Staff Diary

  • 2010.12.13 どかん。
  • 2010.12.13
    どかん。

    2010年12月13日

    どかん。

     
    ワタナベです。

     
    2月にもシングルをお届けします。

    そして、「DADA」のジャケットもアップしました。

     
    発売に向けて、メンバーの写真も撮影しました。

    4人で肩を組み、にこやかにしています。

    写真は、雑誌の皆さんが「DADA」を聴いた感想とともに、掲載されます。

    雑誌のリストは、NEWSに載せてあります。

     
    「DADA」の発売まで、約1ヶ月。

    会社のスタッフも、ラジオのオンエアー、お店での展開などなど、ぐわんぐわんと準備しています。

    みんなラッドが大好きなので、会議が終わり、「よし、やるぞー!」なんて言って席を立つ人もいる。

    やってちょうだいね。やりましょうね。

     
    「DADA」ロケットが、発射台に向かってゆっくりと近づいています。

    RADWIMPSがチカラを振り絞った、新しい作品。

    僕には、バンドが新たな次元に突入したように聴こえます。魔法でも使ったみたいに。

    こちらもチカラを振り絞り、心を込めて打ち上げます。

    しっかり届けますからね。

     
    先日、「DADA」のビデオを撮影しました。

    長時間の撮影となりましたが、みんなガンバリました。

    完成まで暫く時間がかかります。楽しみに待っていてください。

     
    「DADA」ロケットが打ち上がったら、「狭心症」ロケットが発射台に向かいます。

     
    どかんどかん。

    行くぞー。

    14:57 | Comments(501)

  • 2010.11.25 ぐわー。
  • 2010.11.25
    ぐわー。

    2010年11月25日

    ぐわー。

     
    ワタナベです。

     
    いよいよ、DADA。

    DADA、DA。

    シングル2曲が、完成しました。

    発売に向けて、打ち合わせが続いています。

    いろいろな人と話をしながら、みんなラッドが好きなんだなあと感じられる、忙しくもうれしい日々です。

     
    先日は、RADWIMPS4人揃っての打ち合わせ。

    久々にスタジオから出て、会社(EMI)の会議室へ。

    DADAジャケ。

    DADAビデオ。

     
    そもそも、ジャケットって、何だろう?

    そもそも、ビデオって、何だろう?

    誰の、何のためのものなんだろう。

    RADWIMPSの「表現」が、深い部分に至っているので、ついついそんな事まで考えてしまふ。

     
    ミュージックビデオは、曲を作ったアーティストの作品?映像を作った監督の作品?

    アーティストは、監督のものだと言い、監督は、アーティストのものだと言う。

    きっとどちらも正解なんだろう。と言うのはあいまいなので、どっちかに決めよう。

    なんか、監督の作品な気がする。

     
    アーティストが「外部(監督)」を、どこまで許容するかによるけれども。

    「外部」を許容できないと、「やだ!やだやだ!自分の思ったとおりにしてくれなくちゃ、やだ!」となってしまふ。

     
    RADWIMPSのメンバーは、ビデオは監督のものだから。と、言い切る。

    だからこそ、全力で取り組んで、いいものにしようよ。と、笑う。

    あれ、なんか大人じゃん。かっこいいじゃん。

     
    俺なんか25歳の時は、「やだ!やだやだ!自分の思ったとおりにしてくれなくちゃ、やだ!」を連呼してたように思う。

    子供の頃、初めてオモチャ売り場に連れてってもらった日から、ずっとそうだった気がする。

    「オモチャ買ってー!ぐわー!」

    あれ、ダメじゃん。進歩ないじゃん。ちっ。

     
     
    2曲の音源が完成しても、作るもの、決めなくてはいけない事は、盛りだくさん。

    皆さんにしっかり届けたら、きっと喜んでくれる!と、書き込みを見て元気をもらっています。

     
    たくさんの「5周年おめでとう!」コメント、ありがとうございます。

    もう5年経ったんだなあ。

    5年前の11月23日。

    これから始まる事柄、大好きなバンドに関わるうれしさで、ひたすらワクワクしていました。

    ドキドキワクワクしたまま、5年過ぎちゃった。

    あれ、進歩ないじゃん。「オモチャ買ってー!ぐわー!」

     
    これに懲りずに(?)、今後ともよろしくお願いします。

    13:00 | Comments(527)

  • 2010.11.08 にゅーす
  • 2010.11.08
    にゅーす

    2010年11月08日

    にゅーす

    ワタナベです。
     

    新たな動きがふたつ。

     
    6日に行われたイベント、「EMI ROCKS」に洋次郎、桑原が飛び入り。

    (EMI ROCKSって何?と言うかたは、emirocks.comまで。)

    ふたりで「有心論」を弾き語りしました。

     
    終演後、「いつ出ることが決まったの?」と、多くの人に聞かれました。

    「今朝ですよ。」と言っても、信じてくれない人もいた。

    RADWIMPSはレコーディング中なので、スケジュールがわかりにくい状態でした。

    ホントに当日、決まったのです。

     
    ふたりが会場に入ったと聞き、楽屋に行って「お、いらっしゃい。」と言いました。

    「突然、すみませんー。」と、イタズラっ子みたいな笑顔が返ってきました。

     
    僕もEMI Music Japanの社員なので、会社のお祭りに参加してくれるのは、大歓迎。

    イベントに参加してくれた、お客さん・アーティストの皆さん、ありがとうございました。

    おかげで、多くの貴重な体験ができました。

     
    それと、寺子屋。

    NEWSに詳細をアップしておきました。

    寺子屋が出来た経緯も、「プロフィール」に書いておきました。

     
    レコーディング風景を収めたビデオの、公開準備をしています。

    近日、スケジュールをお知らせします。

     
    そんなこんなをやりながらも、レコーディングが続いています。

     
    各種の打ち合わせが、頻繁に持たれるようになりました。

    打ち合わせのあと、「決定事項」が重なっていきます。

     
    「決定事項」には「責任」が発生するので、みんなが真剣に「自分が出来る事」を進めています。

    精一杯、新たな音源に向き合おうと思います。

    心を込めて、出来ることは全部やります。

     
    よっしゃー。いくぞー。

    16:15 | Comments(340)

  • 2010.10.05 引き締まって。
  • 2010.10.05
    引き締まって。

    2010年10月05日

    引き締まって。

     
    ワタナベです。

    ご無沙汰してすみません!

    セプテンバーも終わり、10月になってしまった。

    天候が不安定です。

    どうしてますか。ダイジョブですか。

     
    RADWIMPSのメンバーは、順調にレコーディングを続けています。

    スゴイ曲が、ボコボコと姿を現しています。

     
    先日、メンバー、スタッフが集まって、打ち合わせが行われました。

    雨が降っていて、ひんやりした午後でした。

    「おはよー。」なんて言いながら、4人がおのおのやってくる。

    みんな、元気です。

    今後の事を、いろいろ相談しました。

     
    スタジオにRADWIMPSがいるのは、当たり前と言うかいつもの事だけど、打ち合わせの場所に4人がいて、紙資料を前に意見を出し合ってたりすると、「こうやって始まって行くんだなあ。」と、気持ちが引き締まる。

    早く皆さんの笑顔が見られるよう、一同歩んでおります。

     
    引き締まるついでに。

    先日ブーツを買いました。

    お店の人に、「これ、ヒモをしっかり結んでくださいね。」と、ギューッと締められた。

    ちょっとキツイくらいにして、時間をかけて革を足に馴染ませて行くそうです。

    心地良く引き締まったブーツで、よちよちと歩いています。

     
    そんなこんなで、年末に向けて、ひたすら引き締まって行こうと思います。

    引きこもってではなく、引き締まっていきます。

     
    引いて、締まる、俺。

    もう、「あ、ごめん!忘れてたー!」なんて、言わねえぜ。

    「忘れてないよ!今やろうと思ってたんだよ!」って、言うぜ。

    13:43 | Comments(571)

  • 2010.08.27 ながさき。
  • 2010.08.27
    ながさき。

    2010年08月27日

    ながさき。

     
    ワタナベです。

     
    長崎スカイジャンボリー、大歓声とたくさんの笑顔で迎えてもらいました。

    ありがとうございました。

    会場には来られなくても、良いライブになるようにと思ってくれた皆様にも、お礼を言いたいです。

    ありがとうございました。

     
    今回のライブは、ステージに現れた4人のジャムセッションから始まり、いきなり「おしゃかしゃま」のイントロが響き渡るオープニング。

    「超たのしい!」と洋次郎が言っていましたが、メンバーもお客さんもホントに楽しそうでした。

     
    RADWIMPSを見つめるたくさんの笑顔には、感動させられます。

    みんながあまりにも、いい顔してるもんだから。

    ライブが始まると僕もファンに戻って、心がぐおおおおっとなるんだけど、振り向くとたくさんの笑顔があって、二重にぐおおおおっとなります。

    前見て、後ろ見て。

    忙しいったらありゃしない。

     
    「あたたかくて、いいお客さんだった!」と、終演後の楽屋も笑顔で溢れていました。

    その夜は、みんなで皿うどんなんかを、おいしくたのしく頂きました。

     
    そんなこんなで、今年の夏フェスも終了。

    メンバーは、長崎から戻った足でスタジオに入っています。

    バンドは、精力的に動いております。

     
    以下は、またまた余談です。

     
    会社に向かう途中、ケータイで話している男の人が、前方から歩いてきた。

    猛暑の中スーツを着て、苦しそうな顔をしている。

    すれ違いざま聞こえたのは、(かなり渋く低い声で。)

     
    「そう、そうなんだよ。シナモンロールが、足りねえんだよお。」

     
    悪いけれど、声の渋さや、顔の押し出しの強さ、ありすぎるカンロクから判断すると、

     
    「そう、そうなんだよ。銃弾が、足りねえんだよお。」

     
    と言う感じだった。

    それで、ふたつ学んだ。

     
    1.見かけで人を判断してはいけない。

    2.いろいろな人が、いろいろな業界で働いているんだなあ。

     
    きっと、お菓子業界の方なのだろう。

    シナモンロールが足りなくて、困っている。売れちゃったんだ。

    夏休みの子供たちが、楽しみにしているかもしれない。補充が間に合えばよいのだが。

     
    子供の頃は、ケーキ屋(パン屋含む。)や花屋で働いている女の人は、みんな素敵で優しい人だ。と言う思い込みがあった。

    ほがらかな笑顔で、いい香りに包まれていて。

    大人になっても残念ながら、その種のお店で働いている方と、親しくした経験がないせいか、今でもそう思ってるところがある。

    いろいろな思い込みを抱えて人は生きていくけれども、実際自分の目や耳で確認すると、また違う景色があるんだろうなあ。

    勉強になりました。

     
    自分の目や耳で。

    RADWIMPSを体感してくださいね。

    もうすぐ9月。

    お身体、ご自愛ください。

    11:07 | Comments(372)

    • 2008.05.27 居酒屋にて
    • 2008.05.27
      居酒屋にて

      2008年05月27日

      居酒屋にて

      こんにちは。ニシザキです。

      先日とある「ちゃんこ居酒屋」で、チューハイなどを傾けていました。
      ちゃんこ鍋の〆はやっぱり雑炊か、いや、きしめんはどうだ、
      などと真剣に討論していました。

      すると「♪ピ~ヒャララ~」ととても軽い音色のインストが
      BGMで店内に流れてきました。

      ん?んんん?なんか知っている曲?
      ・・・あれ、「オーダーメイド」?!

      急いでスピーカーに携帯を近づけ、音声メモで録音してみましたが、
      メロディは「ピーピピーピピー」と一定で全く盛り上がっていません。
      しかも微妙に音程がずれている・・・(笑)。

      最後の盛り上がりポイント♪望みどお~り?♪※のところの
      「ギュイ~ン」とうねるはずのギターの音も、何もうねっていませんでした。
      そこは録音し損ねました。無念。
      ・・・やっぱりさぁ、RADWIMPSの歌&演奏じゃないとね・・・。

      さてそんな中、ライブが決まりましたね!

      ずーっと、ずーっと、いつか行ってみたかった沖縄。
      私は冬から着々と計画を立て、ガイドブックも熟読。
      東京にある沖縄料理店にも足繁く通い、準備万端。
      「今年こそは沖縄に!」と早々に夏休みの沖縄旅行
      の予定を立てていました。

      まさか、その数週間後にRADWIMPSが沖縄ライブをやるとは。
      そして、長年の夢の沖縄に、ひと月に2回行くことになるとは。
      沖縄が私を呼んでいるのか!?いや、呼んでいなくても行く!!

      ・・・自分の夏休みは、勝手に事前視察して来ることにします。
      (誰にも頼まれていない。)

      ※皆さんからの指摘で、歌詞の一部が間違っておりました・・・。
      おハズカシイ・・・ごめんなさい。直しました。(5/28)

      17:05 | Comments(263)

    • 2008.05.23 どるるるるん。
    • 2008.05.23
      どるるるるん。

      2008年05月23日

      どるるるるん。

      突然ですが、ライブが決定しました!

      詳しくは、NEWSをご覧ください。

      23:24 | Comments(317)

    • 2008.05.21 買っちった。
    • 2008.05.21
      買っちった。

      2008年05月21日

      買っちった。

      やっべー!
      ワタナベです。

      前回のくだらない文章へのたくさんのコメント、ありがとうございました。

      おかげで、もう一度やり直す事が出来ました。
      もう一度、立ち上がる事が出来ました。

      「大人用のを、見た事がある!」
      「大人が履いていた!」
      「探してみて!」等々の言葉に、どれだけ元気を貰えた事でしょうか。

      あきらめちゃいかん。
      あきらめたら、それでおしまいだ。

      そう。
      愛と勇気とRADWIMPS。

      立ち上がれ。
      立ち上がるんだ!

      映画「ロッキー」のテーマが、頭の中に轟々と鳴り響く中、再度探索を始めました。

      そして。
      あれまあ、そして。

      遂に、webで発見しました!

      最新型の白いモデル。
      サイズもバッチリ!

      キラキラ、ピカピカ!

      おお!
      おおお!

      オーダー!
      オーダーしました!

      ぐわあああああっ!
      どぼばああああっ!

      次の日、メーカーからメールが。

      ご希望のモデルは、在庫切れで入荷日未定です。
      古い型の黒い靴で良かったら発送可能です。

      と、メーカーから丁寧なメールを貰いました。
      (写真まで添付してくれました。ありがとー。)

      盛り上がっていただけに、少しガッカリ。

      そんな自分をかえりみて。

      今まで、お前は何をしてきた?
      つい先週までは、「売ってねえかなあ。」とボヤいていただけじゃないか。

      そんなお前を、ラッドファンの皆様が、勇気づけてくれたんじゃないか。
      暖かい皆様のおかげで、夢にまでみた「オーダー!」の瞬間に、たどり着く事が出来たんじゃないか。

      それがなんだ!お前は!
      古いモデルだって聞いて、ガッカリしてんじゃねー!

      あさましい。
      なんてあさましいんだっ!

      そんな男に、俺は俺を育てた覚えはない!

      ばかもん!
      ぶぅわぁっかもおおおおん!

      …。

      「ご丁寧にありがとうございました。その黒い靴で大丈夫ですので、送って下さい。楽しみにしています。」

      と、返信しました。

      楽しみです。
      ホントにありがとうございました。
      いつも皆さんから、元気を貰っています。

      早く届かねえかなあ。

      またまた長くクダラナイ文章が続いています。

      これも前回、くわの運動神経はどうなんだろう?と書いてみました。

      その答えは、ROCKIN’ON JAPANの連載に書いてあります。
      是非、ご覧ください。

      そんな事より、何より。

      野田洋次郎日記、ご覧になりましたか。

      「なるべく早く。」

      ライブ会場や、CDショップで。
      皆さんの、喜ぶ声や顔に触れるのを、楽しみにしています。

      どるるるん。
      どるるるん。

      大排気量バイクのアイドリング音(発車する時のエンジン音)です。

      どるるるん。
      どるるるるん。

      行くぜー。

      16:15 | Comments(318)

    • 2008.05.15 ローラー
    • 2008.05.15
      ローラー

      2008年05月15日

      ローラー

      ワタナベです。
      先日久々に、あの靴をみました。

      ずっと欲しかったヤツ。
      随分探しても、手に入らなかったヤツ。

      そう。
      もちろん、あの靴です。(どれよ。)

      スニーカーの底にローラー(?)が入っていて、すうーっと滑るヤツです。
      何年か前、子供にすごおおく流行ったあれです。

      転んで怪我する人が続出して、いつの間にか見なくなったアレ。
      ローラースケートみたいに、街を滑れるアレ。

      次々と子供が、得意げに俺を追い越して行ったアレ。

      決して。
      決して、それが悔しかったわけではなく。

      すううううっと、やりたかったわけです。

      「大人用って、ないの?」と、当時、靴屋やスポーツ用品店を回った俺。

      「あれは、子供の靴ですから…。大人はこういったローラーブレードなんスけどね。」

      と、どこでも苦笑に次ぐ苦笑を生んだアレ。と俺。

      アレアレ。
      俺俺。

      まさに、絵に描いて額に入れたような苦笑。
      これぞ、苦笑。

      あれこそが、苦笑。
      100点満点の苦笑だった。

      「苦笑って、どんな顔ですか?」
      と聞かれたら、

      「完璧なのを、見せてあげるよ。」
      と、俺はその人を靴屋に連れて行くだろう。

      「これの大人用ですか?これの? …。」

      絶句をともなった苦笑を見たことがあるだろうか。

      「何言っちゃってんの?コイツ。変なのにつかまっちゃったなあ。」的な苦笑を見たことがあるだろうか。

      俺はある。

      何回もある。

      ローラーブレードもいいけれど。

      もっとこう、手軽に。
      履き替えたりしないで、すうううっと。

      歩いていて、この数メートルをすうううっとやりたい!と言う、繊細な男心がわからないのだろうか。

      ああ。
      街に、ストリートに生きる、ロケンローな俺。

      売ってねえかなあ。

      ああ。

      くだらない話でごめんなさい。

      手軽に運動も出来て、楽しいと思うのですがねぇ。

      ラッドのメンバーも、運動が得意そうですね。

      洋次郎は、バスケすごいみたいだし。

      武田や智史も、俊敏そうな感じがします。

      もうひとりの人は、どうなんだろうなあ。
      あまり伝わって来るものが、感じられないような気が…。

      ライブを観ていると、鮮やかに動いていますが。

      ライブの写真を観ると、この人はとても良い顔をしています。
      気合や集中が、顔を変えるんだなあと、驚いてしまいます。

      スポーツ選手でも、試合中の顔と、終わってインタビューを受けている時の顔が、あまりに違う時がありますよね。

      彼にとっては、ライブは試合なのかもしれません。

      それにしても、運動はどうなんだろうなあ。
      なんかなあ。

      今度聞いてみます。

      14:11 | Comments(215)

    • 2008.05.08 やせ。
    • 2008.05.08
      やせ。

      2008年05月08日

      やせ。

      ワタナベです。
      連休、いかがでしたか。

      前回、武田が食べすぎで倒れたと言うお話をしました。
      ちょっと補足します。

      倒れたと言っても、「うわー、食べ過ぎたー!」と、店の座敷でうずくまったとか、そう言う中途半端なものではなかったのです。

      苦痛を訴えて、きちんと病院に運ばれたわけです。

      武田も、さすがプロのミュージシャンです。
      プロは、常に周囲を圧倒する技を繰り出して来るものです。

      ヤツは細部にまでこだわり、我々を圧倒し続けます。
      常に、我々凡人の予想を裏切り、遥か彼方を疾走しているのです。

      見せて、観せて、魅せてしまうのです。

      「ラッドスターシリーズ!俺に見られるな!それだけで胃袋直行だぜ!」

      みたいな。

      食べ過ぎで倒れても、やはり点滴をしたそうです。

      お医者さんは、どう思っただろうなあ。

      まあ、むか~しの話ですが。

      それだけ食べても、太らないのが不思議です。

      太らないと言えば。

      「オーダーメイド」のビデオを観て、驚いた方も多かったみたいです。

      洋次郎も、痩せましたねぇ。
      体調を壊したり、無理なダイエットをしたわけではないので、ご心配なく。

      自然と食べる量が減ったみたいですよ。

      昨日、ワタナベ・ニシザキと、野田・塚原で待ち合わせをしていました。

      手を軽く振りながら、歩いて来る洋次郎を見て、
      「痩せたなー。」とつぶやいてしまいました。

      しょっちゅう会っている気がしますが、不思議なものです。

      何の待ち合わせかとゆーと。
      ご飯食べに行ったり、遊びに行ったりしたわけではなかったのです。

      ちゃんと、働いたんです。

      ZIPPER (6/23発売)のCharaさんの連載に、ゲストで呼んでもらいました。
      Charaさんは、とても素敵な方でした。

      ありがとうございました。

      お楽しみにー。

      14:59 | Comments(194)

    • 2008.05.01 ばらんす。
    • 2008.05.01
      ばらんす。

      2008年05月01日

      ばらんす。

      ワタナベです。
      暖かくなりましたー。

      前回書いた「食後にうろん。」を極めた夜から、ゆっくりと「うろんへの傾斜」も落ち着いて来たように思えます。

      (いまだ冷蔵庫には、加ト吉が5玉くらい保存されていて、きっとそれは順調に消化するんだろうけれど。)

      バランス良い食事は大切ですね。

      RADWIMPSのメンバーも19歳くらいの頃は、見ていて気持ちよいほどたくさん食べていました。

      ライブのあとに食事なんか行ったら、そりゃー凄かったもんさ。(誰、これ?)

      テーブルに届く料理は、チャーハン、ピラフ、焼きそば、焼きうどん…。

      オール炭水化物。
      炭水化物の海。

      それが、次々と「空いたお皿」となって、戻ってきます。

      そして、またオーダー。

      「すいませーん!ナポリタン大盛くださーい!」

      あまりに食べ過ぎて、武田が倒れた事もありました。
      凄いエピソードだと思います。

      凡人には、なかなかたどり着けない風景を、彼はその瞬間、見たんだと思います。

      「俺は、食べすぎで倒れた事がある!」

      有無を言わさない迫力がありますね。
      さすがです。

      ライブで仙台に行った時は、善木さん(所属事務所社長)が美味しい牛タンの店に連れて行ってくれました。

      コースになっていて、いろいろ出て来ます。

      我々スタッフは、「美味しいなあ。お酒も進んじゃうなあ。」とヘロヘロしていたのですが、

      「ご飯大盛4つください!」

      と言ったあと、言葉も発せずRADWIMPSは食べ続けたのでした。

      無言の食卓。

      …。

      次に響いた声は、

      「ご飯おかわり4つください!」

      でした。

      さすがです。

      最近は、すっかり落ち着いて来たみたいです。
      メンバー4人、とっても元気でいますので、ご安心を。

      春になって、就活中の人、入社して新しいスーツを着た人、を良く見かけます。
      通う場所や住む場所が変わったりと、新たな季節に突入した人もたくさんいると思います。

      決して「うろん」に溺れる事なく、バランス良い食事を。
      身体に気をつけて下さいね。

      無理せず楽しく。
      無理矢理、楽しく。

      大丈夫。俺たちにはラッドがいる。(加ト吉もいる。)
      愛と勇気と、RADWIMPS。(と、加ト吉。)

      …。

      あ、あしたも、がんばろー。

      15:44 | Comments(198)

    • 2008.04.24 う。
    • 2008.04.24
      う。

      2008年04月24日

      う。

      ワタナベです。
      うろんへの偏り、いまだ続いています。
      (暖かいコメントありがとうございました。)

      なんだろうか、この激しい傾斜感は。
      これはもう、恋なんじゃないかと思います。

      とうとう、ここまで来てしまったか。
      ついに到達してしまったのか。
      これが、境地や悟りと言うものなのか。

      と、思った夜がありました。

      たまには違うものをと先日、普通に中華を食べたのですが、なにか淋しかったのです。

      加ト吉が俺を呼んでいる。みたいな。

      もう満腹なんだけど。

      じゃあ、ひと玉だけ。みたいな。

      食事のあとに、うどん。みたいな。

      もしお店だったら。

      「いらっしゃいませ。」
      「えーっと、うどん下さい。」
      「はい、うどんですね。いつお持ちしますか?」
      「あ、食後で。」

      (何の食後なのよ。)
      ホント、あぶないですね。

      気をつけます。

      それはさておき。

      前回のニシザキが書いた日記、ご覧になったでしょうか。

      まさかラジカセが、遠隔操作されていたとは。

      うーん。
      ううーん。

      なるほど。

      変だと思ったんだよなあ。

      なるほどなあ。

      気をつけます。

      1st Album「RADWIMPS」を聴きまくって。
      1年間待って、遂に「祈跡」が届いて。

      ラジカセが、「遠隔操作」されていたのは、その頃です。
      どこでも聴けるように、2枚のCDを常に持ち歩いていました。

      そして、2nd Album「RADWIMPS2~発展途上~」の制作に突入。
      出来上がって行く過程を見て、ホントにワクワクしました。

      このアルバムは、スタジオのロビーのような所で、ギターをレコーディングする事になりました。
      (ロビーと言うか、ソファやテーブルがある、食事や休憩をする部屋です。)

      トイレには、その場所を通過しないと行けません。
      ギターのレコーディングが始まると、トイレは我慢です。

      終わってドアをガチャっと開けると、くわがひとり難しい顔をして、ギターを弾いていたりします。

      「あれ、ごめん。今録ってないよね?」
      「ダイジョブです。練習だから。」
      「ごめんねー。コーヒー飲みすぎちゃって。」

      なんちって、やっていました。
      失礼しましたん。

      そして。
      「へっくしゅん」のあと、メジャーデビューするのですが、曲が出来上がるたびにホントに驚きました。

      根こそぎ持っていかれました。

      次はどんな曲だろうと、楽しみで仕方ありませんでした。

      今も。

      同じ時代にいて、良かったですね。

      既に解散したバンドを好きになった人が、こんな事を言っていました。
      「同じ時代にいて、新曲と言うものを聴きたかった。CDを全部買ったら、それで終わりだもん。」

      ホントそうだなあ。

      良かったですね。

      良かったなあ。

      15:20 | Comments(204)

    • 2008.04.18 RAD漬け
    • 2008.04.18
      RAD漬け

      2008年04月18日

      RAD漬け

      ニシザキと申します。先日のナベさんの書き込みについて補足です。

      私達の机には1人1台CDプレイヤーがあって、いろいろな人が、いろいろな曲を勝手に
      聴いています。こっちではロックがかかっていても、向こうでは演歌が流れていたりします。

      その当時。
      ナベさんは、来る日も来る日も、会社で同じCDを大音量でかけ続けました。
      「また同じの聴いてる!」と言っていたのは、私ばかりではありません。部長も、
      アルバイトも、宅急便のお兄さんもです。(最後の人だけ嘘です)

      困ったことに、長く席を外す時にも、CDをかけたまま彼は去っていきました。
      ご主人様がいないCDプレイヤーは、更に大きい音を出しているように聴こえました。

      そこで、我々は解決策を見つけました。
      「一筋の光」と言っても過言ではないでしょう。
      同じ種類のCDプレイヤーのリモコンを見つけたのです!
      これで机をはさんだ席の向こ~うからも、遠隔操作が可能に!
      「ちょっと音大きいんだけど・・・」という時は、遠くからピッピッ。
      「次の曲を聴いてみよう。」という時も、遠くからピッピッ。

      ナベさん、ごめんなさい。
      急に音が小さくなったり、曲が飛んだりしたのは、CDプレイヤーのせいでは無かった
      んですよ。

      今考えれば、そのCDはRADWIMPSで、おかげさまでメジャーデビュー前に全ての曲を
      歌えるまでに、頭に叩き込むことが出来ました。
      そして今は、みんながいろいろな場所で、RADを聴いています。

      ナベさん、最近はヘッドフォンをして仕事していますが、電話にも出ないつもりですね?
      何聴いているんですか?

      17:42 | Comments(167)

    • 2008.04.16 うろん。
    • 2008.04.16
      うろん。

      2008年04月16日

      うろん。

      うどん。
      饂飩と書いて、うどん。
      変な状態の、ワタナベです。

      何なんだろう、これ。
      何なんだろう、おれ。

      そのうち落ち着くだろうと思っていたら、もう一ヶ月を余裕で越してしまった。

      うどんばかりを、食べています。
      ある日突然スタートを切ったまま、独走を続けています。

      身体の奥底から、「うどんを食べろおおおおっ!」と声が聞こえて来るように。
      うどんが切れたら、すごい禁断症状が出るかのように。

      うどんを、ひたすら食べています。

      昼も、うどん。
      夜も、うどん。

      どこか、おかしーんじゃねーか。
      なんか、あぶねーんじゃねーか。

      加ト吉のうどんは美味しいと奨められ、家でも暇があったら(?)うどん。
      冷蔵庫の加ト吉が、残りひと玉になると不安になります。

      スーパーで3玉のパックを買って来て冷蔵庫にしまうと、オレンジの光に包まれたその姿に安心してしまいます。

      「また、たのむぞ。」
      「頼りにしてるぞ。」
      「俺には、わかってる。お前はいつも、やってくれる。」

      と目で語りかけながら、ドアを閉めています。

      今まで麺と言えば、蕎麦かパスタだったのに。
      蕎麦の香りに恍惚とし、パスタでワインがニコニコだったのに。

      ずるずるずずうー。
      ずずずのずー。
      と、うどんばかりを食べています。

      身体に良くねえなあ。
      でも四国に行って、美味しいうどんをたくさん食べてみたい。

      しっかし、不思議だなあ。

      いつまで続くのか、気長にうどんと向き合ってみようと思います。
      突然始まった事だから、ある日突然パタっと止まる日が来るような気がします。

      RADWIMPSも初めて知った日から、来る日も来る日も聴いていました。

      会社でも毎日聴くから、
      「またそれ聴いてるんですか?」と言われながら。

      昼もラッド。
      夜もラッド。

      1st Albumが2003年発売だから、随分時間が経ちました。
      突然パタっと止まる日が来るはずもなく、ずうううっと愛し続けています。

      これを読んでくれている皆さん。
      RADWIMPSのメンバーとスタッフの皆さん。

      末永く、トゥゲザーしようぜ。

      あれ。

      14:45 | Comments(294)

    • 2008.04.10 言。
    • 2008.04.10
      言。

      2008年04月10日

      言。

      まいったなあ。
      またやっちゃったよ。
      今後は再発防止に向けて…なんて書いちゃったしなあ。
      困っちゃったなあ。

      あ、ワタナベです。
      以前、「ポチョムキン」を「ボチョムキン」と間違えた、ワタナベです。
      その直後に、「有言実行」を「有限実行」と書いてしまった、ワタナベです。

      熟語を間違えると、恥ずかしいなあ。

      とは言え。
      皆様の、暖かさにも触れる事が出来ました。

      「バカだなあ、ナベ。今度は漢字間違えてるよ。」と気づいた方々の反応は、3種類に分かれていたようです。

      1. ふっ。と笑って、見て見ぬふりをする。
      2. 「有限」ではなく「有言」ですよと、指摘をする。
      3. 指摘はせず、さりげなく正解の表記をコメントに挟む。

      みんなのそれぞれが、優しい。
      暖かすぎるぜえええ。

      ふう。

      あのね。
      問題の部分を書いている途中でね、「ぐわ。キュルキュル(テープが巻き戻る音。)くわ。」と言うネタを思いついたのね。

      そしたら面白くなっちゃって、早くその部分を書きたくなっちゃってね。

      急いで次に行こうとして、注意が散漫になってしまって…。
      と、言い訳ニョロニョロ。

      開き直って。

      「有限実行」も、人間味があっていいじゃん。

      「いいですか、皆さん。実行出来る事にも、限りが有るんですよ。何でもかんでもやります!なんて、無理なんですよ。出来る事だけ、実行すればいいんです!」

      みたいな。
      ちょっとシニカルな俺。みたいな。

      はあ。

      今後は、第三者による監視機関の設置も検討し、このような不祥事が繰り返されないよう、多層的に防止策を講じ、国民の皆様の安全な生活を第一に優先した、積極的な運営をしていく提示をきちっと明確にしていきつつも、今回の事態に陥るまで対策が講じられなかった組織的な問題、個人的な問題、それぞれを最後の1円まで帳簿を確認しながらも、改めるべきは改め、開示すべきは開示していく姿勢を今後も崩すわけではないわけであるようなことであったわけではないと言うわけではないと言う事を、草の根的に訴えて行く必要があると感じているわけです…。

      ひい。

      ホント、すみませんでしたー。
      受験生の方々に、迷惑をかけてなければ良いのだけれど。

      さて。
      野田洋次郎が、Charaさんへの楽曲提供・プロデュースを手がける事になりました。

      「作詞・作曲:野田洋次郎」は、見慣れた表記だけれど。

      「Produced by 野田洋次郎」

      って、なんか文字の並びが凄いじゃん。
      新しいじゃん。

      新しい事をやる時は、大変に決まってます。
      その分、成し遂げた後に、得る情報量も膨大だと思います。

      そうやって、前に進んで行くんですね。
      偉いなぁ。

      洋次郎、ご苦労様でした。

      皆さんも、お楽しみに。

      12:39 | Comments(260)