Staff Diary

  • 2015.12.28 10から11へ
  • 2015.12.28
    10から11へ

    2015年12月28日

    10から11へ

     

    ワタナベです。

    今年も、もうすぐ。

    いろいろなことがあった1年でした。

    10周年イヤー。

    大切にすごしてきたつもりだけど、あっという間に通り過ぎていく。

    多くの出来事がありすぎた。

    悲しいことも、嬉しいことも、たくさん。

    まさに、泣いたり笑ったりしてた。

     

    悲しいとか、嬉しいが続くと、「ココロ」が「カラダ」を超えていく時がある。

    そんなとき、「ココロとカラダ」、ふたつの関係の大切さを思い知る。

    カラダは元気なのに、悲しくて気持ちがふさいだり。

    ココロは元気なのに、体調が悪くて不機嫌になってしまったり。

    どちらかを置いてきぼりにしないように、バランスが大切だ。

     

    ただ、「カラダ」が良くない場合は、痛みで顔をゆがめたり血が流れたりするので、治療する必要があるのが、本人だけではなく他人にもわかる。

    「ココロ」の場合は、本人にも他人にも、わかりにくいケースもある。

    だからこそツライ時は、周囲に相談したり、気軽に病院で診てもらうのもいいと思う。

     

    ツライ時は、立ち向かうか、逃げるか。

    どちらも、正解だ。

    自分でパッと選べばいい。

    そしてどんなに苦しくなっても、食べられて眠れていれば、殆どは元気になる。大丈夫。人間は強く、生命は尊い。

    好きなものを食べて、好きな服を着てすごし、夜になったら眠る。

    それだけで特別、子宮から出てきた甲斐があるってなもんだ。

     

    RADWIMPSのはじまりはじまり。

    幕張のライブは必殺のセットリストで、今までの10年間がぶわわあああっと蘇った。

    150人でソールドアウトした、初めてのワンマンでの「もしも」、初めて洋次郎、桑、武田の3人で、歌も全て同時に一発録音した「お風呂あがりの」、昔の曲から最新曲までココロが揺さぶられ続けた。

    そのあとの忘年会を兼ねた打ち上げでは、酔っぱらってココロもカラダも揺さぶられた。

    顔も揺さぶられ、ずっとヘラヘラしてた。うーむ。

     

    いろいろな人のおかげで、今がある。

    洋次郎が言っていたとおりだ。「あなたのおかげで、10年やって来られた」

    今年もたくさんの気持ちを、ありがとうございました。

    そして10年間、支えてくれてありがとうございました。

    人間は、お互いを支え合うことが出来たから、何度か訪れた絶滅の危機から免れ、ここまで地球上に繁殖したそうだ。

    僕も誰かを支えられていたら良いのだけれど、支えてもらってばっかりだ。来年こそは。

     

    来年からは、新しいRADWIMPSがはじまる。

    映画「HE・SO・NO・O」を始め、様々なプロジェクトが進んでいます。

    それぞれ、心を込めてお届けします。

    来年も、次の10年も、よろしくお願いします。

     

    良いお年を。

    まわりの人たちと仲良く。

    できたら、家族とも仲良く。

    大切な人を、支えて、支え合って。

    良い1年にしましょう。

    15:31 | Comments(123)

  • 2015.11.23 ありがとう
  • 2015.11.23
    ありがとう

    2015年11月23日

    ありがとう

    ワタナベです。 
    11月23日。 
    10年前のこの日、RADWIMPSはメジャーデビューしました。 
    皆さんのおかげで10年。 
     
    デビューする時は、10周年なんて考えもしなかった。 
    バンドというのは、いつまで続くか分からないものだし。 
    10年後にこんなにたくさんの人に祝って貰えるとは、思いもしなかった。 
    ましてや11月23日を、横浜アリーナで迎えられるとは。 
    僕にとってのRADWIMPSは、横浜で、横浜アリーナで始まった。 
    もう12年前くらいだろうか。思い出深い場所だ。 
     
    ファンのひとりとして、10周年のRADWIMPSが、今日もステージに立つのが嬉しい。 
    そして今も、新曲を発表しようとしているのが嬉しい。 
    11月25日発売のシングルは、次の10年への最初の一歩。 
    大切に受け取ってくれたら、嬉しいかぎりです。 
     
    こないだのライブで、洋次郎がこんなことを言っていた。 
    「あなたたちの、あなたのおかげで、10年やってこられた。昔から知ってるとか、今日知ったばかりとかは関係なくて、あなたのおかげで10周年なんです。ありがとう」。 
     
    「今」の積み重ねが、「歴史」になる。 
    これからも丁寧に、毎日を積み重ねていこうと思います。 
     
    本当にこの10年間、たくさんの元気を届けてくれて、ありがとうございます。 
    どんなときも、あなたの声が、RADWIMPSを次の場所へと送り出していました。 
    ライブ会場で、CDショップで、笑顔を見られるのを楽しみにして、レコーディングやリハーサルを続けてきました。 
    今後もそうやって、続けていくんだと思います。 
    できるかぎり、誠実でいます。 
    今後とも、よろしくお願い致します。

    15:20 | Comments(223)

  • 2015.11.02 たいばん
  • 2015.11.02
    たいばん

    2015年11月02日

    たいばん

     

    ワタナベです。

    アジア~ヨーロッパツアーも終わり、早すぎるんだけどもう11月。

    寒くなってきたので、風邪に気をつけてください。

    受験生の皆さんや、これからツアーに出るバンドの皆さんは、特に注意してくださいね。

     

    RADWIMPS初めての、対バンツアー。

    素敵なゲストミュージシャンばかりで、楽しみだ。

    ワンマンライブと違って、サウンドチェックも楽屋も、全て半分こずつなの。

    分かち合いながら、ひとつのものを作っていく。

    きっと、暖かい空間になる。

    来てくれる人が、喜んでくれたらと思う。

     

    メジャーデビュー10周年。

    10年間も、続けてきた。続けることができた。

    なんだかとってもお礼が言いたい。

    どう言えば良いのか分からないけれど、ありがとうって言いたい。

     

    僕なんかの立場だと、ファンの皆さんにも、RADWIMPSのメンバーにも、ありがとうって言いたい。

    10年間ずっと、素晴らしい景色を観させてくれた。

    素敵な経験の連続だったし、あまりに多くのことを教えてもらった。

    より高みに届くように、努力したいと思う。

     

    10年前にメジャーデビューを発表した、横浜ブリッツ。

    その前にワンマンをやった横浜のライブハウス、CLUB24.

    どちらも今はもう、なくなってしまった。

    10年と言うのは、そんな長さがある。

     

    なくなってしまったけれど、僕たちはあの夜、横浜ブリッツにいた。CLUB24にもいた。

    少しほこりっぽいような、乾いた空気まで覚えている。

    たくさんたくさん、覚えていることがある。

    今度のツアーも、次の10年に向けての大切な一歩。

    10年後にまた振り返って、たくさん覚えてることがあると思う。

     

    それとも、年をとって、ボケッと忘れてたらどーしよう。うーむ。

    ヨーロッパツアーの打ち上げで、ある人とこんな話をしていた。

    「RADWIMPSが10年後や20年後、どんな音楽をやっているのか聴きたいから、カラダに気をつけて長生きしなくっちゃ」

     

    この10年間、RADWIMPSのアルバムが出る時は、ぐっと忙しくなって、僕は結構痩せることが多かった。

    これを「RADWIMPSダイエット」と言っていたのだが、今度はRADWIMPSで、長生きを狙う。「RADWIMPS健康法」

    ありがたいバンドだなあ。かしこみかしこみ。

     

    「‘I’ Novel」に続いて本日、FM802「ROCK KIDS 802」を皮切りに、11月25日発売シングル「記号として」のオンエアーが始まります。

    RADWIMPSならではの、点と点をつないで、あっと言う間に強固な建築物を組み上げて行くような、繊細で強靱なアンサンブル。

    そこに、これまたエライ歌がのってきます。

    是非、体感してください。

    何度も聴きたくなる曲なんです。

     

    RADWIMPSの新曲を聴いて、びっくりする楽しさ。

    さあ、みんなで長生きしよう。

    18:34 | Comments(86)

  • 2015.10.09 10
  • 2015.10.09
    10

    2015年10月09日

    10

    ワタナベです。 
    天気も不安定だけど、元気ですか。 
     
    いよいよ、ツアーが始まる。 
    智史のいない、初めてのツアー。 
    だけど智史が探して来た、頼もしいサポート「みっきー」がいる。 
     
    ソウル~パリ~ケルン~ベルリン~ロンドン~台北~東京~大阪~札幌~名古屋~福岡~横浜。 
     
    いろいろな場所へ、みんなに会いに行く。 
    会いたくて、出かけて行く。 
    初めてのヨーロッパでもきっと、ずっと待っていてくれた人がいる。 
    ずいぶん時間がかかったけれど、初めまして!って会いに行く。 
     
    以前この日記で、「受験生のあなたへ。頑張れなんて言わないぞ」と書いた。 
    頑張っている人に、頑張れって言う必要はないから。 
    智史へのたくさんの声援、ありがとうございます。 
    RADWIMPSは今、3人で活動を始めようとしています。 
     
    これは僕個人の思いなのだけれど、そっと暖かく、見守って貰えたらと思います。 
    ライブに来てくれる人は、来れなかった人のぶんまで、思い切り楽しんでください。 
    そんなふうに、新しい歴史は、優しいまなざしの中で、親密に大切に育まれていくんだと思います。 
    今までが、お互いずっとそうだったように。 
     
    みんな元気に、韓国に到着しています。 
    暖かくて、ホテルの窓からは、あまりにも青い空がみえる。 
    川の水面が、キラキラと白い花火みたいに点滅している。 
     
    10周年の区切りの第一歩。 
    新曲「'I' Novel」の配信が始まりました。 
     
     
    ずいぶん長らく歩いてきたような そんな気がしていただけなんだ 
    小説にしたらせいぜい まだ三行目あたりのこの人生 
     
    カバーもまだ 題名もまだ 決まらずに書き始めちゃったから 
    どこでどうしてどうなったって順序よく 収まりつかないや 
     
     
    こんな歌い出しで始まる、大切な曲です。 
    精一杯、お届けしていきます。 
     
    今日からまた、よろしくお願いします。

    11:55 | Comments(105)

  • 2015.06.03 「トイレのピエタ」と「ピクニック」
  • 2015.06.03
    「トイレのピエタ」と「ピクニック」

    2015年06月03日

    「トイレのピエタ」と「ピクニック」

    ワタナベです。

    映画「トイレのピエタ」、公開が近づいてきた。
    スタッフが言うのもあれですが、ホントに素晴らしい映画なので、是非観て頂きたいです。

    アルバムが出たときも、「聴いて貰いたい!」と言う思いで、プロモーションを行う。
    それと同じで、「観て貰いたい!」と言う思いで、舞台挨拶に出かける。
    「劇場に来てくれて、ありがとう」と伝えたくて、お客さんの前に出ていく。

    舞台挨拶がある上映はクレジットカード決済だったりで、カードを持っていない方は買いにくいようです。
    劇場窓口でも販売していますので、会いに来てくれたら嬉しい限りです。

    この映画は、新しい体験と言うか、新しい体感があると思う。
    他の映画にはないだろうし、他の音楽やライブイベントにもない体感がある。
    それは、映画「トイレのピエタ」と、主題歌「ピクニック」を同時に浴びることだ。
    2時間の映画と5分52秒の1曲は、同じ密度や濃度で成り立っている。
    2時間映画を観て心が揺さぶられているのに、曲が流れてもう一度映画を体験し、ダブルパンチで心がぐしゃぐしゃになる。
    とっても語弊があるのだけれど、全く新しい「体感イベント」と言ってもいい。

    どうして、2時間の映画と5分52秒の1曲が、同じ密度で成立したのか?
    それはやはり、「優れたミュージシャンが、普段音楽を作る時と同じ密度で映画の主役を演じた」に尽きる。
    洋次郎は撮影を通して主役と同化していき、撮影後半では家にいても「死にたくない」と強く願ったと言う。
    「園田宏と同化した野田洋次郎が、映画の世界を主題歌に凝縮した」と言う、かつてないことが起きている。

    だからこそ、劇場で観てもらいたいと思ったし、まずは映画と主題歌を同時に体験して欲しかった。
    主題歌「ピクニック」の発売日を、映画公開後の6月10日に設定したのはそのためだ。
    映画と極限まで密接に結びつき、強い絆で繋がっている主題歌。
    映画を通して洋次郎が体験した思い、スタッフや共演者の息吹までもが、1曲に封じ込められている。
    園田宏と真衣は、フィルムの中で、主題歌の中で、実在の人物として生きている。

    「トイレのピエタ」と「ピクニック」、是非体感してみてください。
    公式サイトでは、キャストや頂いたコメントをアップしています。
    こちらも是非。

    そしてそして。
    「ラリルレ論」へのたくさんの感想も、有り難く読ませて貰っています。
    映画や本の仕事は、音楽と同じエンタテイメント系だし、似たようなものかと思っていたが、結構いろいろ違う。
    それぞれ歴史のある業界だけに、独自の文化や慣習がある。
    目指している山頂は一緒なのだが、辿る道筋が違う。
    その違いに、とまどうこともある。
    とまどいがすれ違いになり、ミスに繋がらないように、丁寧な打ち合わせをする。
    お互いを尊重し、理解しようと、自分を省みる。
    ひとつの仕事だけやっていると、その中で「慣れ」が生まれてしまうから、良い経験になった。
    また洋次郎に、別な世界に連れて来て貰った。
    エンタメ業界横断の旅。
    なかなか出来ない経験なので、少しでも進化出来たらと思う。

    映画業界の人たちが、劇場に足を運んで貰うために、どれだけの熱意を持っていることか。
    もっとたくさん、映画を観に行こう。と思う。
    出版業界の人たちも、みんなに本を読んで貰うために、丁寧に努力を積み重ねている。
    音楽業界の我々も、曲を聴いて貰うために、あーでもないこーでもないと、日々お酒を飲んでいる。あっ。

    とにかく、いつもありがとうございます。
    いろいろと味わって、優しい人になってください。
    いろいろと味わって、元気をだしてください。

    19:49 | Comments(51)

    • 2013.10.15 10.16 21:00
    • 2013.10.15
      10.16 21:00

      2013年10月15日

      10.16 21:00

       

       

      ワタナベです。

      ご無沙汰しました。

      10月16日、シングル発売にむけて、準備が続いています。

       

      約1ヶ月前の9月15日。

      野外LIVE「青とメメメ」では、「五月の蝿」ジャケットのステッカーを配布。裏には、Twitterのアドレスを入れた。

      ライブ本番で、「ラストバージン」と「にっぽんぽん」を演奏。

      終演後にTwitterで、「五月の蝿」のストリーミングを発表した。

       

      ステッカーは、

      「普通の紙にしちゃうと、汗や雨で、Twitterアドレスがにじんでもいけないぞ。」

      「あまり大きいと、ポケットや財布に入らず邪魔だぞ。」と、みんなで「ふむ、ふむ。」と考えながら作った。

      新しい3曲を、直接届けたくて。

      「できたよ!」って、手渡したかった。

       

      「五月の蝿 / ラストバージン」、究極のラブソングが2曲。

      それに、味噌汁'sの新曲。

      濃いシングルですわ。

      ぎゅーっとなりますわ。

       

      16日21時、Ustream配信。

      「発売日にUstやったら、みんなが喜んでくれるかもね!」

      「そーだそーだ、やろうやろう!」

      いつもそうだが、最初は勢いだけで始まる。

      その時は軽く考えているのだが、奧に進むといろいろ課題が出て来て、どんどん関係する人(巻き込まれて行く人?)が増えている。

       

      関係者全員揃っての打ち合わせで、「なんだか思わぬ大騒ぎとなりました。その分濃い放送になればと思っています!」

      と挨拶をした。

      その場にいた全員が、「なんだか思わぬ大騒ぎ」で笑った。

      みんな、そう思ってたからなんだろうな。笑

       

      大変だけど、学園祭前夜のようで楽しい。

      RADWIMPSを好きなスタッフが集まって、RADWIMPSを好きなリスナーに、RADWIMPSを届ける。

      そこには、愛しかない。

      楽しくないわけがない。

      純度が高い、コミュニケーション。

      台風も来ているし、本番ではどんなトラブルが起きるかわかりません。

      短い時間ですが、精一杯やります。

       

      RADWIMPSの4人も、シングルをちゃんと届けようと、楽しく正しく準備をしています。

      10.16  21:00、待ってます。

       

      シングルを手にしてくれた人、ありがとう。

      心を込めて、渡します。

      これからも、よろしくお願いしますね。

      18:11 | Comments(223)

    • 2013.08.02 出発
    • 2013.08.02
      出発

      2013年08月02日

      出発

       

       

      ワタナベです。

      8月になりましたが。

      夏休みですか。

      どうですか。どうなのよ。

      たまにはゆっくりしなさいよ。

      近所の中学校では、水を撒きながら、朝から野球部が練習している。

      キラキラしちゃってんのよ。

       

      来月は、「青とメメメ」

      久しぶりに、みんなと会える。楽しみだ。

      8月10日、チケット一般発売です。

      俺たちだって、キラキラするとこみせてやる。

      みせるのは、RADWIMPSの4人だけど。

      俺は、みてるだけだけど。

       

      打ち合わせで、善木さん(RADWIMPS所属事務所社長)たちとお昼に、インドレストランに行った。

      ナンをちぎりながら、雑誌パピルスの取材で、洋次郎とインドに行ったことを思いだした。

      乾いた砂ぼこり。

      牛と一緒に歩く道。

      ひっきりなしに鳴るクラクション。

      思い出すと、湿度や匂いまでが、ふわっとよみがえる。

      そう言う場所が、いくつかある。

       

      「青とメメメ」も、そんな場所になる。

      RADWIMPS初の、野外ワンマン。

      会場に来られない人は、いつかきっと。

      前にも書いたけど、いつだって、次はある。

      いつだって次があるから、愛と勇気で、現実に立ち向かうんだ。

       

      4人は、新しい曲を産み落としています。

      よくまあ、こんなことを思いつくものだ。

      よくもまあ、こんな音を出せるものだ。

      と、子供のような感想でもうしわけないけれど。

       

       

      俺たちは、また出発する。

      胸を張って、プライドをかけて。

      高らかに、エンジン音を轟かせよう。

       

      どるるん。

      どるるるるるるん。

      どどどるるるるるるるん。

      18:42 | Comments(171)

    • 2013.07.12 「青とメメメ」グッズ
    • 2013.07.12
      「青とメメメ」グッズ

      2013年07月12日

      「青とメメメ」グッズ

       

      ワタナベです。

      もう、7月。

      野田洋次郎が、28歳に。

      たくさんのメッセージ、ありがとうございました。

      愛されてるなあ、洋次郎。

      良い28歳にしましょう。

       

      「青とメメメ」、第2弾先行エントリーが終了しました。

      会えるのを楽しみにしていますね。

      開催が2ヶ月後と迫り、様々な準備が続いている。

      メンバーとの打ち合わせも、増えてきている。

      そこに必ず出てくるのが、グッズの見本。

       

      「青とメメメ」では、グッズをネットで入手出来るようになります。

      7月15日、開始予定。

      せっかくなので今回は、グッズがどう作られているかを、ご紹介。

       

      まずは、メンバーとデザイナー(永戸鉄也さん)で、ライブのイメージに合わせて、デザインを決定。

      ここまでは、パソコンのデータでやりとりをする。

      デザインが決まったら、グッズ製作会社が見本を制作する。

       

      送られて来た見本をみて、レイアウト、印刷された色の濃淡、素材(生地)などを、より良くするためにチェック。

      必要に応じてまた見本が作られ、メンバーに届けられる。

      こうやって、何度もキャッチボールをするので、ライブが近い打ち合わせでは、いつもグッズ見本が登場する。

       

      「はい、これは、こないだのタオルの赤を、もう少し強く印刷した見本ですよー。」

      「ああ、こっちの赤のほうがキレイだね。どう?」

      「うん、こないだより、明るくていいね。」

      「じゃあ、これで進めます。」

      「はーい。」

       

      急ぎの時は、スタジオや食事の場所に、バイク便で届く。

      そうして全ての確認が済んだあと、工場で生産が始まる。

       

      急に、思い出したけれども。

      アルバム「絶体絶命」発売時に、洋次郎・塚原マネージャー・ワタナベの3人で、キャンペーンに出た。

      前半が3泊4日、後半が5泊6日。

      2回に分けて、北海道から九州まで旅をした。

      厳しい移動スケジュールをこなし、ぐったりと東京に帰った夜、「せめて3人で、お疲れ様の乾杯しよう。」と、お店に入った。

       

      ぐったりと疲れているのに、何故、乾杯が必要なのか。

      それは、お酒を飲みたいからではなく、お互いをねぎらいたい。

      頑張ったから、誉め称え合いたい。

      疲れたカラダ以上に、ココロを暖めたい。

      そういった様々な理由が、あるのではないだろうか。こほん。

       

      俺なんかは、「やっと終わったー!みんな暖かくて良かったー!」と、リラックスしてお酒を飲みはじめた。

      しかし、塚原マネージャーのケータイが鳴り、バッグからパソコンが取り出される。

      何かあったのだろうか。

      その日のうちに確認が必要なグッズがあり、洋次郎の前には、デザインデータを受信したパソコンが置かれたのであった。

      ほろろん。

       

      グッズには、そんなメンバーやスタッフの、良いモノを届けようとする想いが込められている。

      大切にかわいがってくださいね。

      こんなキャッチボールを、現在「青とメメメ」のグッズでやっています。

       

      今回は野外なので、過酷な天候になる可能性もある。

      もしその場合、グッズ販売の列に長時間並んで貰うのも申し訳ない。

      チケットを持ってなくて、グッズだけ買いにくる人もいるが、今回は会場に行くのも遠くて大変だぞ。

       

      そんなこんなを解消するため、ネット先行で通信販売を行うことになりました。

      ただし、送料がかかってしまいますので、それぞれの状況でご利用くださいね。

       

      エラく暑い。

      カラダに気をつけて。

      しっかり食べて。

      ゆったり笑顔で。

      15:12 | Comments(135)

    • 2013.05.22 野外
    • 2013.05.22
      野外

      2013年05月22日

      野外

       

       

      ワタナベです。

      暑くなってきた。

      夏が近づいている。

      近が夏づいている。

      ああ、その前に梅雨があんのか。

       

      そして毎日、「青とメメメ」が近づいている。

      カウントダウンみたいに。

      たくさんの「当たった!」書き込み、ありがとうございます。

      またみんなに会える。と思うと、嬉しい。

       

      「場所が、遠すぎる!」と言う声も、たくさん届いています。

      またいつか、みんなの街にも向かう日がくるはず。

      それまでは、とにかく元気で。

      今回当たらなかった人も、今後もチケット受付は続くので、ご安心を。

       

      もうすぐ6月だし、あっと言う間に9月になるぞ。

      今からワクワクと、しっかり準備を。

      「青とメメメ」特設サイト「注意事項」にもあるように、気候の急変や、寒暖の差が激しいことも予想されます。

      せっかくのライブ、いろいろ整えて、どこまでも楽しんでくださいね。

       

      「青とメメメ」は、初めての野外ワンマンライブとなる。

      ワンマンではなく、初めて野外でライブをやったのは、いつだろう。

      確か2005年の、広島SETSTOCKだったような。

      ちゃんとした4人の写真がなかったから、楽屋スペース奥の、樹木が生い茂って緑が綺麗な場所で撮影した。

      川もあって、日差しの照り返しが、水面にキラキラしていた。

      メンバーは朝から楽しくライブを観ていたので、鼻のアタマが、日焼けでほんのり赤くなっていましたよ。

       

      これ以降、夏に外で撮影する時は、日焼け止めを使うことを覚える。

      こうやって、少しずつプロっぽくなっていったわけです。

      えらく細かいとこからも、よちよちと学んできたわけであります。

      そんな俺たちも、東北で野外ワンマンをするようになりました。

      お時間があったら、観てってください。

      15:55 | Comments(212)

    • 2013.04.16 春ウララレミドソ
    • 2013.04.16
      春ウララレミドソ

      2013年04月16日

      春ウララレミドソ

       

       

      ワタナベです。

      すっかり春らしくなりました。

      春ウララ。

      明日からは、「春ウララレミドソ」

      横浜でみんなに会えると思うと、楽しみだ。

      あの親密で穏やかな、祝祭的空間。

       

      RADWIMPSは一応、横浜が本拠地。

      デビュー前後の時期、広島SETSTOCKなど遠い場所でライブする時は、

      「横浜からやって来た、RADWIMPSです!」と叫んで、「なんちって」などを演奏しておりました。

       

      前にも書いたけれども、僕が初めてRADWIMPSを観に行ったのも横浜だった。

      まだ一緒に仕事をする前で、場所は横浜アリーナだった。

      コンテストでグランプリをとった翌年、「昨年の優勝バンド」と言う立場で、ゲスト出演したのだ。

      洋次郎はまだ高校生で、受験勉強中だった。

      (受験勉強のあいまに、横浜アリーナに出る高校生って、あまりいないよな。)

      「もしも」を歌いながら、ステージを楽しそうに飛び跳ねているのを観て、「ああ、どーしてもどーしても。一緒に仕事をしたい。」と思ったものでした。笑

       

      初めてRADWIMPSがワンマンライブをやったのも、横浜のライブハウス。

      「ソールドアウトした!」と聞いて、ガッツポーズした。

      150人だったけれど、大切な瞬間だった。

      なんだか「独白」みたいになってきたので、昔の話はこの辺にして。

       

      横浜での2日間。

      遠くから来る人は、くれぐれも気をつけて。

      背の高い人は、後ろにいる人を思いやって。

      体調が悪そうな人がいたら、声をかけて。

      チケットが取れなかった人たちのぶんまで、良いライブにしよう。

      会場に来られない皆様、開演は19時。

      その時一緒に、ラララレミドソしましょう。(なんだそりゃ。)

      15:12 | Comments(215)

    • 2013.03.21 どかんどかん
    • 2013.03.21
      どかんどかん

      2013年03月21日

      どかんどかん

       

       

      ワタナベです。

      またまたご無沙汰してすみません。

      昨年から鳴らしていたエンジン音「どるるん、どるるん。」は、アクセル全開。

      爆発的に走りだしている。

      横浜アリーナ開催、「ブリキ」、「白と黒と4匹のワルツ」、そして「ドリーマーズ・ハイ」先行配信。

      どかんどかんと、慌ただしく、楽しく。

      行くぞ、とことん。

      どかどかどかん。

       

      「ブリキ」は映像を観て、改めて心に染みた。

      「いい映像!ご苦労様でした!」って、島田監督に電話した。

      第一声は、「いやー、歩きました。」

       

      わははは!と、笑ってしまった。笑うしかなかったんだけど。

      あれだけカメラを構えて歩き続けるのは、大変だったろうな。

      歩みを止めずに、歩き続けよう。

      想いは、たくさんの人に伝わったみたいだ。

      素晴らしかった、ありがとう。

       

      「白と黒と4匹のワルツ」は、スタジオで一発。そのまま演奏、撮影された。

      「ドリーマーズ・ハイ」のCD-Extraで、全編が観られる。

      4人が横並びでピアノを弾いているけれど、それぞれのバンドでのパートが割り振られている。

      武田がベースラインを、洋次郎がメロディを弾く。と言ったように。

      「4人がいてこその、RADWIMPS!」を見せつけるような、映像作品だ。

       

      「ドリーマーズ・ハイ」の、ビデオも遂に完成。

      何日かかけて、各所でロケを敢行。

      撮影当日は、オリンピック招致でIOCの視察委員が来ていたらしい。

      しょっちゅうパトカーが見回りに来た。

      撮影チームは、怪しい感じの人たちが多いけど、悪いことしてませんよー。

      お互い、頑張ろうやー。

       

      そんなこんなで、もうすぐ27日。

      発売日前日の26日には、4人で「SCHOOL OF LOCK!」生出演。

      4人の元気な声を、みんなに届けたい。

      全国のラジオ局にも、コメントを収録してお届けします。

      番組リストは、後ほど。

       

       

      「ドリーマーズ・ハイ」を、待ってくれている人たちに、しっかり届けなくちゃ。

      20日には配信が始まったので、既に聴いてくれた人は、ありがとう。

      久々のラジオ生出演~シングル発売。

      感想、待ってますね。

       

      そして智史、誕生日おめでとう。

      いやーしかしあーた、変わらんなあ。

      ドラムがうまくなっていく以外は。

      とか言ったら、「そんなことないすよ。」なんて、照れくさそうに笑うんだろうなあ。

      かっけーよなあ。

      落ち着きがあって。

      俺みたいに、ちょろちょろしないもんなあ。

      これからも、よろしく。

       

      「ドリーマーズ・ハイ」を待ってくれているあなたにも。

      これからも、よろしく。

      いつも、元気や勇気を貰っています。

      同じ空の下、同じ曲を聴いて笑顔を交わしましょうね。

       

      14:46 | Comments(182)

    • 2013.01.15 謹賀新年
    • 2013.01.15
      謹賀新年

      2013年01月15日

      謹賀新年

       

       

      ワタナベです。

      遅くなりましたが、今年もよろしくお願い致します。

      致しますったら、致しますからね。

       

      どるるん、どるるんと、シングル発売とライブ開催が発表となりました。

      メンバー、スタッフ一同、新年から一斉に動いています。

      みんな、元気です。

      やる事はたくさんあるけれど、大好きなバンドの仕事は楽しい。

      わっしょい、わっしょい。

       

      RADWIMPSの4人は、シングルのレコーディング作業が大詰め。

      並行して、ジャケットやビデオの打ち合わせ。

      雑誌や店頭を飾る、4人の写真の撮影準備も。

       

      そんな活気のある新年、ホームで電車を待っていたら、中学生くらいの女性が隣に立った。

      首が直角に下を向き、うつむくと言うよりは、うなだれている。がく~ん。みたいな。

      しばらくはそのままの体勢だったのに突然、かなりのボリュームで「はあー。」と、ため息をついた。

      そのあとに、「まー、いいかー。」とつぶやいた。

      思わず言ってしまったひと言で、「あっ。」と我に返り、恥ずかしそうに歩き去って行った。

      (あの時、周りにいた人はみんなびっくりしたと思うけれど、本人もびっくりしただろうな。)

       

      思わず出たため息と、「まー、いいかー。」

      その若さに、どれだけのプレッシャーがかかっているのだろう。

      ただ、出たひと言が「まー、いいかー。」で良かった。

      そうそう。辛いことがあったら、そう思うことにしよう。

      そうやって取りあえず乗り越えて、睡眠と食事を摂れたら何とかなる。次につないでいこう。

      そうして、「死ぬまで生きる。」んだ。

       

      いろいろと、大変な状況にいる人も多いと思うけれども。

      それぞれの、スピードで歩きましょうね。

      みんなと一緒じゃなくてもいいんだし。

       

      雪がどんっと降って、ツアーで行った雪国を思い出した。

      早くみんなに会いたいな。

      転んでケガなどしませんように。

       

      良い年にしましょう。

      18:22 | Comments(463)

    • 2012.12.26 良い年に。
    • 2012.12.26
      良い年に。

      2012年12月26日

      良い年に。

       

       

      ワタナベです。

      クリスマスは、いかがでしたか。

      illionから、素敵なプレゼントもあって良かった。

      ワクワクしましたね。

       

      来年もワクワクして貰えるように、みんなで動いています。

      RADWIMPSの4人は、年末もスタジオ入り。

      いつもなら、メンバー・スタッフ集まって、忘年会をやっているのだけれど。

      それで新年会も、1週間後くらいにきっちりやるんだけど。笑

       

      全員集まって、挨拶のやりとり。

      来年もよろしく!

      おめでとう、今年もよろしく!

      素敵な挨拶だ。

      そんな挨拶をしながら、握手したり肩をたたき合ったり。

      そうやって、みんなで歩いてきた。

       

      今年は新年早々、1月11日にライブ映像「絶体延命」をリリース。

      映画館での上映も、楽しかった。

      3月11日には、新曲「白日」をYouTubeに発表。

      バンドは大変な集中力で、音を立ち上げました。

      レコーディングは続き、8月1日にはシングル「シュプレヒコール」をリリース。

      たくさんの人とネットでお祭りをやり、これも楽しかった。

      暑かった夏、北海道 RISING SUN FESTIVAL、広島 SETSTOCKに出演。

      やはり、みんなに会えると嬉しい。笑顔や声援に感動。

      早くまた会いたいな。

       

      RADWIMPSとみんなのおかげで、僕には良い一年となりました。

      来年は、「RADWIMPSとみんな」に加えて、海外からillionがやって来る。

      楽しみだなあ。

      来年も、やさしくたのしく。

      良い年にしよう。

      良い年に、なる。

      なる。する。

      なるする。なるするなる。するする。

       

      だからもういっかい。

      高らかにエンジン音を、轟かせておこう。

      どるるん、どるるん。

      どるるん、どるるん。

       

      心を込めて。

      来年も、よろしく!

      13:05 | Comments(419)

    • 2012.11.26 どるるん。
    • 2012.11.26
      どるるん。

      2012年11月26日

      どるるん。

       

       

      ワタナベです。

      illionの未来、楽しみですね。ワクワクしますね。

      やる方は大変なんだろうけれども。

       

      しかしあの人に関しては、今まで何度も同じ事を思って来たけれど。

      良くもまあ、ああいうことを思いつくものだ。

      illionって名前、カッコいいよなあ。

      どこまでも、遠くまで、行ってこいやー。

      応援するぞー。

       

      ここに来て、制作意欲も旺盛と言うのか、RADWIMPSとしての曲作りも続いています。

      新たな曲が、育っています。

      デビュー7周年。

      たくさんのコメント、ありがとうございました。

       

      前回の「日産パルサー」こぼれ話を、喜んでくれた人もいたので、今回も。

      デビュー記念と「制作意欲も旺盛」にかけて、お話します。

       

      7年前の2005年。

      翌年2月に発売されるメジャーデビューアルバム、「RADWIMPS3~無人島に持っていき忘れた一枚~」の制作が続いていた。

      一番最後に録った曲は、「4645」

      どうしてもこの曲を入れたい、だが発売日が決まっているので、締め切りも迫る。

      学校のテストも始まる。ああ、どうしよう。

      洋次郎はパソコンに、勉強用と歌詞を書くのと2つのスペースを作りながら、頑張ったようです。

       

      そんな大変な時期、2005年のクリスマス。

      (学校があったので、どうしても夏休みや冬休みに集中して曲を作っていた。)

      その日の打ち合わせで、野田洋次郎は宣言する。

      「来年は、2枚アルバムを出す。」

      周囲の誰もが信用しなかったこの言葉は、皆さんがご存じの通り結実したのでした。ぱちぱち。

       

      無事「4645」を録り終え、メジャーデビューアルバムは完成する。

      しかもその時にはもう、「ふたりごと」の原型があった。

      「4645」を間に合わせるのがギリギリで、「ふたりごと」をアルバムに入れるのは時間が足りず断念。

       

      我々スタッフは、「デビューアルバムとは思えない、大変なアルバムが出来た。これをきちんと届けなくちゃ!」と、プロモーションを始めるのだけど、メンバーからは「プロモーションもちゃんとやりたいんだけど、ふたりごとも完成させたい。」と、攻めの発言が飛び出す。

       

      「もしもしナベさん?RADWIMPSにインタビューしたいんだけど、スケジュールありますか?」

      「あ、ありがとう。実は今、レコーディングしててね。」

      「えっ?アルバム完成じゃなかったの?」

      「アルバムは、完成だよ。」

      「じゃあ、何やってんの?」

       

      みたいな、不思議な会話を何度もした。

      デビューアルバムが出る前に、次のシングルをレコーディング。

      そして、ツアーがスタート。

      多くのファンの笑顔や声援に「制作意欲は旺盛に」刺激され、「ライブでみんなが喜んでくれる曲を作ろう。」と、新たな曲が追加されていく。

      そしてめでたく「RADWIMPS4~おかずのごはん~」は出来上がり、12月に発売。

      1曲目を飾ったのは、ここまで4人を連れて来てくれた曲「ふたりごと」でした。

       

      良く働いたなあ。

      今思い出しても大変だったけど、面白かった。

      毎日、ワクワクしてた。

       

      illionとRADWIMPSが、次に見せてくれる風景。

      楽しみにしてましょうね。

       

      どるるん、どるるん。(前も書いたけど、発車前のエンジン音)

      どるるん、どるるん。

      高らかに、エンジン音は鳴り響いています。

      びりびりと。

      13:09 | Comments(367)

    • 2012.10.17 パルサー
    • 2012.10.17
      パルサー

      2012年10月17日

      パルサー

       

       

      ワタナベです。

      ご無沙汰してすみません。

      やっとサイトに「NEW」の文字がついた、何かの発表?と思われた皆様。

      何もなくて、これまたすみません。

      4人は元気で、曲を作ったりしています。

       

      もうすっかり涼しくなってしまった。

      薄いパーカーを着て、これを書いています。

      何故かPCの横には、ハイパーヨーヨーが2つ。

      先日思い立ち、突然購入した。

      最初に「初心者用」と書いてあるのを買って、思ったとおりにできなかったので、「俺のせいじゃない、ヨーヨーが違うんだ。」と、「中級者用」を買った。むむー。

      RADWIMPSのメンバーは、ヨーヨーをやったのかどうか、今度聞いてみないといけませんね。

       

      さて。

      新たなニュースもないので、今回はこぼれ話のようなものを。

       

      「シュプレヒコール」が、いよいよ完成する日の事。

      全ての作業が終わり、スタジオで3曲通して聴きます。

      「シュプレヒコール」から「独白」が始まり、ソファに思い思いのスタイルで座る4人を見ていた。

      ああいう曲だから、出会った頃など思い出して、いろいろ歩んで来たなあ。一緒に歩めて良かったなあ。なんて感動してた。

       

      スタジオを出て、久々のシングル完成を祝おうと、みんなで食事に。

      みんなで同じような事を思っていたのかはわからないが、自然と「独白」に出て来る日産パルサーの話になった。

      インディー時代のメンバーに会ったとき、「車が燃えた!」と騒いでいたような気がする。

       

      歌詞にあるように、「深夜の5時間パック」のスタジオだったので、片付けたり何か食べたりで、帰るときは早朝の通勤ラッシュのピーク。渋滞でみんなイライラしてるのに、車は煙を吐いてストップ。

      「浴びせられるクラクションと冷たい視線」と曲にあるのは、そういうことだったのです。

      結構マジに大変だったようです。

      しゃれにならねー。とは、このことじゃないすかね。

      たぶん多くの人の、通勤の足をうばったのだろう。

       

      「おいナベ!お前また遅刻か!」

      「いや、違うんすよ部長、前の車が突然燃えだして、動かなくなったんすよ!マジびっくりっすよ。」

      「車は急に燃えねーだろ、嘘つくんじゃねー、ばかやろー!」

       みたいな。

       

      確か武田がネットであまりにも安い車を見つけ、買ったものだったような。

      話を聞いて、「車って、そんな安いの!」とびっくりした。

      車検がついてないやつだったから、結局はそれなりの値段になったみたいだけど。

      彼は「絶体絶命」発売時に受けたアンケートで、「落ち着く場所はどこ?」の質問に、「車のなか」と答えている。

      同じくその時期に出演した番組で、智史が「ずいぶん前の話だけど、武田んちに行ったとき、玄関あけたらタイアが積んであってびっくりした。」と発言しています。

      昔から、車が好きだったんだね。

       

      煙を吐く日産パルサーを見つめ、レスキューを待ちながら立ち尽くすしかない。

      そのときのメンバーを、車を愛する武田を思うと、つらくなります。

      「悪いことばかりじゃないよ。」とつぶやきたくなる。

      どんな事も通り過ぎ、過去になる。

      立ち尽くすメンバーを、その時は横で励ませなかったので。

      そのかわりに、学校や塾、部活動や家族、仕事なんかでうまくいってない人に、「悪いことばかりじゃないよ。」と、勝手ながらつぶやかせて頂きます。

       

      えいえいおう。

      風邪、気をつけてね。

      18:08 | Comments(398)