした。

      1週間近く、メールを見られない状態が続いていました。

       
      旅の後半、やっと都会に入り、ネットが繋がると聞きました。

       
      ホテルのカウンターに行って、へなちょこ英語でネットをしたいと言ったら、早口でペラペラペラっと喋られました。

       

      あれー?良くわかんない・・・。と思っていたら、ロビーに座っていたはずの洋次郎が、いつの間にか後ろに来ていて、通訳してくれました。

       
      心配して、来てくれたみたいです。

       
      優しいヤツよのう。

       
      これじゃあ、どっちがスタッフか、わからんよのう。

      せめて英語くらい、もっと勉強しておけば良かったのう。

       
      俺ってば、ひとりで何かしようとすると、周囲に「あの人、ちゃんと出来るんだろうか。」と、思わせるヤツ。

       
      受験の時も、前日に友人から電話がかかってきて。

      「受験票持った?」

      「も、持ったよう。」

       
      と言いながらも、とても不安になった俺。

      あれ、ガス消したっけ。カギしめたっけ。みたいな。

       
      ずびばぜん。

       
       
      受験生の皆様。

       
      落ち着いて。自分らしく。

      忘れ物に気をつけて下さいね。

       
      良い年にしましょう。

       
      今年も、よろしく。

      18:11 | Comments(480)

    • 2010.01.05 謹賀新年
    • 2010.01.05
      謹賀新年

      2010年01月05日

      謹賀新年

      100101_0716~01.jpg

       
      あけましておめでとうございます。
      マネージャーの塚原です。ご無沙汰してます。
       
      新年になりました。皆様いかがお過ごしでしょうか?
      (有)ボクチンも本日から仕事初め。せっせと仕事に励んでます。
       
       
      メンバー宛に年賀状を沢山いただきました。ありがとうございます。
      責任を持って本人たちに渡します。
       
       
      年末年始の束の間の休みで実家に帰省してました。今年こそは!と思い、眠い目をこすりながら兄貴夫婦と初日の出を見に行きました。ちょっと雲があったけど、ばっちり太陽を拝めてうっすら雪も積もってる抜群のシチュエーション。掲載している写真はそんな写真。2010年も良い年になりそうです。
       
       
      今年も宜しくお願いします。
       
       
      塚原
       

      14:17 | Comments(490)

    • 2009.12.29 良いお年を。
    • 2009.12.29
      良いお年を。

      2009年12月29日

      良いお年を。

       
      ワタナベです。

      クリスマスは、いかがでしたか。

       
      前回、「遠い所まで、旅に出ておりました。」と書きました。

      「NEWS」でお知らせしましたが、インドに行って来ました。

       
      いろいろな事を考えさせてくれる、素敵な旅となりました。

      東京の街を歩いていても、インドの風景がフラッシュバックのように思い起こされます。

       
      洋次郎にとっても、貴重な体験だったようです。

      あの国で、どんな事を感じたのか。

       
      写真とインタビューで、知ってもらえる事が、とてもうれしいです。

      しっかりお伝えしようと、幻冬舎パピルス編集部が、知恵を絞ってくれています。

      是非、読んで頂きたいです。

       
       
      今年は、アルバムが発売され、ツアーが行われました。

      長い間メンバーが作り上げたものが、一気にアウトプットされた年となりました。

      (まさか最後に、インドが待っているとは思いませんでしたが。)

       
      多くの笑顔や声援、書き込みに、一同が本当に元気を貰いました。

      励まされました。

       
      音楽を送り出す側と、受け取る側。

      お互いが支え合っているのを、ひしひしと感じています。

       
      皆さんのおかげで、良い年になりました。

       
      来年も、良い年にしましょう。

       
       
      来年も再来年も、よろしくお願い致します。

       
      ありがとう。

      15:45 | Comments(520)

    • 2009.12.15 24
    • 2009.12.15
      24

      2009年12月15日

      24

      どしぇー。 
      ワタナベです。 
       
      ご無沙汰してしまいました。 
      遠い所まで、旅に出ておりました。 
       
      いろいろな人や風景に出会って、たくさんの事を思いました。 
      また、改めて報告しますね。 
       
       
      RADWIMPSのメンバーは、元気です。 
      一時期のように、頻繁に全員に会えているわけではありませんが。 
       
      時にはライブや映画に行ったりして、皆さんと同様、寒空の下を歩いています。 
       
      「寒空の下」と書くと、寂しいイメージがあるけれども。 
      「車輪の下」みたいな。 
       
      でも、大丈夫。(何が。) 
       
      それにしても、「車輪の下」って、ツライタイトルですね。 
      心が、むぎゅうーって、なりますね。 
      (ツラくても、いつかはむくわれるさ。ゆっくりゆっくり。) 
       
       
      さて。 
      もうすぐ、クリスマス。 
       
      ちょうど一年前は、「アルトコロニーの定理」のレコーディングが、最後の追い込みに入っていました。 
      昼に始めて、翌日の昼に終わる。みたいな時も。 
       
      「RADWIMPSって、スタジオに住んでます? いつ行ってもいるんですけど。(笑)」などと、言われたりしていました。 
       
      確か24日の夜は、「謎謎」のイントロ部分のキーボードを、洋次郎があれこれと試しているうちに、25日になってしまったとか。 
       
      スタジオでいろいろやっていると、あっと言う間に時間が経ってしまうものです。 
       
      ほとんどのスタジオには窓がなく、空気や湿度も、年間を通じて一定になっています。 
      柔らかな照明の下、昼と夜の差も感じません。 
       
      長時間の作業がしやすい環境になっています。 
      そのため、「えっ!もうこんな時間?」と言うケースが多いのです。 
       
       
      「クリスマスの日くらい、レコーディングを早めに切り上げよう。」などと、あなたの周りの誰かが言っていても、決して安心してはいけません。 
       
      ふっと気を許すと、外は朝日が昇っていたりします。 
       
      そのため、充分な注意や予防が必要です。 
       
      何らかの約束をするのは、オススメ出来ません。 
       
       
      それでも、約束をしてしまった!と言う皆様。 
       
      もうヤバイ、もうダメだと思ったら、決して無理をせず、隣の人に救いを求めて下さい。 
       
      約束の無い方も、当日はなるべく動きやすい服装で臨み、厳しい表情の人がいたら、声をかけてあげて下さい。 
       
      聖なる日です。助け合いましょう。 
       
       
      クリスマスにレコーディングの予定がない方は、素敵な夜をお過ごし下さい。 
       
       
      風邪に、気をつけて。 
       
      みんなが暖かくなりますように。

      15:49 | Comments(360)

    • 2009.11.17 だもん。
    • 2009.11.17
      だもん。

      2009年11月17日

      だもん。

      ワタナベです。

      インフルで、いろいろ大変みたいですね。大丈夫ですか。

      皆様、ご自愛ください。

      前回、オフィシャルサイトについて書きましたが、リニューアルをするわけではなくて、「より快適で安全な運営」を目指して、打ち合わせをしています。

      オフィシャルサイトは、皆さんが集まる「庭」なので、たまには掃除したりして、気持ちよく過ごして頂きたいと思っております。

      書き込みをしたのに、自分のコメントが載っていない!と言う時もあるかと思います。

      そう言う時は、気長にお待ち下さい。

      BBSの冒頭にある「書き込みのルール」に反していなければ、掲載されます。

      また前回、授業がわからなくても、のんきにしていた。

      と言うような事を書きましたが、意外とそういう人たちが多い事を、コメントしてくれた皆様のおかげで知りました。

      「こんな事も、わからないの?」

      と言われても、

      「だって、わかんないんだもん。」

      としか言いようがない。

      現在の自分の状況を、最も的確にトレースする言葉が、「だって、わかんないんだもん。」

      他にも、授業中の自分を的確に表した言葉は、いくつかあります。

      代表的なものは、「だって、眠いんだもん。」でしょうか。

      「わかんない」から「眠い」のか、「眠い」から「わかんない」のか。

      この問題について考えていると、先生はまた、次のページをめくれ。と言います。

      はいはい。

      「これしか言いようがない。」状況とは、正しく自分を伝えるために、表現が蒸留された状態とも言えます。

      その言葉以外に表現手段がない所までたどり着いた時、人間は自分をより深く知る事が出来ます。

      過去のインタビューで洋次郎は、歌詞を書く事によって、自分のいろいろな側面を知るようになった。と言うような発言をしています。

      「自分の気持ちを、最も正確に表した言葉」にたどり着くまでに、膨大な思考と取捨選択があり、その過程で、自分のいろいろな感情を見る事になるのではと思われます。

      僕もそうですが、RADWIMPSを聴いて、自分を取り巻くいろいろな側面を知るようになった。と言う人も多いようです。

      謎が出来た時、定理にあてはめると、謎が解ける。

      そんなアルバムであって欲しいと、名付けられた「アルトコロニーの定理」

      (他にもタイトルに込められた想いは、たくさんあるけれども。)

      今年の3月に、発表されました。

      もうすぐ、年末です。(まだ11月だけど。なんか、話の流れで・・・。)

      いまだ、皆さんの心に響いてますか。

      今年たくさん発表されたアルバムの中で、スペシャルなものでありますように。

      12:52 | Comments(437)

    • 2009.11.02 うぇぶ。
    • 2009.11.02
      うぇぶ。

      2009年11月02日

      うぇぶ。

      ひえー。

      ワタナベです。

      ご無沙汰しちゃってすみません。

      特に何かあったわけではないのだけれど。

      本日は、RADWIMPS オフィシャルサイトの打ち合わせをしておりました。

      より安全で快適な運営を目指し、関係各位が集まりました。

      僕は、webやサーバーの詳しい知識がありません。

      「このサーバーは情報量が増えるとキャッシュを入れて、それをどうにかこうにかにしたあとに、こう言うシステムでああして・・・。弊社のワタナベが希望している内容を実現するには、御社と弊社が、弊社と御社で・・・。」

      飛び交う専門用語を、ふんふん、ふむふむ。と、僕は黙って聞いています。

      何を言っているのか、わからんのです。

      「どうですか、ワタナベさん。」と言われ、

      「なんかさ、高校の授業思い出しちゃった。俺以外の人たち、みんなわかってるぞ。みたいな。」

      「わはははは。」

      変なときに、懐かしい感じでした。

      授業中、先生に、「はい、質問ある人?」って言われて、

      どこがわからないかもわからなくて。

      なんか、全体がわかんねーんだけど。と思っていると、

      「よーし、じゃあ、次のページ開いて。」

      あれ、次に行っちゃったよ。なんて。

      授業が終わって、一番わからなそうなヤツのとこに行って。

      「お前、さっきのわかったかよ?」

      「いや、ぜんぜんわかんねー。」

      「そうだよな、わかんねーよな。よし、昼飯食べようぜ。」

      よし、じゃねーし。

      食べてる場合じゃねーし。

      困ったものです。

      予習、復習は、きちんとやりましょう。

      オフィシャルサイトの打ち合わせは、みんなが親切に教えてくれて、自分なりに、

      「じゃあ、この方向で進めましょう!」と、判断する事が出来ました。

      ありがとうございました。

      さて。

      FM FESTIVAL 「LIFE MUSIC AWARD 2009 」

      ラジオ局とリスナーの皆さんが、今年心に響いた音楽を選ぶ企画です。

      11月3日15時から、全国のJFN38局ネットで生放送されます。

      RADWIMPSに投票してくれた方も、いたようです。

      そんな投票や書き込み、いつも感謝しています。

      皆さんのくれる元気が、4人をまた次の場所へ送り出して行きます。

      次の場所は、いつどこに現れるのかわかりませんが。

      ゆっくりと確実に。

      一緒に歩んで行きましょう。

      同じ空気を吸って。

      ありがとー。

      17:10 | Comments(332)

    • 2009.10.06 ごめんなさい。
    • 2009.10.06
      ごめんなさい。

      2009年10月06日

      ごめんなさい。

      ワタナベです。

      久々に、ウインプスレポが更新されました。

      久しぶりすぎて、システムもびっくりしたのか、一部のケータイで観られない方が出てしまいました。

      ごめんなさい。

      申し訳ないです。

      原因を、調べてもらってます。

      観られない方々へ。こんな内容でした。

      2009年10月02日

      おはよう

      ご無沙汰してます

      よーじろーです

      いつもいつも、

      書き込みありがとう

      最近また音楽が楽しくてしょうがないです

      スタジオに入り、こつこつと、もくもくと、つくってます

      あと最近

      コーヒーが飲めるようになりました

      今は

      絵に書いたようなオムライスが食べたい

      むしょうに

      21:20

      オムライスが食べたい。と言う、筆者の思いがひしひしと伝わってくる文章です。

      おなかすいてたんでしょうね。

      音楽が楽しい、コーヒーも飲めるようになった。と、世間に対して心が開いているようです。

      むしょうに

      と言う終わり方が、スタジオでこつこつ、もくもく、と作業に励む筆者の、寂寥感を表していますね。

      「咳をしても一人」みたいな。

      秋らしい知的な読後感を演出しています。

      あとひとつ、見落とさないようにしたいポイントがあります。

      どこでしょうか?考えてみてください。

      そう、そうです。正解です。

      「おはよう」と言うタイトルですね。

      書き込まれた時間は、21:20 となっています。

      何時に寝て、何時に起きたんでしょうね。

      曲作りが続き、完全に昼夜逆転しているのが、読み取れます。

      先日、筆者に会った時には、夜中に朝ご飯を食べている。と言うような事を言っていた気がします。

      無理せず、楽しくやってもらいたい。と思っております。

      皆様も、無理せず楽しく、お過ごし下さい。

      それでは、また。

      17:01 | Comments(277)

    • 2009.09.24 叫べ
    • 2009.09.24
      叫べ

      2009年09月24日

      叫べ

      ワタナベです。

      連休、いかがでしたか。

      なんとなく続いてきた、裏話(?)シリーズ。

      「タユタ」まで来たので、3本目のビデオ「叫べ」のお話です。

      (前に別なとこで書いたので、ダブって読む人はごめんなさい。)

      アルバム発売後、ツアーが予定されていました。

      その時期に楽しんでもらえるビデオを作ろうと、選ばれた曲が「叫べ」でした。

      ライブでも後半、盛り上がる場面で演奏され、メンバーが最もジャンプした曲ではないかと思います。

      ツアーリハーサルの合間に、早速打ち合わせ。

      この監督も、掛川さんでした。

      この歌には、「今日が これからの人生の 始まりの一日目なんだよ / 昨日が 今までの人生の 一番最後の日だったんだよ」と、言われてみればそうだけど、そんな事考えもしなかったなあ。と感じさせる、強力パンチが繰り出されています。

      監督もこの辺に、グッと来ていました。

      話し合いをしながら、「昨日までの僕」と「今日からの僕」を、画面をふたつに分割して、同時に映す事になりました。

      歌詞に朝が出て来るので、寝起きのシーンから初めよう。

      洋次郎の衣装は、パジャマ。

      パジャマ洋次郎に、バンドの演奏シーンを絡める。

      他のメンバーも、パジャマ?

      いや、対比の面白さを狙って、スーツにメガネとか?

      他のメンバーはスーツなのに、ボーカルはパジャマ。

      それだ、それそれ。わはははは!と言ってるうちに、パジャマ・メガネ・スーツが、すとんと決まりました。

      撮影は、ヘリポートでのバンド演奏シーンと、洋次郎の部屋のシーンと、二日間に渡って行われました。

      一日目は、演奏シーン。

      ビデオで観られる、洋次郎の膝まである長いポロシャツ(?)も、自前です。

      買ってみたけれど、着てなかったそうです。

      不思議な男よのう。

      ちなみに、破れて穴だらけの赤い靴下を履いているんだけど、破れてないものよりぐっと値段が高いそうです。

      不思議なシステムよのう。

      他の3人は、スーツに変身。

      「みんな、カッコ良すぎる!」と、監督と洋次郎から注文が入り、メガネやポマードでコミカルな方向にシフトしていきました。

      七三分け、真ん中分けと、髪をなでつけながら、ポマードがぐいんぐいん減っていきます。

      楽屋でおにぎりを食べたら、匂いがすごくて、ポマード味(?)みたいでした。

      スーツにメガネ、の3人が準備完了。

      こんなトリオのバンド、いそうだよねえ!と笑っていたら、誰かが、

      「こんにちは、ザ・ポマーズです。」と言い、大爆笑。

      パジャマ洋次郎&ザ・ポマーズの演奏シーンは、こんなふうに始まって、楽しく終了しました。

      2日目は、洋次郎のみ。

      寝ぼけている人とキビキビ動く人の、ひとり二役。

      「もう少し、眠そうな顔してみてくれる?」

      「元気良く起きて、体操してみようか。」

      などなど、細かい演技指導が入り、ビデオを観てくれた人はわかると思うけれど、楽しいシーンが満載でした。

      午前2時、撮影終了。

      監督は、「いやあ、野田君に歯を磨きながら歌ってみてと言ったら、パッとやってくれてうれしかったなあ。どうしてもやりたかったんだけど、イヤかなあと心配してたんです。」

      と、リアクションに困る深いツボに、大満足の表情を浮かべています。

      何日かの深夜に及ぶ編集作業が施され、拍手パチパチ&握手握手で、ビデオは完成しました。

      2画面をうまく連携させるため、編集も大変だったようです。

      こうして、「アルトコロニーの定理」をめぐる3本のビデオ製作は、終了したのでありました。

      「叫べ」のビデオは、ツアー初日、4月6日からオンエアーが始まりました。

      もう半年近く前の事です。

      早いなあ。

      もうすぐ、10月。

      良い秋にしましょう。

      風邪に気をつけてください。

      12:44 | Comments(222)