Staff Diary

  • 2013.03.21 どかんどかん
  • 2013.03.21
    どかんどかん

    2013年03月21日

    どかんどかん

     

     

    ワタナベです。

    またまたご無沙汰してすみません。

    昨年から鳴らしていたエンジン音「どるるん、どるるん。」は、アクセル全開。

    爆発的に走りだしている。

    横浜アリーナ開催、「ブリキ」、「白と黒と4匹のワルツ」、そして「ドリーマーズ・ハイ」先行配信。

    どかんどかんと、慌ただしく、楽しく。

    行くぞ、とことん。

    どかどかどかん。

     

    「ブリキ」は映像を観て、改めて心に染みた。

    「いい映像!ご苦労様でした!」って、島田監督に電話した。

    第一声は、「いやー、歩きました。」

     

    わははは!と、笑ってしまった。笑うしかなかったんだけど。

    あれだけカメラを構えて歩き続けるのは、大変だったろうな。

    歩みを止めずに、歩き続けよう。

    想いは、たくさんの人に伝わったみたいだ。

    素晴らしかった、ありがとう。

     

    「白と黒と4匹のワルツ」は、スタジオで一発。そのまま演奏、撮影された。

    「ドリーマーズ・ハイ」のCD-Extraで、全編が観られる。

    4人が横並びでピアノを弾いているけれど、それぞれのバンドでのパートが割り振られている。

    武田がベースラインを、洋次郎がメロディを弾く。と言ったように。

    「4人がいてこその、RADWIMPS!」を見せつけるような、映像作品だ。

     

    「ドリーマーズ・ハイ」の、ビデオも遂に完成。

    何日かかけて、各所でロケを敢行。

    撮影当日は、オリンピック招致でIOCの視察委員が来ていたらしい。

    しょっちゅうパトカーが見回りに来た。

    撮影チームは、怪しい感じの人たちが多いけど、悪いことしてませんよー。

    お互い、頑張ろうやー。

     

    そんなこんなで、もうすぐ27日。

    発売日前日の26日には、4人で「SCHOOL OF LOCK!」生出演。

    4人の元気な声を、みんなに届けたい。

    全国のラジオ局にも、コメントを収録してお届けします。

    番組リストは、後ほど。

     

     

    「ドリーマーズ・ハイ」を、待ってくれている人たちに、しっかり届けなくちゃ。

    20日には配信が始まったので、既に聴いてくれた人は、ありがとう。

    久々のラジオ生出演~シングル発売。

    感想、待ってますね。

     

    そして智史、誕生日おめでとう。

    いやーしかしあーた、変わらんなあ。

    ドラムがうまくなっていく以外は。

    とか言ったら、「そんなことないすよ。」なんて、照れくさそうに笑うんだろうなあ。

    かっけーよなあ。

    落ち着きがあって。

    俺みたいに、ちょろちょろしないもんなあ。

    これからも、よろしく。

     

    「ドリーマーズ・ハイ」を待ってくれているあなたにも。

    これからも、よろしく。

    いつも、元気や勇気を貰っています。

    同じ空の下、同じ曲を聴いて笑顔を交わしましょうね。

     

    14:46 | Comments(182)

  • 2013.01.15 謹賀新年
  • 2013.01.15
    謹賀新年

    2013年01月15日

    謹賀新年

     

     

    ワタナベです。

    遅くなりましたが、今年もよろしくお願い致します。

    致しますったら、致しますからね。

     

    どるるん、どるるんと、シングル発売とライブ開催が発表となりました。

    メンバー、スタッフ一同、新年から一斉に動いています。

    みんな、元気です。

    やる事はたくさんあるけれど、大好きなバンドの仕事は楽しい。

    わっしょい、わっしょい。

     

    RADWIMPSの4人は、シングルのレコーディング作業が大詰め。

    並行して、ジャケットやビデオの打ち合わせ。

    雑誌や店頭を飾る、4人の写真の撮影準備も。

     

    そんな活気のある新年、ホームで電車を待っていたら、中学生くらいの女性が隣に立った。

    首が直角に下を向き、うつむくと言うよりは、うなだれている。がく~ん。みたいな。

    しばらくはそのままの体勢だったのに突然、かなりのボリュームで「はあー。」と、ため息をついた。

    そのあとに、「まー、いいかー。」とつぶやいた。

    思わず言ってしまったひと言で、「あっ。」と我に返り、恥ずかしそうに歩き去って行った。

    (あの時、周りにいた人はみんなびっくりしたと思うけれど、本人もびっくりしただろうな。)

     

    思わず出たため息と、「まー、いいかー。」

    その若さに、どれだけのプレッシャーがかかっているのだろう。

    ただ、出たひと言が「まー、いいかー。」で良かった。

    そうそう。辛いことがあったら、そう思うことにしよう。

    そうやって取りあえず乗り越えて、睡眠と食事を摂れたら何とかなる。次につないでいこう。

    そうして、「死ぬまで生きる。」んだ。

     

    いろいろと、大変な状況にいる人も多いと思うけれども。

    それぞれの、スピードで歩きましょうね。

    みんなと一緒じゃなくてもいいんだし。

     

    雪がどんっと降って、ツアーで行った雪国を思い出した。

    早くみんなに会いたいな。

    転んでケガなどしませんように。

     

    良い年にしましょう。

    18:22 | Comments(463)

  • 2012.12.26 良い年に。
  • 2012.12.26
    良い年に。

    2012年12月26日

    良い年に。

     

     

    ワタナベです。

    クリスマスは、いかがでしたか。

    illionから、素敵なプレゼントもあって良かった。

    ワクワクしましたね。

     

    来年もワクワクして貰えるように、みんなで動いています。

    RADWIMPSの4人は、年末もスタジオ入り。

    いつもなら、メンバー・スタッフ集まって、忘年会をやっているのだけれど。

    それで新年会も、1週間後くらいにきっちりやるんだけど。笑

     

    全員集まって、挨拶のやりとり。

    来年もよろしく!

    おめでとう、今年もよろしく!

    素敵な挨拶だ。

    そんな挨拶をしながら、握手したり肩をたたき合ったり。

    そうやって、みんなで歩いてきた。

     

    今年は新年早々、1月11日にライブ映像「絶体延命」をリリース。

    映画館での上映も、楽しかった。

    3月11日には、新曲「白日」をYouTubeに発表。

    バンドは大変な集中力で、音を立ち上げました。

    レコーディングは続き、8月1日にはシングル「シュプレヒコール」をリリース。

    たくさんの人とネットでお祭りをやり、これも楽しかった。

    暑かった夏、北海道 RISING SUN FESTIVAL、広島 SETSTOCKに出演。

    やはり、みんなに会えると嬉しい。笑顔や声援に感動。

    早くまた会いたいな。

     

    RADWIMPSとみんなのおかげで、僕には良い一年となりました。

    来年は、「RADWIMPSとみんな」に加えて、海外からillionがやって来る。

    楽しみだなあ。

    来年も、やさしくたのしく。

    良い年にしよう。

    良い年に、なる。

    なる。する。

    なるする。なるするなる。するする。

     

    だからもういっかい。

    高らかにエンジン音を、轟かせておこう。

    どるるん、どるるん。

    どるるん、どるるん。

     

    心を込めて。

    来年も、よろしく!

    13:05 | Comments(419)

  • 2012.11.26 どるるん。
  • 2012.11.26
    どるるん。

    2012年11月26日

    どるるん。

     

     

    ワタナベです。

    illionの未来、楽しみですね。ワクワクしますね。

    やる方は大変なんだろうけれども。

     

    しかしあの人に関しては、今まで何度も同じ事を思って来たけれど。

    良くもまあ、ああいうことを思いつくものだ。

    illionって名前、カッコいいよなあ。

    どこまでも、遠くまで、行ってこいやー。

    応援するぞー。

     

    ここに来て、制作意欲も旺盛と言うのか、RADWIMPSとしての曲作りも続いています。

    新たな曲が、育っています。

    デビュー7周年。

    たくさんのコメント、ありがとうございました。

     

    前回の「日産パルサー」こぼれ話を、喜んでくれた人もいたので、今回も。

    デビュー記念と「制作意欲も旺盛」にかけて、お話します。

     

    7年前の2005年。

    翌年2月に発売されるメジャーデビューアルバム、「RADWIMPS3~無人島に持っていき忘れた一枚~」の制作が続いていた。

    一番最後に録った曲は、「4645」

    どうしてもこの曲を入れたい、だが発売日が決まっているので、締め切りも迫る。

    学校のテストも始まる。ああ、どうしよう。

    洋次郎はパソコンに、勉強用と歌詞を書くのと2つのスペースを作りながら、頑張ったようです。

     

    そんな大変な時期、2005年のクリスマス。

    (学校があったので、どうしても夏休みや冬休みに集中して曲を作っていた。)

    その日の打ち合わせで、野田洋次郎は宣言する。

    「来年は、2枚アルバムを出す。」

    周囲の誰もが信用しなかったこの言葉は、皆さんがご存じの通り結実したのでした。ぱちぱち。

     

    無事「4645」を録り終え、メジャーデビューアルバムは完成する。

    しかもその時にはもう、「ふたりごと」の原型があった。

    「4645」を間に合わせるのがギリギリで、「ふたりごと」をアルバムに入れるのは時間が足りず断念。

     

    我々スタッフは、「デビューアルバムとは思えない、大変なアルバムが出来た。これをきちんと届けなくちゃ!」と、プロモーションを始めるのだけど、メンバーからは「プロモーションもちゃんとやりたいんだけど、ふたりごとも完成させたい。」と、攻めの発言が飛び出す。

     

    「もしもしナベさん?RADWIMPSにインタビューしたいんだけど、スケジュールありますか?」

    「あ、ありがとう。実は今、レコーディングしててね。」

    「えっ?アルバム完成じゃなかったの?」

    「アルバムは、完成だよ。」

    「じゃあ、何やってんの?」

     

    みたいな、不思議な会話を何度もした。

    デビューアルバムが出る前に、次のシングルをレコーディング。

    そして、ツアーがスタート。

    多くのファンの笑顔や声援に「制作意欲は旺盛に」刺激され、「ライブでみんなが喜んでくれる曲を作ろう。」と、新たな曲が追加されていく。

    そしてめでたく「RADWIMPS4~おかずのごはん~」は出来上がり、12月に発売。

    1曲目を飾ったのは、ここまで4人を連れて来てくれた曲「ふたりごと」でした。

     

    良く働いたなあ。

    今思い出しても大変だったけど、面白かった。

    毎日、ワクワクしてた。

     

    illionとRADWIMPSが、次に見せてくれる風景。

    楽しみにしてましょうね。

     

    どるるん、どるるん。(前も書いたけど、発車前のエンジン音)

    どるるん、どるるん。

    高らかに、エンジン音は鳴り響いています。

    びりびりと。

    13:09 | Comments(367)

  • 2012.10.17 パルサー
  • 2012.10.17
    パルサー

    2012年10月17日

    パルサー

     

     

    ワタナベです。

    ご無沙汰してすみません。

    やっとサイトに「NEW」の文字がついた、何かの発表?と思われた皆様。

    何もなくて、これまたすみません。

    4人は元気で、曲を作ったりしています。

     

    もうすっかり涼しくなってしまった。

    薄いパーカーを着て、これを書いています。

    何故かPCの横には、ハイパーヨーヨーが2つ。

    先日思い立ち、突然購入した。

    最初に「初心者用」と書いてあるのを買って、思ったとおりにできなかったので、「俺のせいじゃない、ヨーヨーが違うんだ。」と、「中級者用」を買った。むむー。

    RADWIMPSのメンバーは、ヨーヨーをやったのかどうか、今度聞いてみないといけませんね。

     

    さて。

    新たなニュースもないので、今回はこぼれ話のようなものを。

     

    「シュプレヒコール」が、いよいよ完成する日の事。

    全ての作業が終わり、スタジオで3曲通して聴きます。

    「シュプレヒコール」から「独白」が始まり、ソファに思い思いのスタイルで座る4人を見ていた。

    ああいう曲だから、出会った頃など思い出して、いろいろ歩んで来たなあ。一緒に歩めて良かったなあ。なんて感動してた。

     

    スタジオを出て、久々のシングル完成を祝おうと、みんなで食事に。

    みんなで同じような事を思っていたのかはわからないが、自然と「独白」に出て来る日産パルサーの話になった。

    インディー時代のメンバーに会ったとき、「車が燃えた!」と騒いでいたような気がする。

     

    歌詞にあるように、「深夜の5時間パック」のスタジオだったので、片付けたり何か食べたりで、帰るときは早朝の通勤ラッシュのピーク。渋滞でみんなイライラしてるのに、車は煙を吐いてストップ。

    「浴びせられるクラクションと冷たい視線」と曲にあるのは、そういうことだったのです。

    結構マジに大変だったようです。

    しゃれにならねー。とは、このことじゃないすかね。

    たぶん多くの人の、通勤の足をうばったのだろう。

     

    「おいナベ!お前また遅刻か!」

    「いや、違うんすよ部長、前の車が突然燃えだして、動かなくなったんすよ!マジびっくりっすよ。」

    「車は急に燃えねーだろ、嘘つくんじゃねー、ばかやろー!」

     みたいな。

     

    確か武田がネットであまりにも安い車を見つけ、買ったものだったような。

    話を聞いて、「車って、そんな安いの!」とびっくりした。

    車検がついてないやつだったから、結局はそれなりの値段になったみたいだけど。

    彼は「絶体絶命」発売時に受けたアンケートで、「落ち着く場所はどこ?」の質問に、「車のなか」と答えている。

    同じくその時期に出演した番組で、智史が「ずいぶん前の話だけど、武田んちに行ったとき、玄関あけたらタイアが積んであってびっくりした。」と発言しています。

    昔から、車が好きだったんだね。

     

    煙を吐く日産パルサーを見つめ、レスキューを待ちながら立ち尽くすしかない。

    そのときのメンバーを、車を愛する武田を思うと、つらくなります。

    「悪いことばかりじゃないよ。」とつぶやきたくなる。

    どんな事も通り過ぎ、過去になる。

    立ち尽くすメンバーを、その時は横で励ませなかったので。

    そのかわりに、学校や塾、部活動や家族、仕事なんかでうまくいってない人に、「悪いことばかりじゃないよ。」と、勝手ながらつぶやかせて頂きます。

     

    えいえいおう。

    風邪、気をつけてね。

    18:08 | Comments(398)

    • 2010.05.20 もうすぐ聴いて頂きます。
    • 2010.05.20
      もうすぐ聴いて頂きます。

      2010年05月20日

      もうすぐ聴いて頂きます。

       
      ワタナベです。

       
      またまた突然で驚かれたかもしれませんが。

       
      オフィシャルサイトに、「携帯電話」と「マニフェスト」のボタンをつけました。

      押すと、歌詞の一部が浮かび上がってきます。

       
      いち早く聴いて頂こうと、配信の準備も整いました。

      NEWSに、スケジュールを載せておきます。

       
      メンバーの最新写真やレビューが掲載される雑誌も、MEDIAのコーナーに書いておきます。

       
      久々のフリーペーパー、(有)ボクチンも復活します。

      (配布する店名リストを、現在まとめています。完成したら、NEWSに載せておきます。)

       
      メールマガジンも喜んで頂いて、こちらも喜んでいます。

      ああ、シアワセレンサ。

       
      発売に向けてやって来た事柄が、ビシバシと出て行きます。

       
      RADWIMPSのメンバーは、曲作りを続けながら、ROCKS TOKYOライブのリハーサルに突入して行きます。

       
      今後もワクワクと、楽しんで下さいね。

       
       
      これから下は、私事です。

      (RADWIMPSに関係ある情報は、出てきません・・・。)

       
      長い間仕事を支えてくれたノートパソコン、黒いMACとサヨウナラをします。

      今後は自宅用として、悠々自適の隠退生活を送ります。

       
      急ぎの仕事が多いときに調子が悪いと、ちゃんとしたPCが欲しくなります。

      今度から、銀色のMACになります。

       
      黒いMAC、その名も「クロマッ君」は、2006年末、私のもとにやって来ました。

      「ソナタと行く冬のツアー」最終公演の12月、Zepp Tokyoで使い始めたのを良く覚えています。

       
      それから約3年に渡り、RADWIMPSの動きを発信してくれました。

      昨年は洋次郎の取材で、インドにまで渡ったものでした。

       
       
      何か購入した時、周囲の人たちに「また買ったの?こないだ買ったばかりじゃん。」と言われるから、自分に言い訳を考える俺。

      自分で自分に「買ってもいいんだよ・・・。」と、囁きたい俺。

       
      クロマッ君は、RADWIMPSのメジャーデビューが、無事に終わった一年の記念に。

      今度のMACは、2枚シングル同時発売を皮切りに、新たなRADWIMPSのストーリーが始まる記念に。

       
       
      うむ。良い言い訳だ。

       
      それともうひとつ。

      言い訳を思いつきました。

       
      悪いのは全て、塚原マネージャーなのです。

       
      そうそう。そうなのです。

       
      いつも打ち合わせの時、銀色のMAC(新しいモデルなんです。)をサッと出すので、「いいなあ、欲しいなあ。」と思っていたのです。

       
       
      小さい子供は、人の持ってるオモチャを欲しがりますね。

      それは、とても重要な感情なのではないでしょうか。

       
      他人にはあって、自分には損なわれている部分を、埋めようとする姿勢。

      その求め続ける努力で、人生をサバイバルする術を学んでいるのではないでしょうか。

       
      デパートのオモチャ売り場で、子供が顔を、涙と鼻水だらけにして、「買ってー!買ってよーーー!うぎーー!」と、絶叫しているのを見た事があると思います。

       
      あの魂の叫びこそが、人間を真に前進させるのではないでしょうか。

       
       
      そう考えると。

       
      人の持っているMACを欲しがる私のどこが、「ガマンの出来ない、困った大人。」なのでしょうか。

       
      私はなぜ、「いくつになっても、新しいモノに飛びついてばかり。」などと、私の人間性を軽んじた発言を聞かされるのでしょうか。

       
       
      ・・・。

       
       
      よし。

       
      買っちゃおう。

       
      うひ。

       
       
      たぶん、「クロマッ君」で更新する最後の日記になると思われます。

       
      ありがとう、クロマッ君。

      よろしく、銀マッ君。

       
       
      失礼しました。

      16:03 | Comments(253)

    • 2010.05.10 メルマガ。
    • 2010.05.10
      メルマガ。

      2010年05月10日

      メルマガ。

       
      どっしゃー。

      ワタナベです。

       
      えらいご無沙汰してしまいました。

       
      突然で驚かれたかと思いますが、メルマガを復活しました。

       
      駄菓子菓子。(by 山口智史)

       
      配信不能で帰って来るメールが、結構あります。

      アドレスを変更された方は、再登録をお願いします。

      新たに登録する際も、アドレスの入力を間違えないようご注意下さい。

       
      発売日までの期間限定で、無料です。

      第2回目の配信は、これからです。

       
       
      新曲、音源部分が完成しました。

      その後、ジャケットを制作したり、新たな写真を撮ったり、トントンカンカンと、シングル2枚の準備が急ピッチで進んでいます。

       
      素晴らしい曲を作ってくれたRADWIMPSや、楽しみにしてくれている皆さんのために、最良の状態で届けたい。

      そのために出来る事は、全部やりたい。

      そんな想いで、関わる全てのスタッフがイキイキと動いています。

       
      僕のMACも、「携帯電話」「マニフェスト」と書かれたファイルで溢れています。

      あっと言う間に、書類だらけになりました。

       
      いろいろ考えたり打ち合わせした事が、どんどん形になっています。

      せっかく完成した音源、いち早く聴いて頂こうと、その用意も進めています。

       
      今後随時、オフィシャルサイトでお知らせしていきますので、もうしばしお待ち下さい。

       
       
      メンバーは4曲を産み落としたあとも、新たな曲作りに着手しています。

      ROCKS TOKYOのライブも、せまって来ました。

       
      連日、バンドは精力的に動いています。

      みんな、元気です。

       
      皆様も、お元気で。

      我々同様、万全の体制で6月30日を迎えて下さい。(笑)

       
      よっしゃー。

      14:26 | Comments(410)

    • 2010.03.31 携帯写真館2
    • 2010.03.31
      携帯写真館2

      2010年03月31日

      携帯写真館2

      080628_2019~010002.jpg

       

      携帯写真館、その2でございます。

       
      さて、これはどんな写真でしょうか?
       
       
      1 武田のような猫
      2 猫のような武田
      3 智史のドラムにお茶をこぼしてしまい、世界一の土下座を披露する武田
      4 ドラムにお茶をこぼしたと同時に洋次郎のギターを倒してしまい、宇宙一の土下座に挑戦する武田
       







       
      正解は腰を伸ばす武田でした。
       
      うん、普通。
       
       
      ニャー☆塚原
       
      ———
       
      追記:最初に投稿した際に重複投稿や一部の環境で写真が表示されないなどの不具合が発生致しました。問題を解消するために、その投稿を削除、再度新規投稿という形を取らざるを得なかったため、投稿していただいたコメントも同様に削除されてしまいました。
      折角コメントを書いていただいた皆様にご迷惑をお掛け致しましたこと、深くお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。今回のようなことがおきないよう、すぐに対応致します。
       
      塚原

      02:52 | Comments(508)

    • 2010.03.16 新木場
    • 2010.03.16
      新木場

      2010年03月16日

      新木場

       
      ワタナベです。

       
      久々のライブが決定しました。

       
      新木場若洲公園。

       
      新木場では以前、「いいんですか?」のビデオを撮影しました。

      DVD「RADWIMPS 4.5」で、メイキングも観られますが、厳寒の雨の中、大変な思いをしました。

       
      RADWIMPSが出演する、5月30日。

       
      晴れるといいですけどねえ。こればっかりはねえ。どーなんですかねえ。

      新木場在住の皆さんに、ご迷惑じゃなければいいんですけどねえ。

       
       
      アルバムを出して、また暫く音沙汰がないのでは・・・。と、言われたりもしました。

      予想を裏切り、バンドは動いています。(笑)

       
      遠くて、東京まで行けない!と言う皆様、ごめんなさい。

      ステージに向かう4人に、パワーを送って下さい。

       
       
      これから先は、私事です。

      前回、歩いていて転んだと書きました。怪我を気にかけてくれた方々もいて、恐縮です。

       
      もう、良くなりました。

       
      膝を強打したおかげで、2~3日はヨチヨチとしか歩けませんでした。

      歩けと云われても、うまくできないんです。

       
      絆創膏を貼り替える時、僕の中にある触れちゃいけないとこに、僕はたまにわざと触ってみました。

      そんでもって、「痛ー!」と叫びました。ちっ。

       
      階段での移動がいかに大変か、お年寄りの気持ちがわかったような気がしました。

       
      信号がない道路。車がぶんぶん走っていて。歩道橋しかなくて。

      膝が痛くて、のぼれねえよ、これ。でも、急いでんだよ、俺。

       
      タクシーでひと周りして、向こう岸に届けてもらいたい。と、歩道橋を見上げて泣いた夜もありました…。

      上じゃなくたって 下じゃなくたって 横にだって道はあんだ!と、トボトボ迂回しました。

       
       
      お年寄りは、大切にしましょう。

       
      余裕があれば、動き出した4人組も、大切にしてみましょう。

       
       
      皆さんの声援が、バンドを次の場所に送り出します。

      それは、スタッフが何人いてもかなわない、無敵のパワーなのです。

       
      笑顔を、歓声を。

      いつもありがとう。

      13:51 | Comments(581)

    • 2010.02.25 もうすぐ
    • 2010.02.25
      もうすぐ

      2010年02月25日

      もうすぐ

       
      ワタナベです。

      前回の携帯写真館、面白かったですね。

       
      写真は楽しいなあ。

       
      インドから帰って、何故か写真をフィルムでばかり撮っています。

      中古カメラ屋さんで、ふるーいカメラなんか買って、にこにこしています。

       
       
      パピルスのサイトで、一部インドの写真が発表されました。

      もうすぐ、発売です。
       
      洋次郎がボートに乗っている場所が、ガンジス川です。

      夜明けのガンジスを!と、朝5時くらいにホテルを出発しました。

       
      もう一枚は、洋次郎に、物乞いの人が近寄っているものです。

      現地で歩いていると、次々と近づいて来ます。

       
       
      旅は、いいですね。

       
      東京で清潔な服を着て、アスファルトの上を歩いていると、インドの乾いた砂埃が懐かしくなります。

      確かにあの時、みんなでインドにいたんだなあと思うと、不思議な気持ちになります。

       
      インドからは、沢山のものを貰いました。

      ありがとう。

       
       
      インドの人は、帽子をあまりかぶりません。

      ターバン巻いたりしますから。

       
      不思議な帽子とブーツの日本人がいる!と、洋次郎はとても注目を集めていました。

      僕も少し、洋次郎の帽子を被って歩いてみたのですが、ものすごおおくジロジロ見られました。

       
      洋次郎は帽子が似合うからいいけれど、僕が被ると、余計「不思議な日本人感」がましたように思えました。

      「なんだ、アイツ?」みたいな。

       
      ちっ。

       
      どーせ俺は、インドにおける「日本人感」を下げてしまったのさ。

       
      オリンピックで、世界と技を競っている人も、いるとゆーのに。

       
      選手の皆様、「頑張って」とは言いません。

      楽しんで帰って来て下さいね。

       
       
      余談ですが。

       
      先ほど、歯医者さんに行く途中、「いい天気だなあ。」とぼんやり歩いていたら、道路の突起物に気づかず転んでしまった。

      右手と膝を、すりむいてしまった。

       
      病院に行ったら、「どうしたの、右手。血が出てるじゃない。」と、丁寧にガーゼで消毒してくれました。

      甘えついでに、「先生、実は、膝も・・・。」と、まくり上げたら、笑われてしまった。

       
      なんか小学生みたいじゃん。

      恥ずかしいじゃん。

       
      歯医者さんで、絆創膏を貼ってもらうなんて、貴重な体験でした。

      「ありがとうございました!あ、写真撮っておけば良かった。」と言ったら、また笑われてしまった。

       
      森山先生、すみませんでした。

       
       
      RADWIMPSのメンバーは、曲作りを続けています。

       
      転んですりむいたりは、してないと思います。

       
      暖かく、見守ってあげて下さい。

      14:07 | Comments(415)

    • 2010.02.15 携帯写真館
    • 2010.02.15
      携帯写真館

      2010年02月15日

      携帯写真館

      081120_0133~01.jpg

      寒い毎日ですが皆様いかがお過ごしですか?


      塚原です。
       
       
      ちょっと前に携帯を変えました。
       
       
      前の携帯に入ってた写真等のデータを移行させたら、結局1時間ぐらいかかってしまい。。
       
      そんなに何か入ってたかなあ、と思って見てみたら意外と色んな写真が出てきてびっくり。取材や撮影やライブやレコーディングやらでちょいちょい撮ってたので、結構溜まってたようです。
       
      ※その代わりプライベートの写真はほとんど無かった。寂。
       
       
      そんな訳でここにちょっとずつアップしようと思い、今回は第1弾をアップします。
       
      今回の写真は、確か洋次郎と一緒に街を歩いてた時に見つけたもの。携帯屋のシャッターからはみ出してました。うん、思わず叫びたくなりますね。
       
       
      次回もお楽しみにー。
       
       
       
      いいんですよ塚原

       

       

      16:03 | Comments(398)

    • 2010.01.27 自己暗示
    • 2010.01.27
      自己暗示

      2010年01月27日

      自己暗示

       
      うっ。

      ワタナベです。

       
      新年のご挨拶をしたきり、ご無沙汰してしまいました。

       
      暖かくなったり、寒くなったりで、体調を崩しがちです。

      大丈夫ですか。

       
      今朝、少し咳が出ました。

      風邪か?と思ったけれど、急いで「いや、違う!」と思い直しました。

       
       
      また、インドの話です。

      (初めて見る方へ。昨年、野田洋次郎がインドを旅して来ました。その模様が、幻冬舎の雑誌パピルスに掲載されます。2月27日発売です。詳しくは本を見て頂きたいので、そのガイドとなるような事を書きます。)

       
      聖なる川、ガンジス。

      ここで沐浴するために、毎年何十万人もの人が巡礼に訪れるそうです。

       
      川に入り、水を両手で捧げ持ち、飲んでいる人もいます。

       
      そんな日の夜、食事をとりながら。

      「どうしてあの人達は、お腹をこわさないんだろう?」と言う話になりました。

       
      日本で買ったガイドブックには、「インドでは、水道水を飲まないように。」と書いてあります。

      お腹をこわす可能性があるとの事で、我々も水には気を配っていました。

       
      濁った川の水を、押し頂くように飲んでいる人を見て、不思議に思いました。

       
      現地の人たちは小さい頃から、その環境に馴染んでいます。

      川の水を飲んでも大丈夫な、免疫が出来ているのかもしれません。

       
      とは言え、死体も流れて来る、ガンジス。

      様々な感染症の要因となる細菌も、含まれているそうです。

      免疫だけでは、片付けられないようにも思えました。

       
      ヒンドゥー教徒にとってガンジスは、天国に続いている川。

      その水は、とても神聖な物質です。

       
      ある人にとっては、聖なる水。

      ある人にとっては、危険な水。

       
      「強く思い込めば、カラダをコントロール出来るのか?」と、話し合いました。

       
       
      ふむふむ、もぐもぐとカレーを食べながら、そう言う状況は身近にもあるように思えました。

       
      スポーツの試合中、怪我をしたのに、痛みを忘れていたり。

      仕事で忙しくしていて、「ああ、明日やっと休める。」と、思ったとたんに熱を出したり。

      歯医者にかかる日は、痛いとやだなあと、朝からお腹が空かなかったり。(俺だけか。)

       
      集中して緊張していると、やり過ごせる事もあるものです。

       
      そうだ、そうなんだ。

       
      「いい方向に思い込む事は、大切なんだ。」と、決めつける事にしました。

       
       
      こうして冒頭の、「風邪か?いや、違う!」に辿り着いた次第です。

       
      (ものすげえ、長い前振りになってしまった。とゆーか、前振りが本文になってしまった。)

       
       
      さて。

       
      インドの旅を経て、一回りも二回りもスケールが大きくなった(と思い込む)私。

      今朝の私の思考を、順を追ってご紹介させて頂きます。

      特に、知りたくはないかもしれませんが。

       
      「へっくしゅん。」

      「あれ、風邪ひいた!カラダもちょっとダルい?」

       
      「いや、違う、風邪じゃない!」

      「そうだ、風邪じゃなくて花粉だ、花粉。」

       
      「花粉?やばいじゃん。俺って、花粉症じゃん。」

       
      「いや、違う!花粉じゃない!風邪でもない!」

      「じゃあ、なんなんだろう。うーんと、うーんと・・・。」

       
      思い込む事は大変ですが、良い方向に決めつけて、今年は風邪だけではなく、花粉症からも離脱しようと思います。

       
      ビバ、自己暗示。

       
      皆様も、ご自愛ください。

       
      それでは、また。

      14:22 | Comments(392)

    • 2010.01.15 4645
    • 2010.01.15
      4645

      2010年01月15日

      4645

       
      ワタナベです。

      明けましておめでとうございます。

       
      良いお正月でしたか。

       
      お正月は、メンバーもゆっくり過ごしたようです。

      買い物したり、初詣行ったり。

       
       
      昨年の仕事納めは、洋次郎の「SCHOOL OF LOCK!」出演でした。

      たくさんの方々が聴いてくれたようで、こちらも喜んでいます。

       
      新年明けて、リハーサルが行われたり、幻冬舎の雑誌・パピルスの、最終インタビュー(インドの旅を振り返って思う事は?・・・みたいな内容です。)が行われたりと、みんなそれぞれに動いています。

       
      パピルスは、「かつてないボリュームと密度の、大特集になりそう。(by 日野編集長)」との事です。

      お楽しみに。

       
      こちらも、皆さんの書き込みを見て、それぞれのお正月を感じています。

      冬休みの宿題など、苦労した方々もいるようですね。

       
       
      インドで、勉強って大切だなあ。と思った事がありました。

       
      あちらでは、都会に着くまで、ネットが繋がりませんでした。

      1週間近く、メールを見られない状態が続いていました。

       
      旅の後半、やっと都会に入り、ネットが繋がると聞きました。

       
      ホテルのカウンターに行って、へなちょこ英語でネットをしたいと言ったら、早口でペラペラペラっと喋られました。

       

      あれー?良くわかんない・・・。と思っていたら、ロビーに座っていたはずの洋次郎が、いつの間にか後ろに来ていて、通訳してくれました。

       
      心配して、来てくれたみたいです。

       
      優しいヤツよのう。

       
      これじゃあ、どっちがスタッフか、わからんよのう。

      せめて英語くらい、もっと勉強しておけば良かったのう。

       
      俺ってば、ひとりで何かしようとすると、周囲に「あの人、ちゃんと出来るんだろうか。」と、思わせるヤツ。

       
      受験の時も、前日に友人から電話がかかってきて。

      「受験票持った?」

      「も、持ったよう。」

       
      と言いながらも、とても不安になった俺。

      あれ、ガス消したっけ。カギしめたっけ。みたいな。

       
      ずびばぜん。

       
       
      受験生の皆様。

       
      落ち着いて。自分らしく。

      忘れ物に気をつけて下さいね。

       
      良い年にしましょう。

       
      今年も、よろしく。

      18:11 | Comments(480)

    • 2010.01.05 謹賀新年
    • 2010.01.05
      謹賀新年

      2010年01月05日

      謹賀新年

      100101_0716~01.jpg

       
      あけましておめでとうございます。
      マネージャーの塚原です。ご無沙汰してます。
       
      新年になりました。皆様いかがお過ごしでしょうか?
      (有)ボクチンも本日から仕事初め。せっせと仕事に励んでます。
       
       
      メンバー宛に年賀状を沢山いただきました。ありがとうございます。
      責任を持って本人たちに渡します。
       
       
      年末年始の束の間の休みで実家に帰省してました。今年こそは!と思い、眠い目をこすりながら兄貴夫婦と初日の出を見に行きました。ちょっと雲があったけど、ばっちり太陽を拝めてうっすら雪も積もってる抜群のシチュエーション。掲載している写真はそんな写真。2010年も良い年になりそうです。
       
       
      今年も宜しくお願いします。
       
       
      塚原
       

      14:17 | Comments(490)

    • 2009.12.29 良いお年を。
    • 2009.12.29
      良いお年を。

      2009年12月29日

      良いお年を。

       
      ワタナベです。

      クリスマスは、いかがでしたか。

       
      前回、「遠い所まで、旅に出ておりました。」と書きました。

      「NEWS」でお知らせしましたが、インドに行って来ました。

       
      いろいろな事を考えさせてくれる、素敵な旅となりました。

      東京の街を歩いていても、インドの風景がフラッシュバックのように思い起こされます。

       
      洋次郎にとっても、貴重な体験だったようです。

      あの国で、どんな事を感じたのか。

       
      写真とインタビューで、知ってもらえる事が、とてもうれしいです。

      しっかりお伝えしようと、幻冬舎パピルス編集部が、知恵を絞ってくれています。

      是非、読んで頂きたいです。

       
       
      今年は、アルバムが発売され、ツアーが行われました。

      長い間メンバーが作り上げたものが、一気にアウトプットされた年となりました。

      (まさか最後に、インドが待っているとは思いませんでしたが。)

       
      多くの笑顔や声援、書き込みに、一同が本当に元気を貰いました。

      励まされました。

       
      音楽を送り出す側と、受け取る側。

      お互いが支え合っているのを、ひしひしと感じています。

       
      皆さんのおかげで、良い年になりました。

       
      来年も、良い年にしましょう。

       
       
      来年も再来年も、よろしくお願い致します。

       
      ありがとう。

      15:45 | Comments(520)